ディズニー データベース

サーカスの団長

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

サーカスの団長

名前:Ringmaster
デビュー:「ダンボ」(1941年)

概要

ダンボジャンボが所属するサーカス団のリーダー。サーカスを成功させるべく、色々なアイディアを考えるがあまり当たらない。

主人公側に意図的な危害を加える訳ではないが、結果的にダンボ母子を引き離すなどの行動から、アメリカでは本作のサブの悪役として見なされている。ディズニーの歴史における観点からは、彼の姿やポジションが1年前の「ピノキオ」のストロンボリコーチマンの要素にインスパイアされている点も指摘される。日本語版では演出ゆえか、内田稔の名演によって茶目っ気のある憎めないオヤジとなっている。初公開時には喜劇俳優の古川緑波*が担当していた。

エピソード

ダンボ

団長率いるサーカスの一座は、機関車ケイシー・ジュニアを筆頭に次の町を目指す。オープニングパレードを無事に終え、サーカスが始まると、大きな耳の子象ダンボはいたずら小僧のスキニーにからかわれてしまう。ダンボの母ジャンボが激怒して暴れ出したため、団長は職員に命じてジャンボを檻に閉じこめる。

ある晩、団長はネズミのティモシーに暗示をかけられ、ダンボをショーのクライマックスに登場させる案を思いつく。しかし、ダンボは大きな耳が邪魔をして大事なところで失敗。ダンボはピエロ役に回され、笑われ者としての地位が確立してしまう。

ダンボはビルから飛び降りるピエロ役を再演することになるが、飛び降りたダンボは大きな耳を広げて空を飛び、団長やサーカスの一座、観客らは度肝を抜かれる。

このショーをきっかけにダンボはアメリカのスターとなり、耳には100万ドルの保険がかけられることに。 ジャンボも無事に解放され、親子には特別車両が与えられる。

ゲーム

Villains' Revenge

日本未発売のPCゲームでは悪役のひとりとして登場。サーカスをホラーテイストに変更してゾウたちを窮地に陥れるといった悪役ぶりを発揮しているが、ジミニー・クリケットとプレイヤーに阻止される。

登場作品

1940年代

1941年
ダンボ

1990年代

1999年
Villains' Revenge