戦法:ストラクチャー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次


シティの構築

  • PD発生
PDの発生源としてのストラクチャー。
現行での最高峰は「Imperial State Building」「Insurance Company HQ」「Statue of Liberty」の3種。
  • スキル
防衛することで大きなアドバンテージを得る。
攻撃力や防御力を上昇させたり、状況を作ったりと編成に合ったスキルを選択していきたい。
  • アクションアビリティ
ストラクチャーの持つアクションはかなり優秀。
ユニット展開を援けたりモンスター行動を援護したりと重要。
  • ダメージ
ハザードやスピアによって多段ダメージを叩き出す要因になる。
3ダメージ以上を出す最速は『パワーアタック→衝突→ハザード』。
4ダメージなら『パワーアタック→衝突&スピア→ハザード』=The Crystalline Building。
  • 妨害
スキルが弱かったり重複させたり、遠隔地でもこちらに優位になるスキルを持っているストラクチャーを敵陣に配置する。
ビル配置数の少ないマップほど有効に働く。
  • 編入数
1個で十分役割を果たせるストラクチャーもあれば、5個編入して問題のないストラクチャーもある。
ダメージ・妨害系に使えるビルは多くても良い。
能力重視のビルは自陣でしか使えない分少量でよい。
もちろん保険に2個入れるのもありだが、12個という選択肢は多いようで結構少ない。

配置の戦略

  • 連鎖
ビルが連鎖して置いてあると少数のユニットでビルを防衛できる。
基本マップだと各陣地に2箇所ある。
  • 保険
メインで防衛する連鎖ポイント以外に単独で高価の高いビルを散らして配置する。
リミテッドでないものを複数入れたりするのも重要(保険会社など)。
  • 妨害
相手の連鎖を止めるのが主目的。
隣のビルと同じスキルを持っていたりすると無駄になって良い。

防衛

ストラクチャーの防衛は2個が限界と思って良い。
3個目は移動過程で確保するのが定石だが、隣接による妨害やパワーアタックの応酬で破壊されることが多いので安定しない。
初期配置時にどのスキルが自分の編成や戦術に必要か良く考えて配置する必要がある。
スキルにはユニット戦で有利なものとモンスター戦で有利なものがある。
どちらも重要ではあるが、防衛できるストラクチャーには限りがある以上欲張るのは自滅への一歩。
良く吟味して自分の編成に合ったスキルを選択して活用できるようにしよう。

UAを有利にするスキル

  • ディスカウント
ユニットフェイズのADを節約するスキル。
かなり有効なスキルではあるが、MAとUAを交互に行うような状況でないと効果が薄い。
  • インテル
ユニットフェイズのADを節約するスキル。
ディスカウントと併用すればかなりUAで色々凶悪なことができる。
  • ステータス強化
移動力や射程を伸ばしたり、スキルを付与したり、BD増加させたりと様々。
弱点を補ったり長所を伸ばしたりと重要ではあるが、どちらかと言えばUAを有利にする為のスキル。
MA重視ならば無理に使わない方が良い。

MAを有利にするスキル

  • シャッフル
連続行動の基本になるスキル。
PDは大量に出せてもADを確保する手段は少ない。
地味ではあるが、チャンスに乗り、ピンチを回避する為には必須のスキルである。
  • PD増加
PDの増加量を増やすスキルは色々ある。
PD安定供給はMAプッシュには欠かせないので、効率よく連鎖させよう。
  • サブシダイス
パワーフェイズの安定度が格段に上がり、少ないADでパワーアップできるのでMAプッシュには必須のスキル。

ストラクチャー毎の戦法

Apartment Building

注目すべきはディスカウント。
ユニット展開を補助する強力なスキルなので、余裕があれば確保しておきたい。
ラディカルズの貴重な回復源なので、それ以外の場合は早々に破壊しておきたい。

