脳脳脳脳脳脳

のうのうのうのうのうのう【登録タグ:RINGO 初音ミク 音街ウナ
作詞:RINGO
作曲:RINGO
編曲:RINGO
唄:初音ミク、音街ウナ

曲紹介


歌詞

(動画より書きおこし)

無影灯に照らされた手術台の上にいる
冷たい金属の感覚が 意識をつなぎとめる

手離してしまいたいのに皮膚だけが切り取られていく
痛みは波動のように 脳から全身伝わるのだ

少し育ちすぎた爪先を折りたたんでも まだ
収まりきらないというので 形を整えました

心も体もどこか足りないままに
大人になってしまいました。

前頭前野の輝きにそれだけが意味を成すと
あなたを想うこの気持ちは私だけの幻か。

歩くほど血が滲み、視界は揺れていました。
気が付けば瞼が開かなくなり、偏桃体は腐っていた。


痺れも中身もどこか足りないままに
大人になってしまいました。

前頭前野の輝きに それだけが意味を成すの
あなたを想うこの気持ちが私だけの幻だ。

歩くほど血が滲み、視界が揺れていました。
ただ独りここに残る私は 感情がなかったのか…!

無影灯に照らされた手術台の上に居る
冷たい金属の感覚が意識をつなぎとめる

このまま呼吸さえやめて天使にでもなれたらな
麻酔の無い熱い刺激が夢すらも奪っていく。


コメント

  • 麻酔なしで手術って…怖いな。 -- 名無しさん (2018-10-16 20:03:59)
  • なんだこれ… -- 名無しさん (2018-10-25 09:48:12)
  • 好き -- 名無しさん (2018-10-31 09:53:39)
  • 好きだった...何よりもずっと -- 名無しさん (2019-01-02 20:35:34)
  • 今もずっと好きです -- 名無しさん (2019-12-05 01:49:06)
名前:
コメント:
最終更新:2020年03月28日 16:41