frame_decoration

ピノキオ

原題:Pinocchio
公開:1940年2月7日
時間:88分
監督:ベン・シャープスティーン*ハミルトン・ラスク*
原作:カルロ・コロッディ*

1995 2003(SP) 2009(SP) 2009(Pt)



  • 目次

ストーリー

旅するコオロギ、ジミニー・クリケットは、時計職人ゼペットの家に辿り着き、一晩過ごすことにする。その家には木でできた操り人形ピノキオがいた。その晩、ゼペットが夜空の星に「ピノキオを本当の人間の子供にしてください」と願をかけると、真夜中に青い妖精ブルー・フェアリーがやってくる。ブルー・フェアリーはピノキオに生命を与え、「善悪を判断し、善い行いをすれば人間にしてあげましょう」と言う。成り行きから、ジミニーが勲章を褒美に、ピノキオの良心を務めることになる。ゼペットは生命を持ち、自由に動いて話をするピノキオを見て、大喜び。

翌朝、ピノキオはジミニーと学校へ通い始める。登校初日、ずるぎつねのJ・ワシントン・ファウルフェローとネコのギデオンのコンビに目をつけられてしまう。2匹は糸なしで動く操り人形のピノキオを人形座に売り飛ばし、儲けようと企んでいた。「スターの暮らし」を説くファウルフェローの誘惑に乗ってしまったピノキオは、親方のストロンボリに気に入られ、人形劇のスターとなる。

しかし、ストロンボリはピノキオを金の成る木としか考えていなかったため、鳥かごに閉じ込められてしまう。そこへ、ブルー・フェアリーが現れるが、学校をサボったことを隠そうと嘘をつくとピノキオの鼻が伸び始めた。ブルー・フェアリーはピノキオに「嘘はその嘘を隠すためにどんどん大きくなる」と教える。ジミニーの説得もあり、ブルー・フェアリーからチャンスをもらったピノキオは脱出し、家に帰る。

家に帰る途中、再びファウルフェローとギデオンに呼び止められ、遊びの島プレジャー・アイランドへ行こうと誘われる。またも誘惑に乗ってしまったピノキオは馬車に乗り、島へ向かう。悪童のランプウィックと親しくなったピノキオはジミニーの忠告に聞く耳を持たなくなってしまう。諦めたジミニーだったが、この島にいる子供はロバになってしまい、町に売り飛ばされることを突き止め、ピノキオの救出に向かう。

ランプウィックはすでにロバになっており、ピノキオにもロバの耳としっぽが生えてしまった。ジミニーはピノキオを連れて島を脱出し、家へと帰る。家に帰ると、ピノキオを心配して探しに行ったゼペットが、クジラの王様モンストロに飲み込まれてしまったことを知る。

+ ...
2人は救出に向かい、モンストロに飲まれるが、ピノキオの知恵と勇気でゼペットと共に脱出する。そして、モンストロの逆鱗に触れたピノキオはゼペットをかばい、体力を使い果たして気を失ってしまう。ピノキオが死んだと思い、悲しみにくれるゼペットとジミニー。そこへ、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオの行動をたたえ、本当の人間の子にする。ピノキオは目を覚まし、ゼペットと喜びを分かち合う。

そんなピノキオたちを横目に、旅を続けるため窓から出ようとしたジミニーがブルー・フェアリーの星を見上げて礼を言うと、ジミニーの胸には立派な勲章がつけられていた。

概要

心を持つ木彫りの人形ピノキオが、本当の人間になるために、誘惑に負けず、正直や勇敢であることの大切さを学んでゆく物語。ディズニーの長編アニメーション映画第2作として公開された。

AFIアメリカ映画100年*シリーズでのランクイン歴がある。

映画主題歌ベスト100 (2004年):7位
感動の映画ベスト100 (2006年):38位(アニメではトップ)
アニメ映画ベスト10 (2008年):2位(ディズニーが、『シュレック』(ドリームワークス)を除く9枠を独占した)

歴史

1937年9月、『白雪姫』の制作中に、ウォルト・ディズニーノーム・ファーガソン*が持っていた『ピノッキオの冒険』に興味を持つ。本を読んだウォルトは熱狂し、『バンビ』に続くスタジオの第3作の題材として選んだ。『バンビ』は動物のリアリティを追求するあまり制作期間が延び、『ピノキオ』が2作目に繰り上げられることとなった。

前作『白雪姫』は短い物語を想像力で長編へ膨らませていったが、『ピノキオ』の原作は長編小説だったためストーリーの手直しを行った。原作小説でのピノキオは冷たく生意気で観客の共感を得にくいキャラクターであったことから、キャラクターの創造にも時間を要した。当初のピノキオのデザインはエドガー・バーゲン*の辛辣な腹話術人形チャーリー・マッカーシー*をモデルにしたものだった。

