ガムラントランス / GAMELAN TRANCE

【ガムラントランス】

感じろプリミティブサウンドを!そして踊れ!僕はガムランが大好きです。

ポップンミュージック15 ADVENTUREで登場した楽曲。担当キャラクターはシャラ(3P)*1
初出がMAMBO A GO GOからの移植曲で、個人解禁イベントわくわくミミニャミ探検隊」で登場したイベント隠し曲

Gamelan de Couple / TOMOSUKE
BPM:150
5b-15
N-23
H-34
EX-39
新難易度
5Buttons NORMAL HYPER EXTRA
× 29 40 45
 元々はマンボの曲だが、beatmania、DDRへの移植を経てポップンにも登場。東南アジアの伝統楽器であるガムランは既にポップンに登場したKMからの移植曲と比べれば、メロディというよりもむしろリズムに重点を置いたというべきか。ラテン系の曲が多かったマンボでは異色の内容であったこともあってか、トランスならではの何度も繰り返されるフレーズがシンプルでありながら、沖縄音階と似ていることもあり印象に残りやすいものであった。稼動開始時に判明したシャラの裏譜面カラー版のハリアイ新規デザインは、おそらくこの伏線であったのだろう。移植元では、曲名にあやかって2人向け用の曲であり、キャラクターとしてはマラカスを持ったサボテンが印象的だったことを覚えている人もいるのでは。
 同じフレーズが続くためか、パターンの繰り返しが多いので両手の分担を決めておこう。階段メインで同時押しもそこそこ出てくるため、作曲者曰く指押し向けの配置が特徴的で普段からのプレイスタイルで体感難度が変わりそう。階段が苦手ならランダムも使うのもありだが、前述の関係で外れるとかなり押しづらくなるリスクが高め。EXになるとその傾向が顕著になり5・6・8メインの螺旋配置ということもあるので、同様に平押し派には不利な譜面構成だろう。なるべく筐体のボタンが軽めのところでやるのがオススメ。逆に言えば指押しの練習には最適で、右手が苦手ならミラーを使おう。

他のBEMANIシリーズへの収録

MAMBO A GO GO

  • 当時は2人プレイ向けの譜面だった。

beatmania

  • THE FINALで移植。表記BPMが138という詐称表示になっていた。
  • 微ズレが多く、ANOTHERは「EXPERT+」の10曲の中の1曲でもあった。

Dance Dance Revolution

  • EXTREMEで移植された。

REFLEC BEAT

  • groovin'!! Upperの「BEMANI MUSIC FOCUS」を通して、2015/02/26より登場。
    TOMOSUKE推薦の1曲。


収録作品

AC版
ポップンミュージック15 ADVENTUREからの全作品

CS版

関連リンク

TOMOSUKE

楽曲一覧/ポップンミュージック15 ADVENTURE