※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〈気の合うふたり〉

概要


《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》
キャラクターカード
コスト1/赤/CP3000/RANK1
【制服】/【ラクロス部】/【光の園】
ボーナスアイコン:なし
このカードは、自分の「雪城 ほのか」がフロントにいる場合、CP+1000を得る。
このカードは、自分の「ミップル」がフロントにいる場合、CP+1000を得る。

気にしないメポ!ちょっとは気にしてよね!!

《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》
キャラクターカード
コスト1/青/CP3000/RANK1
【制服】/【科学部】/【光の園】
ボーナスアイコン:なし
このカードは、自分の「美墨 なぎさ」がフロントにいる場合、CP+1000を得る。
このカードは、自分の「メップル」がフロントにいる場合、CP+1000を得る。

明日からテストなのよ。ほのか、頑張ってミポ!

デッキ構築に関して

《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》は共に最大数が基本となる。
それを受けた上で、各コスト帯を決めて行く。

キャラクターカード

《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》美墨 なぎさ【ラクロス部】【光の園】【制服】のサポートカードの恩恵を受ける事ができる。
《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》雪城 ほのか【科学部】【光の園】【制服】のサポートカードの恩恵を受ける事ができる。
そのため、様々な構築を視野に入れる事が可能となっている。

中心となるカード
美墨 なぎさ【ラクロス部】【光の園】【制服】を持ち、サポートパンプ3種とサーチ6種に対応する。
特に【ラクロス部】のカードプールにタッチできるのは大きな利点。

雪城 ほのか【科学部】【光の園】【制服】を持ち、サポートパンプ3種とサーチ6種に対応する。
【科学部】【ラクロス部】に比べカードプールは劣るが、該当カードが全て【制服】を持つ。


その他のカード
美墨 なぎさ雪城 ほのかを共にサーチでき、《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》を共にサーチできる。
さらに美墨 なぎさ雪城 ほのかのダブルネームであるため、《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》が揃っていなくとも、テキストを適応させることができる。

こちらも美墨 なぎさ雪城 ほのかのダブルネームである。
《雪城 ほのか&美墨 なぎさ》に比べ、【制服】を持つため《桜組の仲間たち》に対応し、コネクトアタックを持つ。
コネクトアタック時効果も、1枚ドローと強力であるため、メインコネクトアタッカーとして使用できる。

ステータス自体はただのコスト3バニラであるが、ミップルメップルを持つ。
そのため「気の合うふたり」が揃っていなくとも、テキストを適応させることができ、安定性を上げることができる。
特にサポートパンプとして《光の王子 ポルン》を採用していた場合は、積極的に採用したい。

《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》を共にパンプできる唯一のサポートパンプである。
《ミップル&メップル》もサポート対象となり、シナジーが高い一方で、コスト4以降にはパンプ対象が存在せず、中盤以降では威力が発揮しにくい。
無理にこのカードを採用せず、他のサポートパンプを採用するのも手である。

イベントカード

デッキトップ4枚から【制服】サーチするテキストを持つ。
《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》に対応するサーチの1つで、コスト1のイベントカードであるためキャラクター登場前に使用し、欲しいカードを確保できる。
ただし、このカードを複数採用する場合、【制服】を持つキャラを多く採用する必要がある。

《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》共に対応するパンプイベントである。
どちらかが欠けても安定性が損なわれる上記2種をフロント維持するためにはかかせない。
《学院での活躍》も同様の事が言えるが、上昇値が心もとなく、追加テキストも有効ではないため、こちらが優先される。

戦術

マリガンコスト0のキャラ・《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》を揃える事を第一とする。
《大切な家族》も保険としてなるべく手札に維持しておきたいが、上記のうち2種を揃える事が先決である。
コスト0→気の合うふたり→もう一方の気の合うふたり」と順番に並べる事ができれば、序盤の盤面は完成する。
少なくとも「コスト0→気の合うふたり→美墨 なぎさ雪城 ほのかのダブルネーム」でCP5000の確保は行いたい。
それ以降は、気の合うふたりを維持しつつ、コスト4、コスト5のキャラへ移行していきたい。

デッキの種類・派生

基本的には以下の4つの軸が存在し、その中から2種以上を混合する。

〈美墨 なぎさ〉

美墨 なぎさを中心としたもの。
最大の利点はコスト0に《選ばれし勇者 メップル》を採用することで、コスト3以降にキュアブラックを採用できる点にある。
【プリキュア】を採用することにより、2種目のパンプイベントとして《希望がくれた新たな力》を採用できる。
一方で《桜組の仲間たち》【プリキュア】全てが対応せず、序盤の安定性が損なわれてしまう。

〈雪城 ほのか〉

雪城 ほのかを中心としたもの。
〈美墨 なぎさ〉同様コスト0に《希望の姫君 ミップル》を採用することで、コスト3以降にキュアホワイトを採用できる。
基本的には〈美墨 なぎさ〉と同じであるが、コスト4以降のキュアホワイトにはキュアブラックを指定しているものが多く、必然的に〈美墨 なぎさ〉との混合となる。

〈ラクロス部〉

【ラクロス部】を中心としたもの。
利点として、コスト0の《藤田 アカネ》追加登場させることができる点にある。
さらに《マキ》《美墨 なぎさ》コネクトを繋げる事ができ、【ラクロス部】では【制服】を持つものも多いため《桜組の仲間達》を多めに採用できるのも大きい。
しかし、コスト3バニラやメインアタッカーとなるコスト4以降の【ラクロス部】はほとんどが【制服】を持たない。
さらに、イベントカードによるパンプ《学院での活躍》しか存在せず、専用サポートである《最高の試合》も非力であるのが頭を悩ませる。

〈科学部〉

【科学部】を中心としたもの。
〈ラクロス部〉との同様の利点として《野々宮》追加登場《永井 さゆり》《雪城 ほのか》と連続コネクトが存在する。
さらに【ラクロス部】と異なり、【科学部】全てが【制服】を持つため、コスト3バニラ《桜組の仲間達》に対応する。
しかし、カードプールの狭さが目立ちコスト4以降にアタッカーとなるカードが存在せず、混合先に頼らなければならない。

弱点

《気の合うふたり 美墨 なぎさ&メップル》《気の合うふたり 雪城 ほのか&ミップル》のどちらかが退場するだけで、とたんに場が瓦解する。
そのため、それらに頼り切らず、中盤以降はコネクトなどで別のアタッカーへ移行するのが得策である。

また、コンセプト上序盤の速攻をメインとしているため、それらをメタするカードに非常に弱い。
その上、《石の番人 ウィズダム》やそれらと同様のテキストを持つカードにも弱く、攻め手が鈍くなってしまう。

代表的なカード


関連項目

最終更新:2013年03月06日 22:59