オリー・ジョンストン*フランク・トーマス*が初期に手がけたデザインは木製の人形らしさが強調されており、フレッド・ムーア*のリデザインによって魅力的なものとなった。ハミルトン・ラスク*は若手アニメーターのミルト・カール*に水中のシーンをデザインするように薦めた。カールはピノキオに子供らしいチロル帽子をかぶせ、四本指の可愛らしい男の子として表現した。ウォルトはこれを気に入り、彼の性格も見た目に即した純粋で内気なものに変更することとなった。

1938年夏、ピノキオが頼りないキャラクターであることに目をつけたウォルトは、原作では物言うコーロギという口うるさいだけの地味なキャラクター(終盤、ピノキオに誤って殺されてしまう)をピノキオの良心役にあてることにした。ウォルトは『白雪姫』で担当した「ミュージック・イン・ユア・スープ」のシーンを削除されて退社を決意していたウォード・キンボール*にコオロギのスーパーバイザーを任せ、名脇役ジミニー・クリケットが誕生した。キンボールはコオロギであると同時に、「耳のない小さな人間」をモチーフにしたという。ジミニーは本作以降も『ミッキーのクリスマスキャロル』(1983年)などでも活躍している。

キャスティング

『白雪姫』の成功により、ウォルトは有名な役者をキャラクターの声優に起用したがっていた。ジミニー役はウクレレ・アイクとして知られるビルボードのクリフ・エドワーズを起用。ピノキオは子役を起用するというウォルトの希望で、『スミス都へ行く』(1939年)に出演した11歳のディッキー・ジョーンズが選ばれた。ウォルトはゼペット役の声優が気に入らず、制作を中断して適任者を見つけ出した。新しく選ばれたクリスチャン・ラブはゼペットのデザインにも影響を与えた。

ウォルトは『白雪姫』に登場するしゃべらないこびとのおとぼけを気に入っており、本作にも同じ要素を求めていた。その役目を担当したのはネコのギデオン。ギデオンはピノキオを誘惑するコンビで、J・ワシントン・ファウルフェローの相方である。ディズニーのライバルとも言えるワーナー・ブラザーズで一人でほぼ全役を担当していたメル・ブランクがギデオンの声を担当したが、こうした経緯の中ですべてカットされた。しかし、本作に登場するギデオンのくしゃみやしゃっくりはブランクによるものである。

アニメーション

1938年9月、アニメーション作業が開始。ジョー・グラント*率いるキャラクターモデル部門がマケットと呼ばれる3次元の模型を制作し、からくり時計や揺れる幌馬車の動きをアニメーターに研究させた。キャラクターの動きは『白雪姫』同様、実写のモデルの動きを参考に描かれた。

『ピノキオ』は特殊効果技術を大幅に向上させた。アニメーターがキャラクターの演技に集中し、特殊効果スタッフは雨、雷、煙、霧、影、水といった自然表現を実現した。同時進行の『ファンタジア』(1940年)の制作チームから抽象的演出のアニメーターのオスカー・フィッシンガー*ブルー・フェアリーの杖の演出に貢献した。特殊効果アニメーターのサンディ・スローザー*は水中のシーンの水しぶきや泡、波などの再現に苦労した。海は手前の物体を細かく描き遠くの物体をぼやかせることで深さを表現した。また、波のアニメーションをセルにトレースした後、アニメーターはさらに青と黒の鉛筆でトレースを繰り返して彫刻のような波を作り上げた。こうした工夫によって『ピノキオ』は芸術性の高い作品として認められるようになった。


キャスト

初公開版 旧版 再公開版
(ソフト版)
ピノキオ ディッキー・ジョーンズ 佐々木清和 後藤真寿美 初沢亜利
辻治樹
ジミニー・クリケット クリフ・エドワーズ 坊屋三郎 江原正士 / ?(歌) 肝付兼太 / ?(歌)
ゼペット クリスチャン・ラブ 三津田健 内田稔 熊倉一雄
J・ワシントン・ファウルフェロー ウォルター・キャトレット 三升家小勝 関時男 / ?(歌) 山田康雄
ブルー・フェアリー イヴリン・ベナブル 松田トシ 小沢寿美恵 一城みゆ希
ストロンボリ チャールズ・ジュデルス 中村哲 遠藤征慈 大塚周夫
コーチマン チャールズ・ジュデルス 古今亭今輔 金尾哲夫 辻村真人
ランプウィック フランク・ダロ 畑爽 牛山茂 新井昌和
内田崇吉
ギデオン メル・ブランク - - -
フィガロ メル・ブランク - - -
クレオ メル・ブランク - - -
モンストロ メル・ブランク - - -
兵士(マリオネット) メル・ブランク - - -
アレキサンダー ディッキー・ジョーンズ 下川久美子 宮川陽介
プレジャー・アイランドのスタッフ ジョン・マクリーシュ 岡田吉弘
金尾哲夫
牛山茂

※ジミニーの歌声は旧・新版ともに同じ俳優が担当している。また、ファウルフェローの歌声も旧版では別の俳優が担当しているが、新版では山田康雄が担当している。



用語集

ロケーション



楽曲

最終更新:2022年04月24日 20:38