Bank Headquarters

Downtown High-Rise

モニュメント系のビルとの相性が最高で、基本は隣接するように置いてPDの確保が出来るようにする。
Statue of Libertyの横が最も輝くだろう。
複数確保しても効果が無いので、Imperial State Buildingを確保するのが見え見えな相手の陣地に配置すると、スキル確保できなくてかなりうざい妨害になる。
あまり置き過ぎると後半の保険として機能する場合があるので注意。
燃えるので中央ならば適当に配置してもダメージ源として機能する。
複数編入しても問題ないビルだ。

Nuclear Power Plant

回復・ダメージ・PD発生とかなり万能だが、1ファンクション限定と考えても良い。
他ファンクションだと万能性が失われるが、それはそれで重要。

Office Building

Insurance Company HQを主軸に戦う相手への妨害ビル。
シャッフルは効果が重ならないので、自陣奥に複数置かれるとかなりうざい。
シャッフルをこれで維持しているとユニットレベルの攻撃で軽く破壊されて、連続行動できなくなったりする。

Oil Refinery

中盤に防衛していると光るビル。
地味だが効果は大きいので、余裕があれば自陣に配置しておきたい。
無くてはどうにもならないというビルではないので、中央に置いてダメージ源として活用しても良いだろう。
相手陣地に置くと意外と活用されてしまうので気をつけよう。

Radar Array

序盤から終盤まで堅守したいビルの1つ。
ブラスト型の編成ならば戦略の基幹になるビルなので、絶対に壊されない位置に置きたい。

Skyscraper

TV Network High-Rise

Government Building

貴重なサブシダイス用ビル。
問題は能力だけならもっと優秀なStatue of Libertyという存在。
防御力が高く、スキルが少ないので相手からの攻撃目標になりにくいのが秀逸。
後半戦を見越してDowntown High-Rise等と隣接させると輝く。

The Crystalline Building

基本は4ダメージ狙い。
モニュメントを持っているのでDowntown High-Riseと連結しておくと地味に後半のPD発生スポットとして活躍する。
トレードセンターの効果も後半向きなので、ひそかに防衛を狙っていこう。
もちろん4ダメージを狙えるなら迷わず叩き込むべきだが。

Imperial State Building

単独でPD3個発生するので、第一ターンに確保する価値のあるビル。
中盤以降に残しておいて堅守することでPD3個の生命線を守るという戦術も良いだろう。
アトラクションも地味に強い。
防御力も最硬なので、ユニットレベルの攻撃で壊れる心配がほとんどないのも理想的。

Insurance Company HQ

インシュアランスとシャッフルという連続行動の為にあるビル。
ランページやストンプを多用するモンスターならば必須と言って良い。
もちろん相手がそのようなモンスターを使う場合に防衛しても美味い。
シャッフルのあるビルは特に攻撃目標になり易いので複数置く価値のあるビルだろう。
防御力が高いのも高評価だ。

Statue of Liberty

防御力が低いという一点を除けばモンポカ中最強のビル。
攻撃目標になり易く、ユニットレベルで破壊されてしまう柔らかさなので、狙いたくても狙えない場所へ配置したい。
PD発生源として優秀であるだけでなく、スキルやアクションアビリティも貴重な能力を持っている。

Privateer Press

壊れない・移動できないという究極のビル。
アクションアビリティも超優秀だが、PD発生能力が無いのが残念。
中央付近に置くといろいろ役立つ。
相手の焦土戦術を見越して自陣奥に配置するのもありだが、その場合は可能な限りパワーポイントに隣接している場所を選ぼう。

Cathedral

配置妨害用ビル。
主要防衛目標の横かスポーンポイント付近か敵陣側中央に置くと地味に嫌がられる。
緑系能力がどうでもよいのも高評価。
スピアーなのでハザード耐性が無い種族にとって頼れるダメージ源にもなる。

