5chスレッド等スラング一覧

主に鬼滅の刃関連のネットスラング一覧。
5ch以外の掲示板やその他SNS等のスラングもこちらに記載してあります。


【あ】行


煽りの呼吸

炭治郎を始め、鬼殺隊隊士が鬼および隊士に対して挑戦的な口調をする事。
必ずしも悪意があるとは限らず、また発言者の意図でない部分にクリティカルなダメージを与える事が多い。


浅草のYさん

愈史郎のこと。人気投票の話になると、「浅草のYさんが珠世様に大量投票するな」とか言われる。おそらく元ネタは「ニセコイ」の名物読者「千葉県のYさん」から。なお、実際に行われた人気投票ではいまいち猛威を振るわなかった模様。


頭無惨様

鬼舞辻無惨のこと。
鬼化した経緯や無意味な粛清、産屋敷家急襲など、あまりにも短慮なエピソードが多い事からの命名。
短慮なキャラや書き込みに対して「頭無惨様かよ」という形で用いられる。煽り用語でもあるので使用には注意を。


兄上

黒死牟のこと。
本編中で兄弟キャラクターは複数いるものの、この呼称は継国兄弟のみであったことから固有名詞化した。


兄貴(兄貴ィ)

1.煉獄杏寿郎のこと。第54話の『すげえや兄貴!!』および『煉獄の兄貴ィ』から。
2.不死川実弥のこと。弟の玄弥からの「兄貴」呼びから。


姉エミュ

しのぶさんが姉・カナエさんの振る舞いや発言を真似ているように見える事から。
姉エミュレート→姉エミュ
※詳細はしのぶさんは本当に姉エミュをしているのか?参照


異常者集団

無惨様から見た鬼殺隊のこと。
由来は特攻隊のごとく覚悟が決まりきった隊士および指揮官に対して、無惨様が抱いた感想から。
柱から一般隊士に至るまで自らの命を顧みず、むしろ犬死にの方をこそ恐れるその様は、我が身可愛さ第一の無惨様にとっては異常者にしか見えない。
読者から見ても否定しにくいところがちょっとあるのは内緒。


いもすけ

伊之助のこと。作中での禰豆子の誤発音より。同様に「おやぷん」も。


インフィニティ一郎

時透無一郎のこと。
作中で「無一郎の無は無限大の無」という熱い展開を見せたことを読者が高く評価したことによる敬称。
さらに公式誕生日が8月8日であることから「∞」感が増し増し。
一郎を省いてインフィニティと呼ばれることも多い。


産屋敷ボンバー

作中、鬼舞辻無残を道連れとするために、産屋敷耀哉自らが妻子もろとも屋敷を爆破したこと。
鬼舞辻無残には大きなダメージを与え、かつ珠代様サイドとの連携もあって時間稼ぎに成功した。
なお当の鬼舞辻無残からは「あの男は完全に常軌を逸している」と評されており、妙に人間臭いドン引きっぷりを引き出した。


エッ血

不死川実弥の血液のこと。


エンムス

列車と融合した魘夢を『きかんしゃトーマス』になぞらえたネタ。そのままトーマスと呼ばれる場合も。


おい待てェ〇〇すんじゃねぇ

第129話の冨岡義勇の「あまね殿も退室されたので失礼する」→不死川実弥「おい待てェ失礼すんじゃねぇ」の流れのパロディ。
冨岡義勇風の身もふたもない発言や、「〇〇したので失礼する」という発言に対しての返し。
非常に汎用性が高く、使い勝手がよいためかなり頻出する。
稀に「さすがに言葉が足りませんよ」と他からツッコミが入る場合も。


臆病者

無惨のこと。第18話の珠世様の無惨に対しての評価から。
他にも「マイケル」などと呼ばれることも。


落ち着いてください何歳ですか!

炭治郎の名言(迷言?)が由来。興奮したレスへの返しとして使われる。


鬼!悪魔!ワニ!

ワニ先生こと吾峠呼世晴先生の、あまりにもあまりな描写や結末に対して読者から漏れる嗚咽。
猗窩座戦の最後のころに流行り出し、黒死牟戦でブームが再燃した。
「ワニは人の心を持たない(持ってはいるからこそ読者の心を抉ることが出来る)」「冷血動物」等も同時に使われる。


鬼いちゃん

妓夫太郎の通称。自然発生的に広まった。


おにころ隊

鬼殺隊のこと。「鬼殺」が通常変換されないため、短レス内でよく使われる。
他には「殺」の字を嫌うまとめブログの管理人のSEO対策として、まとめ記事でこのように変更されることもある。


