我妻善逸-名言・迷言集



『死ぬわ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ ここで生き残っても結局死ぬわ俺』

  • 最終選別試験にて
  • 掲載8話


『え?鴉?これ雀じゃね?』

  • 最終選別試験にて
  • 掲載8話


『多分すぐ死にますよ俺は』

  • 最終選別試験にて
  • 掲載8話


『いつ死ぬか分からないんだ俺は!だから結婚して欲しいというわけで!頼むよォ――――ッ』

  • 初対面の女性にプロポーズする善逸
  • 掲載19話


『やめろ―――っ! なんでそんな別の生き物を見るような目で俺を見てんだ』

  • 侮蔑の目で見つめる炭治郎に対して
  • 掲載20話


『なんか喋れよ!!』

  • 無言でドン引きする炭治郎に対して
  • 掲載20話


『俺はな ものすごく弱いんだぜ 舐めるなよ』

  • 謙遜とかいうレベルを超越する善逸
  • 掲載20話


『ヒャ―――ッ なんだよォ―――ッなんでそんな般若みたいな顔すんだよォ―――ッ』

  • 鼓屋敷への突入を断った際の炭治郎の顔を見て絶叫する善逸
  • 掲載21話


『何折ってんだよ骨 折るんじゃないよ骨 折れてる炭治郎じゃ俺を守りきれないぜ!』

  • 炭治郎が骨折していると聞いて絶望する善逸
  • 掲載21話


『死んだよ俺!!九分九厘死んだ!』

  • 炭治郎が骨折していると聞いて絶望する善逸その2
  • 大正コソコソ豆知識:『九分九厘』=9.9%と誤解されがちですが、『割』の文字が入っていない文章では、99%と同義語になります。
    ※例:『一寸の虫にも五分の魂』『五分五分』『腹八分目』等、『分』=10%の意味になる。
  • 掲載21話


『死ぬ死ぬ死ぬ 死んでしまうぞ これは死ぬ』

  • 炭治郎と逸れた善逸。なにげに五・七・五調。
  • 掲載21話


『心臓が口からまろび出る所だった』

  • 合図 合図 合図 合図をしてくれよ 話しかけるなら急に来ないでくれよ
    心臓が口からまろび出る所だった
    もしそうなっていたらお前はまさしく人殺しだったぞ!!わかるか!?
  • 掲載22話


