照田明弘

てるた あきひろ

コナミに所属しているサウンドクリエイター。かつてはコーエー(現コーエーテクモゲームス)に所属していた。
90年代後半頃からコーエーで活動を開始。主に『ジルオール』などの作品を担当している。
中でも照田氏が作曲した「激闘」は『ジルオール』の代表曲として高く評価されている。
他にはもんすたあ★レースシリーズにも関わっており、サウンドディレクターを務めていた。

2000年頃にコナミへ移籍。小島プロダクションへ所属したようで、サウンドエディターなどの音響の仕事を行っている。
特にメタルギアシリーズを主に手掛けており、『メタルギアソリッド2』以降のほとんどのシリーズ作品を担当している。
小島プロダクション解散後もメタルギアシリーズの制作に参加。2018年の『メタルギア サヴァイヴ』ではオーディディレクターを務めた。

担当作品の一例