ガルデニア計画(ガルデニアけいかく)

+目次

登場作品

ハーツ・ハーツR

結晶界の戦乱を終わらせるべく、フローラいばらの森計画を発案したのと同時期に、クリードが発案した計画。
ガルデニアを起動して結晶人原界人の争いの思念・スピリアをガルデニアに喰わせる事で争いを終わらせるというもの。
しかし、ガルデニアは暴走し計画は失敗、結晶人は尽くスピリアを喰い尽くされ白化し、滅亡した。

+ネタバレ
失敗の原因は、ガルデニア起動の為に移植したスピリアがクリードのスピリアであった事。
クリードは、自身のスピリアなら勝手を知っているのでガルデニアを完全に操れると判断したが、
実は彼のスピリアには強い愛情への飢えがあり、彼自身がそれに気付いていなかった。
その愛情への飢えの強さが、ガルデニア起動の際に人々の繋がりを強く求める事となり、
その結果、ガルデニアは暴走、結晶界の全てのスピリアを喰らい、白化させてしまった。

関連リンク

関連項目

類似項目