小池雅人

こいけまさと

コーエー(現コーエーテクモゲームス)に所属しているゲーム音楽作曲家。
2002年にコーエーへ入社。主に『戦国無双』以降の無双シリーズ作品の音楽を担当しており、笛などの演奏も自分で行っている。
作曲した戦国無双猛将伝の「小牧長久手」が高く評価され、さらにその後『無双OROCHI』ではメインコンポーザーを担当。
三國無双シリーズでよく使用されるエレキギターと、戦国無双シリーズの和楽器をトランスをベースに融合させることで、
OROCHIならではの世界観を上手く表現することに成功し、続編の『魔王再臨』と『無双OROCHI2』ではサウンドディレクターを務めた。

作曲したものは『魔王再臨』の「KOTODAMA RUNNER」を始め、 『真・三國無双5』の「WELCOME TO CHINA」や、『真・三國無双6』の「赤壁の戦い・呉 Thousand Suns」など、
どれも無双BGMの中では群を抜いて評価が高く、無双シリーズの音楽の中核の一つを担う作曲家となった。

作曲作品の一例



代表的な曲