アーマード・コア N系シリーズ

「アーマード・コア」というロボットアクションゲームは、ナンバリングごとにゲームシステムが大きく異なるのが特徴である。
地球の地下世界で展開される『初代・プロジェクトファンタズマ・マスターオブアリーナ』の「初代三部作」
初代三部作の続編で、舞台を火星に移した『2・2アナザーエイジ』の「2系」
再び地下世界へ、そしてその後の地上進出を描いた『3・3サイレントライン』の「3系」

それぞれの作品ごとに長所と問題があるものの、全体の評価は上々で、長らく愛されているシリーズである。
しかし、『アーマード・コア ネクサス』から始まるN系は、それまでの作品に比べて大きくゲーム性を変更され、
なおかつ系列作品ごとのゲームバランスも非常に差が出ており、シリーズファンの間でも賛否両論の声が大きい系列となっている。