ACE

エース

ギタリスト活動していた工藤ともり(TOMORI)と女優、演出助手、音楽をしていた山中ちこ(CHiCO)の2人組による音楽ユニット。
以前は「マユツバ」という名義で結成しており、主にゲームやCMなどの映像音楽の作編曲プロデュースを行っている。
元々女優や歌手であるCHiCOによる映像音楽の演出と、ジャンルにこだわらないTOMORIの幅広い作曲・編曲によって、数多くの楽曲を提供。
その他に音楽学校の講師や、アーティストサポート、大手レコード会社育成など多彩な活動をしている。

ゲーム音楽ではマユツバ名義の『64で発見!!たまごっち みんなでたまごっちワールド』が初作品となる。
その後はロボットポンコッツシリーズなどを手掛けており、作・編曲のみならず楽曲の実機コンバートまで行っていた。
2010年にはサポートキーボーディストである平松建治を臨時メンバーとして追加した、期間限定チーム「ACE+」で『ゼノブレイド』の音楽を担当した。
名を冠する者たち」、「敵との対峙」、「機の律動」、「ガウル平原」などを作曲して高い評価を受けている。

メンバー

工藤ともり(TOMORI)

ACE内では作曲・編曲・ギター演奏、プログラミングなどを担当。
結成前はジャズ、ブルース、ロック、ポップ、クラブ系、エレクトロニカなど多ジャンルにわたってギタリストとして活動していた。
ゼノギアスのアレンジアルバム「CREID」や、「植松伸夫の10ショート・ストーリーズ」といったアルバムではギター奏者として参加。
2011年に歌手のエミ・エバンス氏やピアニストの江草啓太氏と組んで、限定ユニットMASHCANTINOIZ (マシュカンティノイズ) を結成した。

山中ちこ(CHiCO)

ACE内では作曲・作詞・ボーカル・プロデュースなどを担当。
結成前は演劇で活躍しており、劇作家の唐十郎氏に師事。女優や演出助手をしており、演劇に使われる音楽の作曲・選曲も担当していた。
ボーカル担当として参加しているゲーム作品ではルミナスアーク3 アイズエミル・クロニクル・オンラインなどがある。
演劇音楽を手掛けてきたということだけあって、どのシーンにどの音楽を使うかという点には強いこだわりを持っているとのこと。

担当作品の一例



代表的な曲



リンク