【種別】
人名

【元ネタ】
アステカ文明の料理の一つで、トウモロコシと豆を入れた煮物または粥。
ナワトル語。ラテン文字転写例:Etzali
アステカ文明では、雨季が始まる6月の初旬に、雨の神々への祭りが執り行われていた。
この祭りが始まると、各家庭でエツァリを作り、また鍋を持って他の家へもらい歩いて豊饒を祈願した。

【初出】
五巻 本名は十五巻

【解説】
組織からの命令で学園都市に潜り込んでいたアステカの魔術師
自身の報告の結果上条勢力を潰す命を受けた。
属する組織も上条勢力のように科学魔術両サイドに跨っており、超能力にもかなり詳しい。
変身魔術を利用して上条勢力を内側から崩壊させる計画だった。
海原光貴の姿を借り、
黒曜石のナイフを用いた魔術トラウィスカルパンテクウトリの槍で上条に襲い掛かるが、返り討ちにあう。
もっとも彼自身は美琴が好きだったこともあり、戦いに乗り気ではなかったらしい。

組織を抜けた現在でも海原光貴の姿を借りており、
土御門らと共にグループの一員として暗躍している。
変身魔術を常時使っている影響か、一方通行は彼が近づいて来ると、
自分の意思とは無関係に指先が震え胸に圧力を感じるらしい。
十九巻でドラゴンに関して魔術サイドの観点から発言しており、
自分が魔術師であることをグループには隠していない模様。
また、本来の姿は褐色肌に黒髪とショチトルらと共通する容姿をしており、身長も海原の時より若干低め。

御坂美鈴襲撃事件では学園都市上層部に対して暗躍。
「彼女はもう回収運動を推進する気がないので殺す意味もない」という結論を受け入れさせ、
「少しだけ肩に力が入りすぎてしまった」とサワヤカ笑顔で答えていた。
結標淡希によれば「おそらくよほど醜い手を使ったのだろう」との事。

15巻における暗部抗争編では、ブロックのメンバーの一人山手に図らずも変装してしまい、潜入。
機を伺って『ブロック』が目論んでいた計画を破綻させる事に成功し、その後他のメンバーと合流し、第一〇学区の少年院へと赴いた先で、
かつて同じ組織に所属していた魔術師の少女ショチトルからの襲撃を受ける。
組織を裏切った事への粛清のため、相手の武器を乗っ取る自殺術式やマクアフティルによる攻撃に苦戦するも、
ショチトルの実践経験と知識の無さを突いて、戦闘不能にする。
しかし、ショチトルの肉体は組織による魔道書の『原典』暦石を使った改造を受けた事で、
肉体は限界を迎え、崩壊を始めてしまう。
ショチトルを死なせないため、魔道書の判断能力を騙した上で『原典』を引き継ぎ、ショチトルを生かした。

『暦石』を手に入れた事で、苦しみながらも徐々に内容を理解し、己の力へと変えていっている。
潮岸の元に潜伏していたテクパトルと戦った際にはその力の一端を発揮。
テクパトルが持つ原典で『暦石』の別の派生である、『月のウサギ』の記述による魔術砲撃と渡り合う。
その戦闘ではシェルターを撃ち貫く閃光の弾丸を広げた巻物の盾で弾き、巻物から生じた粉末の嵐で反撃。
同時に原典からの補助により、防ぎ損ねた弾丸を上半身に受けても五体満足でいられる強固な肉体も得ていた。
戦いの最中、『月のウサギ』を写本したことで原典に気に入られ、
テクパトルを殺して切り捨てた『月のウサギ』の新たな持ち主となり、
その見返りとして原典を使いトチトリの生命維持をさせることに成功する。
新約2巻では病院でショチトルとトチトリを見舞っていたが、新約22巻現在それ以降の登場はない。

なお、ショチトルとは組織内では師弟のような関係にあり、義兄妹に似た仲であった様子。
病室で彼女と二人きりになった際には「エツァリお兄ちゃん」と呼ばれている。

【口調】
変装している人物の姿に合わせていると思われるが、海原光貴の姿では相手を問わず常に敬語で、一人称は「自分」。
ショチトルによれば、本来の話し方は全く違うものらしい。

例)「は、あれ? 自分は確かに海原光貴ですけど、どうして名前を知っているんですか?」