『ほらご覧!!出たじゃない 出たじゃない!!』

  • ドン引き!!(本誌煽り文)
  • 掲載22話


『ア゛――――――――ッ(汚い高音)』

  • 鬼に襲われる善逸。
  • 掲載23話


『はあああ! 膝にきてる 恐怖が八割膝に!!』

  • 鬼から逃げる善逸。
  • 掲載23話


『享年が一桁とかあんまりだぞ!!』

  • このままでは正一君の享年が一桁に
  • 善逸『俺がなんとかしなくちゃ 俺が守ってあげないと可哀想だろ!』
  • 掲載23話


『ギャーーッ 死んでる急に死んでるよなんなの!?もうやだ』

  • 気付いたら鬼が死んでいた善逸。
  • 掲載23話


『折れてる炭治郎じゃだめだよ~(泣)』

  • 炭治郎『はいちょっと静かにしてください!』
  • 炭治郎の想像上でもうるさい善逸
  • 掲載24話


『炭治郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから……』

  • 禰豆子入りの箱を身を挺して守る善逸。
  • 掲載25話


『俺が……直接炭治郎に話を聞く だからお前は……引っ込んでろ!!』

  • 禰豆子入りの箱を身を挺して守る善逸。
  • 掲載26話


『炭治郎からは泣きたくなるような優しい音がする』

  • 善逸は優れた聴覚で様々な"音"を聴くことが出来る
  • 掲載26話


『でも俺は人によく騙された 俺は自分が 信じたいと思う人をいつも信じた』

  • 善逸の(いい意味での)人の良さが分かる
  • 掲載26話


『正一君は強いんだ!! 正一君に俺を守ってもらうんだ!!』

  • 正一君が鬼を倒したと信じてやまないごねる善逸。
    炭治郎『正一君は嫌がってるだろう!!』(当て身)
  • 掲載27話


『三人共 肋(アバラ)が折れているとはな……』

  • 二本、三本、四本。ぶっぱれ。
  • 掲載27話


『おまっ!そんな褒めても仕方ねぇぞ!!うふふっ』

  • 炭治郎に優しさを褒められて嬉しい善逸。
  • 掲載27話


『いや 強くはねぇよ ふざけんなよ』

  • 炭治郎に強さを褒められて真顔でキレる善逸。
  • 善逸『お前が正一君を連れてくの邪魔したのは許してねぇぞ』
  • 掲載27話


『いいご身分だな……!!!』

  • 禰豆子が炭治郎の恋人と勘違いしてキレる善逸。
  • 炭治郎『えっ?』
  • 掲載27話


『俺の流した血を返せよ!!!』

  • 禰豆子が炭治郎の恋人と勘違いしてキレる善逸。
  • 掲載27話


『お前のような奴は粛清だよ即粛清!!』

  • 禰豆子が炭治郎の恋人と勘違いしてキレる善逸。
  • 掲載27話


『待ってくれ!! ちょっと待ってくれないか!』(キメ顔)

  • 善逸『怖いんだ!!目的地が近づいてきてとても怖い!!』
  • 掲載28話


『俺 嫌われてんのかな』

  • 善逸、痛恨のボッチ!(本誌煽り文)
  • 掲載29話


『とんでもねぇ炭治郎だ』

  • 善逸『なんで俺の大切な禰豆子ちゃん持ってってんだぁ──!!!』
  • 掲載29話


『なんかチクッとしたぁ~~~っ!!なんじゃああも~~っ!!腹立つぅう~~~~っ』

  • 善逸『そしてくさいんだよこの辺!!くさい!!もう泣きたい!!蜘蛛がカサカサする音すごい気持ち悪いし いや蜘蛛も一生懸命生きてるんだろうけどさ』
  • 掲載32話


『こんなことある!?』

  • 人面蜘蛛と遭遇した善逸なんですけど!?
  • 掲載32話


『人面なんですけど!人面蜘蛛なんですけど!!どういうこと これどういうこと!?夢であれ夢であれ夢であれよお願い!!夢であってくれたなら俺頑張るから!起きた時 禰豆子ちゃんの膝枕だったりしたらもうすごい頑張る!』

  • 状況に混乱し逃げるしかない善逸なんですけど!?
  • 掲載32話


『畑を耕します 一反でも二反でも耕して見せる!!悪夢から覚めてくれぇ───っ!!』

  • 1ページにわたる口上がもはや意味不明なんですけど!?
  • 「頑張る」内容がなぜ野良仕事になるのかという疑問だが、大正時代の日本は自給のための田畑が現代よりもずっと身近で、「頑張る」仕事と聞くと肉体労働を行う農家が比較的連想されやすかったのではないかと推測される
  • 掲載32話


