※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

忙しい人のための要約: FPS初心者にはClan Arena (ca)がおすすめ。リアル系FPS経験者にはLast Man Standing (lms)がおすすめ。多人数のCapture the Flag (ctf)やAssault (as)もいいでしょう。Deathmatch (dm)は目にする機会が多いものの、強い人に有利なルールなので、慣れるまでは対人戦ではおすすめしません。

できるだけ多くの敵を倒すことを目標とするゲームタイプ

Deathmatch (dm)

全プレイヤーが同時に戦い、スコアを競うモードです。死ぬと貧弱な初期装備に戻るため、弱者に不利なゲームタイプです。

Arena (arena)

ラウンド制の1対1Deathmatchです。全プレイヤーが順番に参加します。ラウンドを終えると強者も初期装備に戻るため、弱者にとっては通常の1対1のDeathmatchよりもプレイしやすいと考えられます。

Keepaway (ka)

ボールが登場するDeathmatchです。ボールを持たないプレイヤー同士で戦っても、得点になりません。

Runematch (rune)

特殊能力を付与するアイテム(=rune)が登場するDeathmatchです。これを所持しつづけると得点となります。

Team Deathmatch (tdm)

2チームに分かれて、相手チームとスコアを競うモードです。ルールはDeathmatchに準じます。味方プレイヤーとの連携が重要となります。

Freeze Tag (ft)

ラウンド制のTeam Deathmatchです。ヘルスが0になると凍りついて動けなくなりますが、味方が一定時間接触し続けると解凍されます。相手チームを全員凍らせると得点となります。ラウンド後に全員の装備が初期化されるので、弱者にとってはTeam Deathmatchよりもプレイしやすいと考えられます。

Domination (dom)

コントロールポイントが登場するTeam Deathmatchです。コントロールポイントを占拠しつづけることで点数が加算されます。

できるだけ死なないことを目標とするゲームタイプ

Last Man Standing (lms)

復活できる回数(=life)に制限があり、最後まで生き残ったプレイヤーが勝ちとなります。マップ上の武器・アイテムはすべて取り除かれ、全快フル装備の状態で復活します。また、死ぬ以外に回復する手段がありません。このため、Deathmatchと比べて弱者がプレイしやすいと考えられます。

Clan Arena (ca)

2チームに分かれて、ラウンド制のチーム戦を繰り返します。一定時間内に相手チームを全滅させれば得点となります。ルールは概ねLast Man Standingと同じですが、自己ダメージがない点と、死ぬとそのラウンド中は復活できない点が異なります。初心者におすすめできるゲームタイプです。

盗んでくることを目標とするゲームタイプ

Capture the Flag (ctf)

2チームに分かれてスコアを競います。相手チームの旗を自チームの旗まで持ち帰ると得点となります。多くの場合、点対称あるいは線対称のCapture the Flag専用マップでプレイします。マップが広いため、多人数でもプレイできます。

Key Hunt (kh)

2~4チームに分かれ、ラウンドを繰り返してスコアを競います。すべての敵チームの鍵を自チームの鍵所有者の元に集めると得点となります。

できるだけ速く動くことを目標とするゲームタイプ

Race (race)

すべてのチェックポイントを通過する時間を競うモード。

Race CTS (cts)

ようはチェックポイントの順番がきまってないレースモード。

多人数用ゲームタイプ

Assault (as)

攻撃側チームと防衛側チームに分かれて、攻撃目標の破壊/防衛を目指します。ボットも上手にプレイできます。

Onslaught (ons)

2チームに分かれて、コントロールポイントを建設しつつ、敵のコントロールポイントを全て破壊することを目指します。

Nexball (nexball)

球技です。

コメント
名前:
コメント: