名を冠する者たち

なをかんするものたち

収録作品:ゼノブレイド [wii]
作曲者:ACE+(工藤ともり,CHiCO,平松建治)

概要

『ゼノブレイド』のユニークモンスター戦と一部のボス戦で使用される戦闘曲。
『ゼノブレイド』ではフィールド上に通常のザコ敵より遥かに強い二つ名つきのモンスターが点在しており(曲タイトルはここから)、
普通にストーリーを進行している段階ではあっという間に全滅させられてしまう強さのものも多く存在している。
そうした敵とうっかり遭遇してしまうとこの曲のイントロを聞きながら全力で逃げるハメになるのでプレイヤー間ではトラウマ曲としても定評がある。

ただし対抗できるレベルまでキャラを育てて臨んだ場合は、
激しいイントロから一旦ブレイクしたのちこちらの攻勢を思わせる曲調へ展開するところまで曲を聴く事ができるので
プレイヤー間では「この曲をサビまで聴けるかどうか」がその敵を討伐可能か否かのひとつの指標にもされている。
なお『ゼノブレイドクロス』の同等のポジション曲である「Uncontrollable」でも同じような指標が取られている。

ストーリー上では強敵に対して勝機が伺える局面で流れる事が多い。
いずれにしろ、『ゼノブレイド』をプレイした者にとって色々な意味で強烈に印象が残る曲である。

上記のようにBGMとしての一体感もさることながら、
ハードロック調でダイナミックかつアップテンポな曲であり非常に人気が高い。
初登場となった第4回のランキングでは「敵との対峙」や「機の律動」と共に高順位を獲得し、第5回ではとうとう1位に輝いた。
そして、みんなで決めるRPGバトルBGMランキングベスト100でも1位に輝いた。

大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS』では原曲がそのまま収録されており、ガウル平原ステージの裏音楽として流れるほか、同作に参戦した『ゼノブレイド』の主人公シュルクの勝利BGMもこの曲のアレンジである。
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』でもフィオルンの通常戦闘曲および複数必殺技使用時の曲として使われている。また、フィオルンの初登場となる第6話のタイトルとして曲名が使われており、同話のイベント後はこの曲に固定される。
続編の『ゼノブレイド2』では、「エキスパンション・パス」を購入することで追加される「スペシャルBGM切替」機能をONにし、シュルクかフィオルンをパーティに入れた状態でユニークモンスターと遭遇するとこの曲が流れるほか、『さらに名を冠する者たち』というこの曲を意識した楽曲も存在する。

過去ランキング順位

第4回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 5位
第5回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 1位
第6回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 3位
第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 6位
第8回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 7位
第9回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 2位
第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 15位
第11回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 12位
第12回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 10位
みんなで決めるRPGバトルBGMランキングベスト100 1位
みんなで決める任天堂ゲーム音楽ベスト100 16位
第2回 みんなで決める任天堂ゲーム音楽ベスト100 3位
みんなで決める2010年の新曲ランキング 2位
みんなで決める2015年の新曲ランキング 460位(PXZ2)
みんなで決めるゲーム音楽歴代ベスト100ランキング 9位

サウンドトラック

Xenoblade Original Soundtrack