SMALL TWO OF PIECES ~軋んだ破片~

SMALL TWO OF PIECES ~軋んだ破片(かけら)~

収録作品:ゼノギアス[PS]
歌:Joanne Hogg   
作詞(原詩):加藤正人
作曲:光田康典

概要

エンディングスタッフロールで流れる歌曲。スクウェアのゲームで初に使用されたボーカル曲として知られる。
イギリス人歌手によるジョアンヌ・ホッグ氏によるケルティッシュ・バラードであり、
ゼノギアスの企画・演出を担当した加藤正人氏が作詞し、それを英語に訳したものが歌われている。
重要なイベントで使用されるBGM『遠い約束』と同じメロディーが使われており、
奥深い歌詞とあいまって、このゲームの壮大なストーリーを締めくくるのに相応しい曲として人気が高い。

なおジョアンヌ・ホッグ氏は同じくゼノシリーズであるゼノサーガ エピソードI [力への意志]の『Kokoro』も歌っている。

+余談1
この曲のサビの部分の歌詞である『Broken mirror, a million shades of light(百億の鏡のかけら ちっぽけな命の灯火)』の部分は
このゲームの前に発売されたファイナルファンタジーVIIで魔晄中毒になった主人公・クラウドが呟いた
百億の鏡のかけら・・・小さなともしび・・・とらわれた天使の歌声・・・ゼノ・・・ギアス・・・」と共通している。
このことからファイナルファンタジーVIIとゼノギアスは何らかの関係があるのではないかとされていたが、
両ゲームに直接的な関係は無く、製作スタッフが共通していたことからゼノギアスの宣伝に使われたという見方が強い。

+余談2
この曲は当時大人気上映中だった映画『タイタニック』の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」に似てるという声があった。
これには光田氏は激怒したらしく、わざわざゼノギアスのサントラにこの曲をレコーディングした日にちを書いたという。
光田:(略)「タイタニック」も上映されてなかった時代の少し前に、アイルランド音楽風の歌を録ってきたんですね、「ゼノギアス」の。
そのあと1年くらい開発があって、その間に「タイタニック」が出て、
エンディングが流れた瞬間に「タイタニック」のサウンドに似てるって言われたんですよ。
もう、ふざけんなって話で(笑)、サウンドトラックにレコーディングした日にちを書いたんですよ。
「タイタニックが出る前に、録音終わってんだよ」と!

過去のランキング順位


歌詞

以下のページを参照
別窓開きます。

ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック


-MYTH-The Xenogears Orchestral Album