BBCP2-状況別選択肢

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

防御側
  • バリア直ガで距離を離す
  • バクステ
  • 上いれっぱ(うしろジャンプ入力をし続けること。)
  • 無敵技
  • 暴れ(発生の早い通常技で割り込む)
  • ディレイ暴れまたはファジー暴れ(1~2Fの隙間には何も出さず、中段などの大きな隙間には通常技がでるタイミングで入力する)
  • ファジージャンプ(下段ガード入力→うしろジャンプ入力→下段ガード入力→飛んだときのためのバリア入力)
  • ファジーガード(下段ガード入力→20F後に中段ガード入力→下段ガード入力)

何かをガードさせた

JBをガードさせたあと(通常ガードで14~16F有利)

※バリア直ガされるとかなり困る

★★★2A>5A
直ガされても連ガ下段。バクステ入力、上いれっぱにも刺さる

★★★1F歩き6F立ち2A>5A
ディレイ下段(ファジー潰し)&暴れ潰し選択肢。
隙間1~3F直ガ時は歩くのやめよう。暴れ、上いれっぱに強い
バクステはたまに狩れる。
画面をみる相手にはアラクネの立ち姿が一瞬見えるためファジーしてしまう。

★★・6A
中段。上記を意識させてから使う。
昇竜、暴れ、バクステ,JBバリ直なんでも困る。
隙間7~9Fなんで、ディレイ暴れはしづらい。
上いれっぱにはバリガ強要、直ガでも大丈夫。

★・10F歩き5A>紫投げ
リジェクトミス誘い。

★・JB>JCすかし>2A
すかし下段選択肢。
隙間4~7Fくらい。昇竜、バクステ、上いれっぱ困る。
  • ★すかし>投げ or すかし>5A投げ
  • すかし>6A
※相手バリガ時はJCすかしの価値が上がる

★★・JB>JA>うしろjc低ダJ4B表
空ダや2段ジャンプしてないときのみ
ジャンプ残ってたらとりあえずこれでもいい。

★・着地後即J4B
バクステを狩れる。暴れに負け上いれっぱに弱い。

★・着地後即J4A
ジン、ハザマ、ライチ、タオカカ、ノエル以外対応の中段になります。3F早い上にうジャンプ逃げを捕まえやすい。

  • JB通常ガード確認>CT
アラクネのJBにはバリガをするのがセオリーなのだが、徹底していない相手にはCT
下手にCTをみせてバリガが増えてもすごいだるい。

JBをガードさせたあと(鳥使用時)(通常ガードで7~9F有利)

★★2A>5A
隙間1~3F直ガ時4~6F。
★・6A
鳥を使うと上いれっぱにも弱い。
★・JB>JCすかし>2A(なぜか鳥を使用してもすきまが変わらない、JCで着地すると消せるの?)
隙間4~7Fくらい。
  • JB>JCすかし>投げ
  • すかし>6A
★・5F歩き5A>紫投げ
★・JB>JA>うしろjc低ダJ4B表
★・着地後即J4B(J4A)

JBをガードさせたあと(相手空中)

  • 5A>ディレイ5A>ディレイ5A
少しずつ相手をおろさなくてはならないのでディレイ
★★最初の5A>前JA>うしろjc低ダJ4B表
相手の下半身がアラクネの顔と同じもしくはやや上のときできる。
★★下段→5A>5A>着地に2A
連ガ下段。
最後の5Aで相手の下半身がアラクネの顔よりやや下のときに2A入力。
2Aをすかすとかなり気まずいので自信がなかったらディレイ2A。
★★5A>5A>前jc低ダJ4B表
最後の5Aで相手の下半身がアラクネの顔よりやや下のときに
ジャンプ逃げできないような高さで使おう。

★中段→5A>5A>6A
最後の5Aで相手の下半身がアラクネの顔の高さで6A入力
J攻撃暴れは着地で何も出ずに、着地暴れは6Aが発生勝ち(本当にうまくいけば)
上いれっぱにはバリガを強要します。
二段ジャンプで逃げられます  
★5A>微歩き投げ
5Aを刻みすぎると間合いが離れてしまって投げにくい
最後の5Aで相手の下半身がアラクネの顔の高さで 
J攻撃暴れは着地で何も出ずに、着地暴れは発生勝ち
上いれっぱでも抜けれません(ジャストで重なれば)
二段ジャンプで逃げられます。

