セーブデータ管理

MAGICUSはオートセーブであり、セーブデータも1個しか運用できない。
Ver.2.00以降、セーブデータを最大3つまで運用できるようになった。
タイトル画面の「データ選択」から管理が可能。
・削除
「✖」アイコンを押すとそのセーブデータの削除が可能
削除前には確認が入る
・コピー
「C」アイコンを押すと、そのセーブデータをコピーして他の場所にペーストできる
・復元
セーブデータ1のみ選択可能
バックアップからデータを復元する


またこれに加えて、セーブデータが保存されているフォルダを手動で保存しておけば複数のセーブデータを運用可能。
ただし仕様外なので自己責任で。
(※詳しいセーブデータの場所は「Unity セーブデータ 保管場所」などで検索。)

PC版のセーブデータの場所は以下の通り。(※Windows10の場合)
Windows(C) > ユーザー > (ユーザー名のフォルダ) > AppData > LocalLow > KEIZO > Magicus

この「Magicus」フォルダを別の場所に保存しておけばよい。


最終更新:2020年06月03日 11:19