封牙刹那

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



基本情報


略歴

牙の国に住む少女。
ザールック1465年、それまで牙の国を守護していた風の巫女羅封将が、意見の食い違いから互いを剣で貫いた。
国を守護する存在を同時に失ったことに動揺した民衆を鎮めるため、神官たちは偶然その日神殿の近くに捨てられていた双子の子を、神座の生まれ変わりとして育てることとした。
神官自身は知らないことだが、皮肉にもこの双子は、本当に「一時眠りについていた」状態の風の巫女羅封将であった。

神官は、たまたま最初に名前をつけた封牙刹那風の巫女として育てた為、彼女は日々神殿に篭り、祈りを捧げる日々を送っていた。
しかし、ザールック1482年、牙の国は、リグライナ帝国の侵攻を受ける。
自分の祈りが何の意味もなかったことを痛感して絶望する刹那だったが、妹の舞に連れられて国から脱出、逃避行を続けるが、舞がリグライナ帝国との戦いを決意するのに対して、刹那はこの戦いと無縁の場所で自由に暮らしたいと思っていた。

ザールック1484年、フィリアの戦いに参戦するが、泥沼の戦場となったこの戦いの後、突如現れたラグダーナによって、羅封将であった過去の記憶を蘇させられる。
それに伴い、仮の姿であった人間の外見が崩壊し、羅封将の姿と記憶、能力を取り戻す。
更に、舞こそが風の巫女だったことも理解すると、それまで溜め込んでいた鬱憤が爆発、舞を心底憎み、彼女を斬り、その場から去っていった。

その後、自らの目標を失った喪失感からか、単純に自身の強さを確かめるため、確たる信念もなくラグダーナに勝負を挑み、互角の戦いを演じる。
更に、牙の国に戻ると、自分たちを拾った恩人であり、同時に自分を風の巫女として育てて自由の全てを奪った復讐対象でもある神官たちを殺害、風の巫女として覚醒した封牙舞との決着をつけた。
最後まで自分を呼び戻そうと手を差し伸べる舞に対して、刹那は怨嗟と呪いの言葉だけを投げかけながらその手を振り払ったという。

人物

  • 剣術に関しては、天賦の才を持ち、クロスビルに身をおいてから開花している。
  • 風の巫女として自由を奪われた生活を送っていた半生の反動が、羅封将になってからは、確たる信念を持たず、何の理由もなくラグダーナに戦いを仕掛けたりしている。

関連項目


最終更新:2013年02月06日 22:41