『でか!!でっか!! でかいわ!! でかすぎるよ!!』

  • でかすぎる人面蜘蛛鬼と遭遇した善逸による3コマ連続ツッコミ。
  • 掲載32話


『俺、お前みたいな奴とは口利かないからな!!』

  • 恐怖に慄くあまり反論が意味不明
  • 掲載32話


『わギャッてんだよ!わかってんの!!』

  • (逃げても)無駄ね ハイハイハイ!! わギャッてます!!
  • 掲載33話


『いや だからそれが嫌なんだわそれが!!なんでわかんないのお前さ…!!友達・恋人いないだろ嫌われるよ!!』

  • 人面蜘蛛鬼『……(カチーン)』
  • 掲載33話


『俺じいちゃんが好きだよ!!』

  • 善逸の育手『(ポッ)』
  • シゴかれても訓練から逃げ出してもじいちゃんが好きな善逸
  • 掲載33話


『俺は 俺が一番自分のこと好きじゃない ちゃんとやらなきゃっていつも思うのに 怯えるし 逃げるし 泣きますし 変わりたい ちゃんとした人間になりたい』

  • ヘタレから脱却出来ず苦悩する善逸ですし
  • 掲載33話


『でもさァ 俺だって精一杯頑張ってるよ!!なのに最後髪ずる抜けで化け物になんの!?嘘でしょ!?嘘すぎじゃない!?オェッ!』

  • あまりの絶望感で嘔吐く善逸
  • 掲載33話


『もう この段階で抜けるの?』

  • 直前まで号泣して騒ぎまくっていたのに髪の毛がごっそり抜けて真顔になる善逸
  • 掲載33話


『夢を見るんだ 幸せな夢なんだ』

  • 夢を見るんだ 幸せな夢なんだ 俺は強くて誰よりも強くて 弱い人や困っている人を助けてあげられるいつでも
    じいちゃんの教えてくれたこと俺にかけてくれた時間は無駄じゃないんだ じいちゃんのお陰で強くなった俺がたくさん…人の役に立つ…夢
    でも…もう…駄目だ……
  • ―諦めるな!!―
  • 掲載34話


『五回!?五回飲むの?一日に!?三ゕ月間飲み続けるのこの薬!?これ飲んだら飯食えないよ!すげぇ苦いんだけどつらいんだけど!ていうか薬飲むだけで俺の腕と足治るわけ!?ほんと!?』

  • 善逸『もっと説明して誰か!一回でも飲み損ねたらどうなるの!?ねぇ!』
  • 善逸『飲んだっけ!?俺昼の薬飲んだ!?飲んでるトコ見た!?誰か────っ!』
  • 療養中でも一人騒ぎまくる善逸
  • 掲載48話


『落ち込んでんのかすごい丸くなっちゃっててめちゃくちゃ面白いんだよな ウィッヒヒッ』

  • 炭治郎『なんで急にそんな気持ち悪い笑い方するんだ? どうした?』
  • 凹んで丸くなった伊之助を嘲笑う気持ち悪い善逸に素で辛辣な炭治郎
  • 掲載48話


『そしてめちゃくちゃ可愛いんだよ 顔だけで飯食っていけそう』

  • 善逸『しのぶさんっていう人の"音"は独特なんだよな 今まで聞いたことない感じだ 規則性がなくてちょっと怖い
    でも蜘蛛にされた人たちを治療してる時は女神のようだったな みんな泣きながらしのぶさんの所に行ってたからな
    そしてめちゃくちゃ可愛いんだよ 顔だけで飯食っていけそう』
  • 善逸によるしのぶさん評
  • 掲載49話


『お前が謝れ!!お前らが詫びれ!!!天国にいたのに地獄にいたような顔してんじゃねぇええええ!!女の子と毎日キャッキャキャッキャしてただけのくせに何をやつれた顔してみせたんだよ土下座して謝れよ切腹しろ!!』

  • 毎日女の子達と訓練していた二人に嫉妬で怒り狂う善逸
  • 掲載49話


『黙れこの堅物デコ真面目が!黙って聞け いいか!?女の子に触れるんだぞ 体揉んでもらえて!!湯飲みで遊んでる時は手を!!鬼ごっこの時は体触れるだろうがアア!!女の子一人につきおっぱい二つお尻二つ太もも二つついてんだよ!すれ違えばいい匂いがするし見てるだけでも楽しいじゃろがい!!』

