少名針妙丸=リムドワーフ

「御伽の国の小さな勇姿!リムドワーフ!」

特別編『名産奇跡獣道中編』で初登場。
私立妖山学園初等部の2年生。8歳。キスメとはクラスメイトで大親友。愛読書は『進撃の●人』。
普段は輝針区の手芸用品店を経営する家族の元で暮らしている。身長はヴィリームの中では最も小さい。
ヴィリームになった経緯は不明だが、どうやらヴィリームになってからまだ日が浅いらしい。
スペルカードに託した夢は【正義のヒーローになりたい】

変身後のリムドワーフはマゼンタ色を基調としたコスチューム。
マゼンタ色の甲冑と頭にお椀型の黒い兜を纏った姿で、右手には小槌を模した先端が尖った槍を装備。
大きさを自在に変える能力を持ち、自分や他のヴィリームの巨大化や縮小も可能だが、制限時間があり長くはもたない。

必殺技は「ヴィリーム・ドワーフ・タイタン」。
槍を持って大ジャンプ、空中から相手目掛けて突撃し、貫くように槍を刺す。


(二年後編では)
大親友のキスメが行方不明の両親を探すため、ミラクルアースに帰ると聞いてその手伝いを申し出る。
トワイライト・フロンティア・スクールにともに入学し、ともに新たな異変に立ち向かうことに。