俺よ

他人に同意するときに「~だな俺よ」という形でよく用いられる。元ネタは沼鬼(俺鬼)の分身への二人称から。


おやぷん

伊之助のこと。作中での禰豆子の誤発音より。同様に「いもすけ」も。


【か】行


かまぼこ隊

炭治郎、善逸、伊之助、禰豆子のチームの通称。元ネタは、炭治郎が伊之助に名前を「かまぼこ権八郎」と間違えられたことから。カナヲと玄弥は別行動をしていることが多いので、基本的にかまぼこ隊にはカウントされない。
よく、長男が炭治郎、次男が善逸、三男が伊之助に例えられる。後に善逸のほうが炭治郎より年上であることが判明したが、炭治郎の圧倒的長男力故か、この扱いは変わっていない。


ガンダムハンマー

悲鳴嶼行冥の日輪刀の通称。「鬼滅大好きおじさん」という嘘吹替動画で有名になった。


義勇っとする(ぎゆうっとする)

冨岡義勇のような言葉足らずのキャラに対する形容語。
縁壱に対して使われ始めたことから。


クズ

獪岳のこと。
善逸の「俺がカスならあんたはクズだ」という発言より。
17巻のおまけページで明らかになった通り、あまりにもひどいエピソードからこう呼ばれるようになってしまった。


玄|弥

時透無/一郎と同様、縦一文字面割りを喰らった玄弥を表す記述。


此方も抜かねば… 無作法というもの…

エロ・お色気関係で使われる語録。元ネタは黒死牟の同セリフから。よく「お労しや兄上…」と別の人が続ける


この話はこれでお終いだな!

レスバなどでスレが荒れそう・荒れているときに、話題を打ち切るために用いる。煉獄杏寿郎の台詞から。


狛犬

猗窩座(狛治)のこと。
「役立たずの狛犬」という題名の回より。


【さ】行


サイコロステーキ先輩

累に身体をバラバラに切り刻まれた隊士の通称。多くの噛ませ発言から噛ませ先輩と呼ばれることもある。


サキュ柱

不死川実弥のこと。「スケベ柱」からの派生。鬼を魅了しあまつさえ酔わせる稀血の性質が淫魔サキュバスになぞらえられた。同義語に「インキュ柱」がある。


さようなら天さん…

宇髄天元に死亡フラグが立つとよく書き込まれた。元ネタはドラゴンボールの餃子が残した散り際のセリフ。そのため、実はこれではフラグの立つ人物が書き込んだ住人になってしまう。


37キロ柱

しのぶさんのこと。甘露寺にも劣らない豊満な胸を持つにもかかわらず、驚異的な低体重であることから体重詐称疑惑が発生した。
しのぶさんの体重詐称については、カナヲが「嘘だ……師範の体重は五十キロ……」と発言するのをしのぶさんが強く遮るコラ画像が有名である。その時のしのぶさんが縦書きで「カナヲ」と発言していたことから、しのぶさんの体重詐称疑惑については




とコメントするのがお約束となった。


37歳

鋼鐵塚のこと。年齢の割に異様に落ち着きがないインパクトから愛用されている。


醜女(しこめ)

禰豆子のこと。愈史郎が(本心ではなかったものの)禰豆子のことをそう呼んだことから。
まれに下品に「シコ女」と呼ばれることも。


小生の…○○は……凄いか……。

響凱の名言(迷言?)より。このあと「つまらないんだよ(略)塵のようだ」または「君の○○は凄かった!でも○○したことは許さない!」と、ネタの方向によって返しが使い分けられる。


成仏してください成仏してください…

炭治郎の名言(迷言?)から。打ち切り作品のネタが書かれるとこう返される。
ほかにも、作中で死亡したキャラのなりきり書き込みや自分が死んだことがあるかのように書くレス、すでに鬼籍に入っている実在人物を声優に充てる、などのネタでも返しとして使われる。


親戚のおじさん

黒死牟のこと。
時透無一郎の縁者且つ、「(稀血に)酔うと、唐突に(鬼狩り時代の)昔話を懐かしみ、自らと同じ(鬼としての)進路を選ばなかった子孫に対して説教まがいのことをする迷惑な親戚のおじさん」というニュアンスから。単におじさんと呼ばれることも。


スケベ柱

不死川実弥のこと。ファンブックで作者に「スケベですね」と書かれてしまったため爆発的に広まった。


スレ鬼

スレ住人のこと。といっても、この呼称自体ごく少数の住人しか使っておらず、住人の総称は「鬼滅隊」など幾つか候補があるが、どれも決定打に至っていない。


スレに俺鬼湧きすぎ

書き込みに同意する場合等に「俺も○○○と思うぞ俺よ」という風に沼鬼の口調で書き込むレスが多くなる現象。
「俺鬼」は沼鬼の別名というより、日々増殖する「俺よ」沼鬼口調のスレ鬼こそが「俺鬼」と呼ぶにふさわしいと認定しても過言ではない。