  • 女の子達と訓練できる立場の素晴らしさを熱弁する善逸
  • 声が大きすぎて蝶屋敷の少女達に筒抜け(ドン引き)
  • 掲載49話


『幸せ!!うわあああ幸せ!!(ふがし ふがし)』

  • 女の子達と訓練できる嬉しさのあまり飛び上がる善逸(ビョーン)
  • 炭治郎『わあ』
  • 掲載49話


『やだ可哀想!!伊之助女の子と仲良くしたことないんだろ!山育ちだもんね 遅れてるはずだわ あー可哀想!』

  • 伊之助『はああ゙――ん!?俺は子供の雌 踏んだことあるもんね!!』
    善逸『最低だよそれは!』
  • 子供の雌=てる子
  • 掲載49話


『俺は女の子にお茶をぶっかけたりしないぜ(キリッ)』

  • アオイに勝負で勝ってキメ顔でカッコつける善逸
  • 掲載49話


『勝負で勝ち 戦いに負けた!!』

  • 鬼ごっこでアオイに抱き着いてボッコボコにされる善逸
  • 掲載49話


『俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ』

  • 炭治郎『……』
  • 頼りにならないというレベルを超越する善逸
  • 掲載49話


『やばい』

  • 訓練をサボっている間に炭治郎に大差をつけられて焦る善逸と伊之助やばい
  • 掲載50話


『俺は誰よりも応援された男!』

  • しのぶさんに奮起させられて全集中・常中を会得する善逸
  • 掲載51話


『でもさぁ できなかったことできるようになるの嬉しいよね 炭治郎は俺をずっと励ましてくれたよ いいお兄ちゃんだねぇ禰豆子ちゃん』

  • 本心の吐露でであると共に禰豆子への好感度も上がりそうな台詞
  • 掲載51話


『あっそうだ! 今日の夜はこのお花が咲いてた所に連れてくよ~』

  • ちゃっかり禰豆子を連れ回している善逸、禰豆子の気晴らしにもなり果たして好感度爆上がりとなるか
  • 掲載51話


『丸見えだよ 服着ろ馬鹿』

  • バハーン✧とモデルの如きポーズを決める伊之助に対する冷静なツッコミ
  • 掲載54話


『出んのかい嫌ァ───ッ!!鬼の所に移動してるんじゃなくここに出るの 嫌ァ───ッ 俺降りる』

  • 善逸『嘘でしょ 鬼出るんですかこの汽車』
    杏寿郎『出る!(キリッ)』
  • 『これぞ善逸』と言わんばかりの反応を見せる善逸
  • 掲載54話


『はァ──ッなるほどね!!降ります!!』

  • 詳細を聞いた上でなお逃げ出そうとする善逸
  • 掲載54話


『こっちこっち!こっちの桃がおいしいから 白詰草もたくさん咲いてる 白詰草で花の輪っか作ってあげるよ禰豆子ちゃん 俺本当にうまいのできるんだ』

  • 魘夢の血鬼術で夢の中に囚われた善逸。日の光の下で禰豆子と走り回り、本当に幸せそうである
  • 修業時代の回想で先輩に桃を投げつけられていたが、育手の土地に植わっていたのだろうか。そして桃が好きなのだろうか
  • 掲載55話


『俺がおんぶしてひとっ飛びですよ川なんて 禰豆子ちゃんのつま先も濡らさないよ お任せくださいな』

  • 禰豆子「善逸さんどうしよう 私泳げないの」
  • 真っ赤になってテンション上がる善逸(ただし夢)
  • 掲載55話


『なんで男なんかが入り込んでやがるクッソ害虫が ここに入ってきていいのは禰豆子ちゃんだけなんだぞ殺すぞ』

  • 夢の世界の無意識領域に入り込んだ男を枝切り鋏で排除する善逸
  • 掲載57話


『禰豆子ちゃんは俺が守る』『守るっフガフガ ンガッ プピー』

  • 禰豆子の窮地→霹靂一閃六連→キメ顔セリフ→アホ顔鼻ちょうちんに禰豆子も目が点
  • 掲載60話


『どんな強そうな人だって苦しいことや悲しいことがあるんだよな だけどず―――っと蹲ってたって仕方ないから 傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる』

  • 無限列車での戦いを振り返って
  • 掲載67話


『炭治郎!まんじゅう(無断で)もらってきたから喰おうぜ!』

  • そして相も変わらず盗み食いである
  • 掲載67話


『禰豆子ちゃんの髪を一房くれ 頑張るから(ハアハア)』

  • 一人で任務に向かうのが心細い善逸
  • ハアハア言っているのは恐怖心からで、決して禰豆子ちゃんの髪に興奮している訳ではないです。(ハアハア)
  • 掲載70話


『アアアアアオイちゃんを放してもらおうか たとえアンタが筋肉の化け物でも俺は一歩もひひひ引かないぜ』(ガクガクガクガクガク)