Construction Site

防御が低く能力的に活用しにくいので配置妨害向きだが、ユニットがブロウル型の場合は自陣でのダメージ力強化に使える。
ホイストでビル防衛していたユニットが突然モンスターに隣接したり、フォーティファイドでブロウルのBD強化したり。
ホイストは移動系特殊能力が少ないファンクションで横にビルが連結しているマップだと中央のつなぎで活躍する。
燃えないハザードなのが高評価。

Electrical Power Plant

罠。
ディフェンス4なので、基本は敵モンスターが隣接している時にユニットコンバインかブラストでお手軽1ダメージ。
パワーアタックのトリガーにヒット&ランがあればラムで2点狙ってこちらは無傷なんて状況もw
お手軽な回復がある種族なら1ダメージと引き換えにPD5個ゲットと考えても悪くない。
Reach所持モンスターはノーリスクで高効率PD変換可能なのが憎らしい。
どちらかといえば中央付近に配置した方が活躍できそうだ。

Hotel

Music Producer

配置妨害用ビル。
オカルトユニットと超相性が良いので、相手がクトゥルーでなく、かつ自分がチュラバイトを入れてるならかなり優秀。
ダメージ源にはならないので、基本的にクトゥルー専用と思ってよい。
妨害で陣地奥深くにおく場合は、緑ディスラプトを維持されてしまうとユニットの攻撃力が著しく低下してしまうので注意。
置いたからには必ず破壊するつもりで。

Newspaper Building

攻め上がるタイプの編成(特にブロウルユニット)はあると便利。
スポーンポイント連結と中央の2箇所に配置すると電撃的に進行できる。
攻撃用のAD確保の為にも是非お薦めしたい。
燃えるので中央付近に置くことが苦にならない。

Posh Apartments

Apartment Buildingとほぼ同じ。
防御力とエネルギーが1上がり、スピアが追加されている。
パワーアタックを多用するならこちらを選択したい。

Publishing House

Sports arena

自陣より中央に配置することで白兵ユニットの橋頭堡とする。
自陣に配置すると硬いのだが、旨みが少ないのであまりおススメしないが、やって悪いわけでもない。
敵モンスターを自陣へ向けてスローすると大変効果的。

Stock Exchange

プロテクターズはImperial State Buildingと並べて防衛するとPD5個発生する。
何よりInsurance Company HQ対策としてあるだけで機能する。
シャッフルがあるのも憎らしい。

Tokyo Triumph

2本目のThe Crystalline Building。
防御力が低めなのでElectrical Power Plantと同じ使い方もできるが、モニュメントがあるので躊躇なくブラストで破壊されそうなのが残念。
緑シンクロナイズドムーブはかなり強力なので、モニュメントお得意のパワープロデューサー隣接を狙っていきたい。

Tokyo City Center

ユニット戦で真価を発揮する。
モンスターが関わると大抵ユニットはクラッシュするのであまり意味が無い。

the Pacific Eye

新能力ローラーは敵攻撃用ではなく、マップ舗装用能力と考えれば相当強い。
歩行系モンスターならば必ず投入しておきたい。
転がった後を消防車が駆け抜けて消火活動を始めると移動がラクラクだw
逆に移動系特殊能力があるアジェンダにとっては無用の長物かもしれない。

Telecom Company

地上モンスターの救世主。
緑Sprintでランページがかなり楽に使えるようになる。
緑ブラストの自爆は強制的に味方の連結を崩してチェインアクション対策になる。

Sewage Plant

配置妨害専用。
あまりに付加能力が無さ過ぎてびっくり。
相手に防衛されても全く痛くないので、『エネルギー:原子力』ならば相手陣地に置きまくろう。

Radio Telescope

ライズにあったあのビルを全否定w
途中から始めた人への救済措置。

Oil Company HQ

強力なPD発生源ではあるが、問題は初手で防衛するには微妙なところ。
緑アンステアブルは弱点とは言い切れない。

Defense Contractor

緑のブラストEnergy Drainが強力。
ダメージ源としても優秀なので中盤や自陣に配置したい。


最終更新:2010年07月08日 23:05
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。