ガスタル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

サムルトン国主ミッツの信頼が厚い臣下。
6892年、クルーディア帝国と共和国サムルトンが連合軍を組み、リアムス自治国家に遠征を開始、ランドヴァルク作戦が実施されると、ルーニアの戦いドゥカースの戦いグラウスの戦いと連戦する。
しかし、ムゥナの策略により、突如裏切りを命令されると、クルーディア帝国軍を背後から突き、半壊させる。
更に追撃戦を行い、グラスシードの立てこもるカシルスの都を包囲。グラスシード達の脱出こそ許すが、都を陥落させ、三国の国境に位置した重要拠点カシルスの都(本来の名はシグリアの都)をサムルトンの支配下とすることに成功する。

6893年、ムゥナの護衛として訪れたパレス首都に、突如としてグラスシード部隊が出現、牙谷の戦いがはじまる。
ムゥナは、自分が撤退するための囮としてガスタルを戦場に置き去りにする。
これに憤怒したガスタルは、敵であるグラスシードではなく、ムゥナへの怨嗟の叫びをあげながら討ち取られた。

人物

  • 正規の将軍でないにも関わらず、手柄をたて、人望にも厚いファルザに対して激しい嫉妬心をもっていた。

関連項目


最終更新:2013年04月13日 03:12