  • 震えながらも音柱に対峙する善逸
  • 掲載70話


『とんでもねぇ話だ!!』

  • 善逸『ふざけないでいただきたい 自分の個人的な嫁探しに部下を使うとは!!』
    宇髄『はあ?何勘違いしてやがる!』
    善逸『いいや 言わせてもらおう!アンタみたいな奇妙奇天烈な奴はモテないでしょうとも!!だがしかし!!鬼殺隊員である俺たちをアンタ 嫁が欲しいからって!』
  • 音柱に「俺の嫁を探せ」と指示され、勘違いで抗議する善逸
  • 掲載71話


『そういう妄想をしてらっしゃるんでしょ?』

  • 善逸『そういう妄想をしてらっしゃるんでしょ?』
    宇髄『クソガキが!!(怒)』
  • 音柱に嫁がいることを頑なに信じない善逸
  • 掲載71話


『三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよ ざっけんなよ!!!』

  • 宇髄『三人いるからな 嫁』
    善逸『三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよ ざっけんなよ!!!』
  • 音柱に嫁が三人いることを知ってブチ切れる善逸
  • 掲載71話


『俺アナタとは口利かないんで…(ハア──…)』

  • 宇髄『女装させたからキレてんのか?何でも言うこと聞くって言っただろうが』
    善逸(女装なんかどうでもいいんじゃボケが…オメーの面だよ普通に男前じゃねえかふざけんなよ)
  • 色物キャラと思っていた音柱の素顔が普通に男前でご立腹の善逸
  • 掲載71話


『嫁!?もしや嫁ですか!?あの美女が嫁なの!?あんまりだよ!!三人もいるの皆あんな美女すか!!』

  • 宇髄『近い!!(怒)』
  • 悔し涙を流しながら音柱に顔を寄せて抗議する善逸
  • 掲載71話


『やだ アタイだけ余ってる!!』

  • 遊郭に最後まで売れ残った女装善逸
  • モノローグも何故か女口調
  • 掲載71話


『見返してやるあの男…!!アタイ絶対吉原一の花魁になる!!』※なれません

  • 善逸(見返してやるあの男…!!アタイ絶対吉原一の花魁になる!!)
    ナレーション『※なれません』
  • 遊郭に投げ売りされて音柱への復讐心に駆られる善子(ベンベベン)
  • モノローグもやっぱり女口調
  • 掲載72話


『なんか俺自分を見失ってた…』

  • 善逸(三味線と琴の腕を上げたってどうしようもないだろうよ)
  • ようやく本来の目的を思い出した善子
  • 掲載73話


『(ひっくひっくぐすん!?)一大事だ 女の子が泣いてる』

  • キメ顔だが善子モードなので台無し
  • 掲載73話


『鬼の音だ 今後ろにいるのは鬼だ 人間の"音"じゃない』

  • 善逸(鬼の音だ 今後ろにいるのは鬼だ 人間の"音"じゃない 声をかけられる直前まで全く気づかなかった こんなことある?)
    善逸(これ上…上弦の鬼じゃないの? 音やばいんだけど静かすぎて逆に怖いんだけど)
  • いつの間にか背後から鬼に接近されていた善子
  • 掲載73話


『手 放してください』

  • 『心の刃が動くとき──!!』(本誌アオリ)
  • かむろの女の子を守る為に上弦クラスの鬼の可能性を知りながらも立ち向かう善子
  • 掲載73話


『俺は君に言いたいことがある 耳を引っ張って怪我をさせた子に謝れ』

  • 善逸『たとえ君が稼いだ金で衣食住与えていたのだとしても あの子達は君の所有物じゃない 何をしても許されるわけじゃない』
  • 寝ながら堕姫にガチ説教する善子
  • 掲載88話


『起きたら体中痛いよおおお 俺の両足これ折れてんの何なの 誰にやられたのコレ 痛いよおお 怖くてみれないぃ!』

  • 炭治郎『無事か!!良かった!』
    善逸『無事じゃねぇよおお!』
  • 寝ながら戦ったことを覚えていない善逸
  • 掲載95話


『俺も可哀想だけど伊之助がやばいよぉ 心臓の音がどんどん弱くなってるよ~~!』

  • 満身創痍なのに伊之助の事も気遣う善逸
  • 掲載95話


『ギャィィアアアアアアァ アアアアア!』『可愛すぎて死にそう!』

  • 善逸『ギャィィアアアアアアァ アアアアア!』
    アオイ『うるさい!』
    禰豆子『お、おかえり!』
    善逸『可愛すぎて死にそう!』
    アオイ『どうぞご自由に!!』
  • 口枷を外した禰豆子と出会った善逸
  • 掲載128話


