越前藩国 Wiki

市民病院機能停止に伴う国内の医療水準維持に関する御触書

最終更新:

author

- view
だれでも歓迎! 編集

市民病院機能停止に伴う国内の医療水準維持に関する御触書


越前藩国藩王 セントラル越前、ここに記す。

先だって発生したクーリンガンからの攻撃により、我が、そして我らが越前藩国の市民病院が壊滅的打撃を受け、現在その機能が停止状態に陥っている。
まずはこの争乱により命を落とされた医師、患者のご冥福をお祈りする。
が、これに伴い越前藩国国内の医療環境が急激に悪化することが危惧されているため、政府として以下の通り対応を行う。

一、比較的軽症な患者についてはかねてより開設を支援してきた地域診療所にて吸収し、処置を施すよう勧める。
一、医療品工場で必要となる医療品を増産し、地域診療所等の生きのこっている医療拠点に無償で配布する。
一、対処が必要となる患者に対し診療所が不足している場合、藩国の国庫より追加で資金を拠出して開設を支援する。
一、診療所レベルでは対処できない患者については、聯合国である宰相府藩国、よんた藩国、星鋼京、満天星国、涼州藩国と連携し、各国の市民病院へ搬送し処置を施せるよう、関係各国に対し支援要請を行うのもとする。
一、これらの措置において、国庫より最大で資金50億を拠出する準備がある。また、医療品増産の材料として、同じく国庫より最大10万tの規模で生物資源を拠出するものである。

以上。
記事メニュー