紅蓮寺工藤幕間その1

最終更新:

dangerousss3

- view
管理者のみ編集可

アンナウンスンー

■登場人物紹介
防府野屠(ぼぶの・ぼぶ):観客の少年。自販機の前で困っていた紅蓮寺工藤に
小銭を貸したところ、雷が降ち『フィクション・ファンクション』を受ける。
あだ名はボブ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「みなさん……僕はいま、秘密のアジトにきています」
ボブは匍匐前進で会場の裏に忍び込んでいた。選手や運営など関係者以外は
立ち入り禁止のエリアだ。

「写真もいくつか手に入れました……後でみなさんにもお見せします」
なんたる違法行為! だが彼の写真の大半はピンボケで何も写ってはいなかった。

彼は先ほど、世界を手に入れた。真実を手に入れた。
世界は物語だ。ここでは物語を競っている。票が勝敗を決める。
同時に、むくむくとわき上がる疑問もあった。彼には強い使命感があった。
この疑問を、運営に確かめなければ!

「そうだ……みんなが、勝ち残らせたいほうに票を入れるだって? どうなってしまう?
戦いたくない相手に票は入れない! 奇抜なSSは認められなく、無難なものが……
コワイ、課金な……?」
「君は何を呟いているんだね」
「アイエッ!?」

突如、上から声がしてボブは悲鳴を上げてしまう。
声の主は耳の長い人影であった。その者は後光をまとっている。コワイ!

「『消去法の判断は必要ない』……積極票を投じろとwikiも言っている。キミは
wikiも読まないで投票に参加するのかね?」
「ヒッ」
「それと、ダンゲロスは全て無料のコンテンツだ。参加するのも読むのもすべて。
当然お金を払ったって勝利を買うことはできない。正々堂々だ。わかったね?」
「アッハイ」

そうしてボブはひかる人影に連れ帰られ、一緒にホームパーティーをしました。
よかったね!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■登場人物紹介
エルフの戦士(えるふのせんし):ゾルテリアと同郷から流れ着いたエルフ族。
属性は光でジョブは戦士。同じエルフが戦うと聞いて見物に来たところ、トイレ待ちの
紅蓮寺工藤に順番を譲った関係で『フィクション・ファンクション』を受ける。