『どうしたの禰豆子ちゃん喋ってるじゃない!俺のため?俺のためかな?俺のために頑張ったんだね!とても嬉しいよ俺たちついに結婚かな!?』

  • 善逸『どうしたの禰豆子ちゃん喋ってるじゃない!俺のため?俺のためかな?俺のために頑張ったんだね!とても嬉しいよ俺たちついに結婚かな!?』
    アオイ『あっち行って下さい!!』
  • 言葉を喋った禰豆子に感動して結婚を迫る善逸
  • 掲載128話


『月明かりの下の禰豆子ちゃんも素敵だったけど太陽の下の禰豆子ちゃんもたまらなく素敵だよ素晴らしいよ!結婚したら毎日寿司とうなぎ食べさせてあげるから安心して嫁いでおいで!!』

  • 善逸『月明かりの下の禰豆子ちゃんも素敵だったけど太陽の下の禰豆子ちゃんもたまらなく素敵だよ素晴らしいよ!結婚したら毎日寿司とうなぎ食べさせてあげるから安心して嫁いでおいで!!』
    アオイ『離れなさいよ!』
  • 禰豆子の両手を握り結婚生活を語る善逸
  • 掲載128話


『あいつどこにいる?ちょっと殺してくるわ…』

  • 禰豆子『おかえりいのすけ』
    善逸『あいつどこにいる?ちょっと殺してくるわ…』
    アオイ『物騒なこと言わないで!!』
  • 禰豆子が善逸を「いのすけ」と呼んだことで伊之助に殺意を覚える善逸
  • 掲載128話


『そんな前向きなこと言うんであれば俺とお前の仲もこれまでだな!!(ゴリィ)』

  • 炭治郎『いたたた』
    善逸『お前はいいだろうよまだ骨折直ってねぇからぬくぬくぬくぬく寝とけばいいんだからよ!!俺はもう今から行かなきゃならねぇんだぞわかるかこの気持ち』
    炭治郎『ごめんごめん』
  • 炭治郎のおでこに歯型ができるほど噛み付く善逸。玄弥の咬合力に匹敵するのではないか
  • 掲載130話


『馬鹿野郎お前っ…そんなことで俺の機嫌が直ると思うなよ!!(ニッコニコオ)』

  • 炭治郎『あっゴキゲンだ よかった(ホッ)』
  • 炭治郎に以前に教えた雷の呼吸のコツのお礼を言われてゴキゲンな善逸
  • 掲載130話


『まったくもうみんな俺がいなきゃなんにもできないんだから』

  • 機嫌が直ってゴキゲンで柱稽古に向かう善逸
  • 掲載130話


『俺味方なのに!!』

  • 善逸『アレお前の兄貴かよ!?完全に異常者じゃん!気の毒に…』
    玄弥『俺の兄貴を侮辱すんな!!(ボコン)』
    善逸『俺味方なのに!!』
  • 玄弥を助けたのに殴られる善逸
  • 掲載133話


『あ…あったけぇ!!岩ってこんなにあったけぇんだ…!!お袋の腕の中に抱かれているようだ……』

  • 善逸『ウォオオ母ちゃーん!!』→(岩)
  • 極寒の川に放り込まれ凍死寸前で地上の岩で暖を取る善逸
  • 掲載134話


『バカかお前はコンニチハ頭大丈夫デスカ!!』

  • 炭治郎『凄いなぁ悲鳴嶼さん 俺もあんなふうになれるかな』
    善逸『なれてたまるか!!≪たまるものかァ!』
    善逸『バカかお前はコンニチハ頭大丈夫デスカ!!』
  • 大岩修行を易々とこなす悲鳴嶼さんを尊敬する炭治郎とドン引きする善逸
  • 掲載134話