★(5A)>5B3発>リボルバー5A>前hjc
バリガ強要。
リボルバー後の5Aは単発にしないと意味ない。
その後2Aが届かないほど距離が離れるので、ジャンプから空投げかJ4B

鳥をガードさせたあと(相手空中)

★★うしろjc低ダJ4B表

空中直ガされたときのためにJ4Aの方がいいかも


JAをガードさせたあと(相手空中)

★JA*1~3>JB>JA>うしろjc低ダJ4B表

6Aをガードさせたあと

★★★2B→5A
直ガされても連ガ下段。バクステ入力にも刺さる
このあとは5Aで暴れ潰し、上いれっぱ潰しで攻め継続。
弱点はリーチ。遠いとすかる。

★★★・4B
屈ヒット時は6Aから連続ヒットするディレイ下段。隙間3F。
暴れ、上いれっぱに刺さり、6A後ならよほど先端じゃないとすからない。
昇竜、直ガ暴れ、バクステ困る。

★★・昇りJA>JB(キャラ毎の数)>JA
F式、みえない中段から34%回収
直ガしても烙印回収:テイガー(JB5)、ハクメン(JB5)レリウス(JB4)
直ガされると烙印回収無理:ラムダ(JB3)、ライチ(JB3)、ラグナ(JB2)、ジン(JB3),ハザマ(JB3)、ヴァルケンハイン(JB3)
烙印回収無理:ツバキ(JB2)、バング(JB2)、カルル(JB2)、ノエル(JB5すげー出来そう)、ミュー(JB2)、プラチナ(JB0)、、マコト(JB2)
F式自体無理:タオカカ、レイチェル、アラクネ

★★・昇りJA>うしろjc低ダJ4B表
F式、すごいつよい。
6Aヒット確認が重要になってきたよ。
テイガー、ハクメンは昇りJA>JB(キャラ毎の数)>JAのほうがいいです。
(ラムダ、ライチ、ラグナ、ジンも直ガじゃなければ)

★・垂直jc低ダJ4B(J4A)
上いれっぱにもガードさせられる。直ガだと逃げられる。

★再度6A


5Aをガードさせたあと

★★★2A>5A
直ガで2F空く。暴れを潰すにはディレイをかける。
直ガバクステはたまに狩れる

★★★・後ろhjバリガ相手の対空スカ>J4B
ラグナ6Aなど全体硬直が大きい対空技をスカったの確認。
またラグナ5Aのように打点の高い暴れに勝つ。
最速暴れ5Aには負けるのでそのときは下段択。
昇竜対策にもなる優秀な選択肢。

★★低空ダッシュ空中投げ
上いれっぱ対策

★★低空J4B、中空J4B
ガードする相手に低空、打点の低い暴れ(ex.ラグナ2A)には中空、

★低空J4A
発生が早い、いれっぱもつかまえる。
最速暴れに弱く、ディレイ暴れに強い。
ラグナ、ハクメン、テイガー、バング、アラクネ、ツバキ、ラムダ、レイチェル、カルル
上記キャラ限の中段になります。3F早い上にうジャンプ逃げを捕まえやすい。

★・後ろhjバリガ頂点JD>着地5A
飛んだの見てからのラグナ6Aの硬直に差します。
ガードさせて2F有利なので着地5Aで暴れ潰し。
昇竜対策。

★・6A
裏の選択。
暴れ潰しをしてから使おう。

2Aをガードさせたあと

★★2A>5A

★★5A
リボルバーで5Aヒット確認。

★6A

生6B、5Cを空中バリガされたあと

★・昇りJA*1~3>JB>JAjc低ダJ4B表

生6B、5C、4Bを地上ガード

★★★・後ろhjバリガ相手の対空スカ>J4B
★★低空ダッシュ空中投げ
★★低空J4B、中空J4B
★低空J4A
★・後ろhjバリガ頂点JD>着地5A

2Cガードされてrcしたとき

★6A/★2A

★★J4B
割とどのタイミングでもいい感じ

6Cガードされてrcしたとき

★・JA
連ガ中段
★・着地最速5A
隙間4F。暴れ潰し。

2Drc2Drc2D

先端だと飛びづらいけど、どうだろう
最終更新:2014年11月01日 23:10