説教マン○号

義勇、鱗滝、錆兎のスレ初期の愛称(あるいは蔑称)。順に1号~3号と呼ばれる。最近は使われなくなっており、ごくまれに義勇が呼ばれる程度。
主に、クソマンガを期待していたその筋の愛好家が使っていた呼び名だったため、普通の愛読者にとって印象の良い言葉ではないので取り扱いには注意。


全量手持ち重版・一部配本一部手持ち重版・全量配本重版

主に5chで使用されている単行本重版用語


【た】行


民尾

魘夢のこと。9巻のキメツ学園でのフルネーム「魘夢民尾」から。民夫、民生などの誤変換も。
また、鉄道マニアであることから、鉄ヲタ等の通称も見られる。


誰なんだそれは!

キャラ名を(わざとにしろうっかりにしろ)間違えて書いた時に使われる返し。元ネタは炭治郎と伊之助のやり取りから。亜種として「違う人だ!」もある。
村田の場合のみ「村田だ!」を使う。こちらに関しては、同項目を参照のこと。


父寿郎

煉獄槇寿郎の愛称。パパ寿郎とも。


乳柱

甘露寺蜜璃が登場して間もない時の通称。胸元をおっ肌蹴たとんでもない格好のインパクトから、爆発的に広まった。
しかし、翌号に判明した「恋柱」という、読者の想像のさらに斜め上を行く超ネーミングにより一気に廃れた…かと思われたが、分かりやすさとネタ性で使う者もいる様子。


蝶子

栗花落カナヲのこと。蝶の髪飾り、および蝶を指先に止まらせていたことが由来。
6話で初登場しながら48話まで名前が判明しなかったため仮の名前として使われたが、名前判明で見られなくなった。
同じ理由でアオイやきよ・すみ・なほに使うことも提案されたが、登場した次の回で名前が判明したためこちらもほぼ使われなかった。


長男

炭治郎のこと。竈門家での立場、および自身をなにかと「長男だから」とする各種名言・迷言から。
『かまぼこ隊』も参照のこと。


珍妙なタンポポ

善逸のこと。ファンブックで「禰豆子は善逸のことを"珍妙なタンポポ"だと思っている」という記述があったことから。
まれに下品に「珍ポポ」の表記も。


同期組

炭治郎、善逸、伊之助、カナヲ、玄弥の総称。最終選別の同じ回に受かったことから。
五感戦隊カマボコジャーとの呼び方もあったが、ついに本編中で五人が共闘することなく玄弥が最終決戦から脱落した。


時/透/無/一/郎

上弦の壱・黒死牟に左腕を切断され、後に片足を切断されたうえで胴を割られ、最後に右腕を切断されて5分割されたことを表す表現。人気アニメにあやかり、五等分の無一郎という表現もあるが、明らかに等分切断ではないため誤用か。


とっととくたばれ糞野郎

しのぶさんの作中最後の台詞より。童磨風のウザい絡みに対する返信として。省略系は「とく糞」
そしてこれは「37キロ柱」の項目で解説した「カナヲ」と同じく縦書きが多様される。





冨岡義勇と鱗滝左近次が腹を切ってお詫びします

謝罪するときに使われる。書いた本人は何も償わないのがポイント。鱗滝さんがお館様に送った手紙が元ネタで、元ネタの実際の文面は少々違う。


冨岡さんもそう思いません?(○○さんもそう思いません?)

しのぶ人気絶頂期(那田蜘蛛山編)によく見られた語録。
「○○さんもそう思いません?」等の書き込みに「無理な話だ。△△が××する限りはな」と返すのがお約束。


冨岡さん係

しのぶさんのこと。
クラスの問題児的な扱いの冨岡義勇が問題を起こしたときに対応する係的な意味合い。
準公式カップリング(公式およびタイアップでは二人セットの企画がなぜか多い)の「ぎゆしの」の論拠として使われることも多い。


【な】行


なんでそんなに恥を晒すんだ

炭治郎が善逸に放った辛辣な迷言から。色々と恥晒しなレスへの返しとして使われる。基本的に煽り用なので使用は慎重に。


【は】行


捌倍娘

甘露寺蜜璃のこと。筋力が常人の捌(8)倍あるというエピソードから。


派手柱

宇髄天元のこと。口癖「派手に~」が由来。派手(の)神とも。


パワハラ会議

第52話「冷酷無情」で行われた無惨様による下弦解体ショー(物理)のこと。やりとりが完全にパワハラ上司と部下のそれであり、このように呼ばれるようになった。別名「ブラック会議」圧迫パワハラ面接」等。
無惨様単体も「パワハラ上司」「パワハラ無惨様」等と呼ばれることもある。


