竜凰天駆(りゅうおうてんく)

+目次

概要

竜凰天駆とは、臥竜砕鳳凰天駆を組み合わせた奥義のこと。
作品により技の形態や表記が違う。
初出はLのセネル・クーリッジ。
英語版表記は「Dragon Strike」である。

登場作品

レジェンディア

強力なカチ上げから繋げる鳳凰天駆
分類 奥義 属性
HIT数 2 消費TP 39
威力 260 詠唱時間 -
習得条件 臥竜砕&鳳凰天駆の極意を得る
浮き効果あり、ダウン効果あり、副極意:即死効果
踏み込みながらの強力なアッパーで敵を高く浮かせて、その上で自らも垂直ジャンプ、
斜め上から炎をまとったドリルキックで追撃すると言う奥義
敵が臥竜砕で浮けば連続ヒットになり、合計ダメージもかなりのものと
なるのだが、逆に言えば臥竜砕が当たらないと追撃の鳳凰天駆
繋げられないという弱点も背負っている。良くも悪くも臥竜砕を起点とする技なので
移動回避目的では使えないのが残念なところ

+モーション画像
臥竜砕に引き続いて鳳凰天駆で追撃。
これぐらい巨大な敵でも宙を軽々と舞う

イノセンス

竜のオーラをまとい急降下蹴りを行う奥義
分類 奥義 属性
HIT数 1 TP 20→10
威力 700 詠唱時間(秒) -
習得条件 Lv40以上&飛天翔駆の熟練度Lv3以上
天駆表記。
空中発動可能。
消費TPは熟練度が上がるごとに減少
空中に飛び上がり炎をまといながら急降下蹴りを放つ。しまいやー!
鳳凰天駆とは違い竜のオーラを纏う攻撃。炎が竜をかたどるわけではないが。
威力がエルマーナの奥義中最も低いのと一旦飛び上がる動作のため、当てにくいことからあまり使われないが
空中の敵に使うことで2ヒットすることがあるためその場合は威力がかなり高くなる。
空中で出す際は飛び上がりが省略されるため発生が速くなるのも魅力。
以上のことから空中で出したほうが効果的な技といえるだろう。

台詞
しまいやー!

イノセンスR

全身に炎を纏い、急降下蹴りを繰り出す奥義
分類 奥義 属性
HIT数 TP 26
威力 詠唱時間(秒) -
習得条件 Lv52
凰天駆表記。
空中発動可能。
消費TPは使用回数が増えるごとに減少
R版ではまた技名の表記が変わり、しかしセネルのものとも異なる。一体何だというのだろうか...。

TOWレディアントマイソロジー

アッパーと錐揉み炎熱ドリルキックの合わせ技
分類 奥義 属性
HIT数 4 消費TP 40
威力 572 詠唱時間 -
習得条件 Lv65
浮き効果あり
敵をアッパーで浮かせてから、鳳凰天駆で追撃を掛ける奥義
アッパーが当たらないと鳳凰天駆が出ない点も共通
この作品の鳳凰天駆は2HITの性能だが、近づいて出すことで
3HITすることもある。が、この技の場合最初から近距離専用の臥竜砕
打ち上げることが条件のため、鳳凰部分は問答無用で3HITする
総攻撃力はセネルの術技で1、2を争うレベルであり、極めて有用な技となっている

TOWレディアントマイソロジー2

アッパーと急降下爆炎タックルの合わせ技
分類 奥義 属性
HIT数 2 消費TP 13
威力 275(100→175) 詠唱時間 -
習得条件 Lv60
浮き効果あり
敵を突き上げて、上空から炎をまとった急降下攻撃を繰り出しダウンさせる奥義
前作の性能は何だったのか?というほど弱体化してしまった哀しい技
この作品の格闘家が持つ鳳凰天駆も3HITの性能があり、
その総威力はむしろマイソロ1より格段に上がっているほどである
ところがこの竜凰天駆に至ってはHIT数の半減に伴い総威力も半分に落ち込んだ
この作品のセネルに鳳凰天駆が無いこととあながち無関係でもないだろうが、
鳳凰部分が1HITしかしない性能にはアルファシステムにモノ申さずにはいられない
やはり臥竜砕部分を当てなければ鳳凰天駆の部分が発動しない

TOWレディアントマイソロジー3


バーサス



関連リンク

派生技

関連技

ネタ


添付ファイル