『うわーもう前向きな奴ばっか!!俺の居場所ないわ!!』

  • 伊之助『腹も膨れたし丸太担いで岩押してくるわ』
    善逸『うわーもう前向きな奴ばっか!!俺の居場所ないわ!!』
    炭治郎『まあまあ』
  • 後ろ向きの仲間がいなくて悲観する善逸
  • 掲載134話


『やるべきこと やらなくちゃいけないことがはっきりしただけだ』

  • 『これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ』
  • 鎹雀から手紙を受け取って以来、何かを強く決意する善逸
  • 掲載136話


『獪岳 鬼になったお前を 俺はもう兄弟子とは思わない』

  • 裏切り者に対して静かに、しかしドス黒く憎悪の炎を燃やす善逸
  • 掲載143話


『適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな』

  • 再会早々悪態をつく獪岳を軽蔑した表情で煽る善逸
  • 掲載144話


『俺がカスならアンタはクズだ 壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ』

  • 善逸『…… フッ ははっ 爺ちゃんは耄碌してねえよ』
  • 師匠への安い侮辱には本人への図星を突いた侮辱で返す善逸
  • 掲載144話


『おせーんだよ クズ』

  • 獪岳の「遠雷」に対し、余裕で後の先を取るブチ切れ善逸
  • 掲載144話


『でも尊敬してたよ心から アンタは努力してたしひたむきだった いつも俺はアンタの背中を見てた』

  • 善逸『特別だったよアンタは 爺ちゃんや俺にとって特別で大切な人だったよ だけどそれじゃ足りなかったんだな』
  • 互いに嫌いあいながらも、善逸は獪岳の背中を追いかけていたのだ
  • 掲載145話


『どんな時もアンタからは不満の音がしてた 心の中の幸せを入れる箱に穴が開いてるんだ どんどん幸せが零れていく その穴に早く気づいて塞がなきゃ 満たされることはない』

  • 『爺ちゃんごめん 俺達の道は分かたれた』
  • 善逸から見た獪岳の人間性…
  • 掲載145話


『ごめん 兄貴』

  • 善逸から獪岳への渾身の一撃、その覚悟
  • 掲載145話


『これは俺の型だよ 俺が考えた俺だけの型 この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…』

  • 獪岳『畜生!!畜生!!やっぱりあの爺贔屓しやがったな!!お前にだけ教えて俺に教えなかった』
    善逸『違う 爺ちゃんはそんな人じゃない』
  • 火雷神を自力で開発した善逸の才、師と共に歩んだ兄弟弟子の宿命
  • 掲載145話


『いたいいたいいたい おんぶして おんぶ いたあい いたいぃぃ おんぶぅ(泣)』

  • 同行中に肩を貸してくれている村田さんにおんぶをせがむ善逸(泣)
  • 掲載170話


本編以外

『お願いだから読んでくれ!!頼むよォ───ッ!』

  • 19話プロポーズコマの公式コラ
  • 3巻初版帯の「内側」に掲載
  • 実際に購入しないと「帯の内側」を見ることが出来ないので、全く販促効果が無いところがマジ善逸。


『気持ち悪───っ何コレやだコレ 人面魚かよ鳥肌立ったわ』

  • 炭治郎の描いた手のある鯉のぼりを評して
  • 一方善逸の絵は日野日出志っぽくて「これが鯉のぼり……」「妖怪だ……」とドン引きされた
  • 掲載 Jヒーローたちの「こどもの日」漫画劇場!!(ジャンプ2017 21・22号)


『まんじゅう うめー』

  • 修行をサボリ身を隠して盗み食いしてた善逸(やばい)
  • 一方その頃、同じサボリ組の伊之助は裏山で鹿に跨り爆走していた(やばい)
  • 単行本6巻オマケページ