判断が早い

遅ればせながら鬼滅読者になった住人への歓迎の言葉として使われる。他には、実際判断が早い何かをした人物にも使われる。
最初期は「判断が遅い」という鱗滝の名言(迷言?)が使われていたが、「元ネタが分かっても分からなくても感じが悪いのではないか」という声が上がり、現在の形になった。ほぼ同義語に「ようこそお茶を出しますよ」がある。そちらも参照のこと。

非常食先輩

無限城で登場するモブ隊士の一人で、183話で愈史郎に対して「協力する!!俺を喰え!!」との発言からこの通称がついた。


ひょっとこ

鋼鐵塚のこと。他の鍛冶の里の住民も全員ひょっとこだが、こう呼ばれるのは彼だけである。


ファミチキ

童磨(または遊女の足)のこと。由来は、初登場時に遊女の足を堂々と食べ歩きしている姿が、まるでファミチキを食べ歩きしているような気楽さの童磨のインパクトから。


【ま】行


マイケル

鬼舞辻無惨のこと。
服装や髪形が「マイケル・ジャクソン」(Smooth Criminal PV)に酷似していることから。
他にも「臆病者」などと呼ばれることも。


祭の神

宇髄天元のこと。本人の自称から。


水虫

水柱・義勇と蟲柱・しのぶのコンビのこと。
「水虫」表記だと虫のミズムシや病気の水虫の意味になってしまうので非常に紛らわしいという突っ込み待ちのネタ。
とはいえ「水蟲」表記でも中国語で「水虫」の意味になる模様。どうしようもないねこの二人は。


無一文

時透無一郎の通称。恐らくは予測変換からと思われる。


むーさん

鬼舞辻無惨の愛称のひとつ。


村田だ!

村田の話題をする際、村井だの村越だのとわざと名前を間違え、別の人物が「村田だ!」と返すのが定番の流れだが、劇中では彼の名前を間違えるシーンはない。おそらく、伊之助の名前を間違える芸風と、村田だ!という返しが融合したものと思われる。
最近はさらにわざと間違えて重ねる傾向がある。


もういい

他の住人に(若干冗談込みで)キレた際に用いる。炭治郎の名言(迷言?)から。
アニメから入った住人には作中表現の違いからニュアンスが異なって受け取られると思われる。


モヒカン

不死川玄弥のこと。登場が早かった割りに長いこと名称不明だったため、本名発表まで特徴的な髪型からこう呼ばれていた。


桃先輩

善逸の兄弟子の、獪岳のこと。
第34話の回想シーンで善逸に桃をぶつけたこと、および第143話まで名前が判明しなかったことからこの通称がついた。


【や】行


ようこそお茶を出しますよ

主に新参住人を歓迎するときに用いられる。炭治郎が鋼鐵塚を歓迎、および労うために言った言葉が元ネタ。
残念なことにアニメではカットされてしまったため、アニメから入った住人には伝わらないかも知れない。
「判断が早い」も参照のこと。


酔っぱらい

黒死牟のこと。不死川実弥の稀血で酩酊してしまったために、このような不名誉なあだ名が付いてしまった。


【ら】行




【わ】行


半天狗のこと。一人称から。
死に際の回想がわずか2ページにもかかわらずその人間性がしっかり伝わるというインパクトを残した為、よくネタにされる。


ワニ先生

吾峠呼世晴先生(自画像がワニ)の通称。
一時期、「こよこよ」を通称にしようとした住人が一部いたが、「その呼び方はキモイ」という反対意見多数。
同じ(?)女性作家である荒川弘(自画像が牛)の通称が「牛さん」であることから、折衷案として採用された。
本編の凄惨な展開回では稀に「ワニ辻無惨」と呼ばれるパターンもある。


※度を超えた侮蔑造語・侮蔑表現は控えるようお願いします。(管理人)

コメント

最新の20件を表示しています。
  • 削除荒らしが出没しています -- 2019-12-13 18:29:50
  • ↑管理人さんに削除された項目をしつこく復活させている方こそ荒らしでは?クソゲーは一般名詞かつ、鬼滅特有の単語とは言い難いため、削除は妥当に思えます。 -- 2019-12-13 23:25:31
  • 編集者に対しての度を過ぎた罵倒コメント1件を削除処理しました。(管理人) -- 2019-12-15 20:37:14
コメント:

すべてのコメントを見る