氷触体戦 セカンド

氷触体戦 セカンド


概要


(……みんなの……)

希望は! 希望はまだあるんじゃ!                              

(みんなの声が……聞こえる……!!)

                               たのむ! もう一度 見せてくれ!

(みんなの気持ちが……)

ぼくにも見せて! 希望の虹を!                                

(心が……!)

                               お願い! ボク達に もう一度!! 「    」さんっ!!

(自分の……背中を!!)


行けえぇぇぇぇぇぇぇっ!「    」!!!


本作のラストボス「氷触体(ひょうしょくたい)」の第二形態戦で流れるBGM。
第一形態戦は半分イベントバトルのようなもので、この第二形態戦から本番の最後の戦いとなる。

オーケストラをベースにした曲で、バックのクワイア音や鐘の音色が氷の結晶体である氷触体の冷たさや威圧感をイメージさせる。
またそれだけでなく、笛で奏でられるメロディアスな音色と大きく盛り上がるサビの箇所がとても熱い。
演出の方も凝っており、この戦闘はパートナーや仲間がいない主人公と氷触体との一対一でのバトルとなる。
さらに戦闘前におけるイベントも、負けられない気にさせてくれるようなものを用意してくるので、さらに熱い。
氷触体の「冷たさ」と対峙する主人公の「熱さ」を合わせ持った名曲として人気が高い。

なお次回作の『ポケモン超不思議のダンジョン』でも収録されており、調査団ランクをマスターランクまで上げるとジュークボックスで解禁されるが、
歴代ラスボスの内、氷触体が登場しないため、ジュークボックスで聴く以外に使用される場面は全く無い。

過去ランキング順位