『金魚だよ かわいいね』

  • 善逸がしのぶの部屋から勝手に持ち出した金魚にすっかり夢中な禰豆子
  • この後アオイに見つかってこっぴどく叱られる善逸
  • 単行本6巻オマケページ


『オイラ我妻善逸!!鬼滅の刃の主人公だよ。オイラはみんなから好かれてるし尊敬されていてもうホントやばいんでヤンス。
恋人の禰豆子を守りながら凶悪な鬼と戦っている男らしい男…それがオイラ。
男気に溢れていて男らしさが止まらなくて抱かれたい男ランキングでは1位になり殿堂入りだぜ。柱に最も近い男と言われていて弟子はなんと百名いる…!!』

  • 本物の善逸『そうなの そういうこと!!』
  • ニセ善逸の台詞なので厳密には本人の台詞ではない
  • 逆説的に善逸自身の自己否定感がハンパないことが分かり哀しい
  • 単行本第6巻描き下ろし特典ペーパー


『買ってくれないと七代先まで祟るからな!!』

  • 三頭身SD善逸(号泣土下座)
  • 単行本第7巻発売時の作者描き下ろし販促用カラーPOP


『エマちゃんにあんなひどいコトするなんて鬼はどこでもひでえ奴だな!!』

  • 「約束のネバーランド」宣伝善逸
  • 上記の作品はそうだが、同期連載の「ゆらぎ荘の幽奈さん」の呑子さんは優しい鬼なのでどこでもではない
  • 週刊少年ジャンプ2018年35号 週刊少年ジャンプ36・37号合併特大号のお知らせ


『俺なんでここにいんだろ』

  • 別の漫画の人気投票に44票も入って困惑する善逸
  • 週刊少年ジャンプ2018年41号 「約束のネバーランド」第1回キャラクター人気投票


『お前らは呼んでねぇよ!!その格好は何だよ!?もう色んなことが大渋滞だよ!!』

  • 呼んでいないのにクリスマス会にやってきた不審な格好の男3人にツッコむ善逸
  • なお、大正時代からクリスマスを祝う風習が日本にも根付いてきているらしい
  • Jキャラ大集合年末番外編『鬼滅の刃 年末番外編』(2019年4・5号)


『ギャ―――ッ ねずこちゃん可愛い――!!!ギャアアアアかあわい゙い゙い゙い゙ ギャワイ゙イ゙イ゙イ゙ 水着ィィィキィエエエ゙エ゙ かわイ゙イ゙イ゙イ゙イ゙ イ゙イ゙ッ ゲハアア゙ア゙ッ』

  • 水着に浮き輪の禰豆子ちゃんに悶絶し吐血する善逸
  • 水着のデザインから、大正時代ではなく鬼滅学園の可能性が高い
  • Jキャラ大集合!夏の特別番外編『鬼滅の刃 番外編』(2019年36・37号)


『幸せだったよねずこ…来世でも添い遂げようまた夫婦になろう…』

  • いつの間にか脳内で夫婦設定にしている善逸
  • Jキャラ大集合!夏の特別番外編『鬼滅の刃 番外編』(2019年36・37号)



コメント

最新の20件を表示しています。
  • 俺は信じたいと思う相手を信じた でしたっけ? 本誌が手元にないので正確な文章が書けないので、どなたか代筆お願いします -- 2016-09-28 07:55:35
  • すいません。ちょうどそこだけ電子版買ってたようなので、自力で執筆しますm(_ _)m -- 2016-09-28 08:47:03
  • 3巻帯の公式コラはマジで販促効果ないのでマジゼンイツw -- 2016-10-15 15:36:31
  • 3巻帯の公式コラ、確かに販促効果無かったですね、今気付きました -- 2016-10-16 23:57:08
  • 久しぶりに善逸語録が増えて満足 -- 2017-02-06 21:51:02
  • 皆さん善逸以外の6巻書き下ろし特典ペーパー台詞もよろしくお願いします。お願いだから書いてくれ!!頼むよォ───ッ! -- 2017-05-02 21:51:42
  • 三巻帯の公式コラって何ですか?分からないので教えて下さい。 -- 2017-05-27 15:54:08
  • 最近のゆらぎ荘でやっぱり鬼はどこでもろくでなしという事が判明しましたね…(呑子さん例外中の例外だった) -- 2018-12-09 20:01:45
コメント:

すべてのコメントを見る