キックラック(きっくらっく)

+目次

概要

キックラックとは、小石を蹴り飛ばして敵にぶつける技のこと。
初出はPS2版デスティニーのリリス。
Kick、Rockはもちろん英語で「蹴り」「石」を意味する。

登場作品

PS2版デスティニー

 
分類 特技 属性
HIT数 2 消費CC 2
威力 200(100×2) 詠唱時間 -
習得条件 Lv25
気絶効果
そこらへんの小石を蹴って、敵にぶつける特技。……特技?
蹴りは物理攻撃、小石は術攻撃としてダメージ計算される。
近くで撃つと小石のほかに脚も当たって2ヒットに。
当然といえば当然だが、空中発動は不可能。無い石は蹴れない。
ある程度のリーチがあり、遠くから連発すれば魔神剣のように敵に近づくことなくダメージが出せる。
一応地属性なので、弱点の敵には連携の起点として使えるかもしれない。

TOWレディアントマイソロジー2

石を適当に蹴る特技
分類 特技 属性 -
HIT数 1 消費TP 8
威力 180 (180) 詠唱時間 -
習得条件 初期習得
そこいらの小石を適当に蹴って敵に当てる特技。
およそテクニカルなポイントを消費する技だとは思えない説明文が面白い。
原作での地属性はなくなり、弱点を突く目的での使用が出来なくなったため、
原作よりもさらに地味な印象の特技になってしまっている。
しかしながら小石は相変わらず遠くまで飛ぶので、
敵陣に突っ込みたくないときには、小石を蹴りこみながら様子見するという戦い方ができる。
ただし原作のように素早く連発はできない。
その他には、モーションのコンパクトな特技として連携に組み込んでみても活用できる。
リリスラッシュだと前進力が強すぎて突っ込んでしまいそう、なんてときには便利。
個性派なリリスの技のなかでは、シンプルさに一利があるといえよう。

TOWレディアントマイソロジー3



関連リンク

派生技

関連技

ネタページ