※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Bruteforce Save Data の応用編




BATファイル及びMSC用プラグイン化してBruteforce Save Dataを起動せず復号・暗号化する

BATファイルやMSC用プラグイン化する事により、改造する際に一々Bruteforce Save Dataを起動しなくても
復号や暗号化を行う事ができるので楽になる。
頻繁に改造したり、セーブデータを解析する際には、手間を省けて作業が早くなるかと。


前準備

  • 予めBruteforce Save Dataを導入しておく。
  • 暗号化キーの取得もBruteforce Save Dataで済ませておく。


BATファイルを作って復号・暗号化を行う方法

復号(Decrypt PFD)

cd /d %~d0%~p0
pfdtool.exe -g [ゲームID] -d [セーブデータのフォルダパス] [復号したいセーブデータ]
pause

暗号化(Encrypt PFD)

cd /d %~d0%~p0
pfdtool.exe -g [ゲームID] -e [セーブデータのフォルダパス] [暗号化したいセーブデータ]
pause

アカウントアップデート(Update PFD (Partial))

cd /d %~d0%~p0
pfdtool.exe -g [ゲームID] -p -u [セーブデータのフォルダパス]
pause

  1. 3行ずつテキストエディタにコピペして保存。
  2. 保存後のテキストファイルの拡張子をtxtからbatに変更する。
    ファイル名は分り易いように付けると良い。
    復号.batDecryptPFD.batなど。
  3. 作成した3つのBATファイルをBruteforce Save Dataと同じフォルダに入れる。
  4. あとはBATファイルを実行すればBruteforce Save Dataを起動しなくても復号・暗号化を行える。


BATファイル作成例

例)
白騎士物語 -光と闇の覚醒-を復号する。
セーブデータ(BCJS30042_00001)はBruteforceSaveDataをインストールしたフォルダに
savedataと言うフォルダを作りその中に入れる事とする。

■BruteforceSaveDataはCドライブ直下にインストールした場合のパス
Cドライブ
 └BruteforceSaveData
    ├BruteforceSaveData.exe
    ├pfdtool.exe
    ├sfopatcher.exe
    ├games.conf
    ├global.conf
    ├keys.elf
    :
    :
    ├savedata <<作成したフォルダ
    │  └BCJS30042_00001 <<白騎士物語のセーブフォルダ
    ├復号.bat      ┐
    ├暗号化.bat     │追加したBATファイル
    ├アカウント更新.bat ┘
    :
    :
    :

■復号.batの中身
cd /d %~d0%~p0
pfdtool.exe -g BCJS30042 -d C:\BruteforceSaveData\savedata\BCJS30042_00001 SYS-DATA
pause

■相対パスも可(パス指定は pfdtool.exe が基準)
cd /d %~d0%~p0
pfdtool.exe -g BCJS30042 -d .\savedata\BCJS30042_00001 SYS-DATA
pause


MSCを使って復号・暗号化を行う方法

MSC用プラグイン化すれば改造する際にBruteforce Save Dataを起動して復号・暗号化の手間が省ける。

BATファイルを指定する場合

EXEXE("[Bruteforce Save Dataフォルダのパス]\復号.bat","")
FILEOPEN(0)
  1. 既にBATファイルを作成してある場合はEXEXE命令でBATファイルを指定するだけでもOK。
  2. 2行ずつテキストエディタにコピペして保存。
  3. 作成したテキストファイルをMSC用プラグインが入ったフォルダに入れる。
  4. 改造前に復号して、改造後にアカウントアップデート・暗号化する。

pfdtool.exeを直接指定する場合

復号(Decrypt PFD)
EXEXE("[Bruteforce Save Dataフォルダのパス]\pfdtool.exe","-g [ゲームID] -d [セーブデータフォルダのパス] [復号したいセーブデータ]")
FILEOPEN(0)
暗号化(Encrypt PFD)
EXEXE("[Bruteforce Save Dataフォルダのパス]\pfdtool.exe","-g [ゲームID] -e [セーブデータフォルダのパス] [暗号化したいセーブデータ]")
FILEOPEN(0)
アカウントアップデート(Update PFD (Partial))
EXEXE("[Bruteforce Save Dataフォルダのパス]\pfdtool.exe","-g [ゲームID] -p -u [セーブデータのフォルダパス]")
FILEOPEN(0)
  1. 2行ずつテキストエディタにコピペして保存。
  2. 作成したテキストファイルをMSC用プラグインが入ったフォルダに入れる。
  3. 改造前に復号して、改造後にアカウントアップデート・暗号化する。


MSC用プラグインの作成例

例)
白騎士物語 -光と闇の覚醒-を復号する。
セーブデータ(BCJS30042_00001)はBruteforceSaveDataをインストールしたフォルダに
savedataと言うフォルダを作りその中に入れる事とする。
(BruteforceSaveDataをCドライブ直下にインストールした場合。)

■復号プラグインの中身
EXEXE("C:\BruteforceSaveData\pfdtool.exe","-g BCJS30042 -d C:\BruteforceSaveData\savedata\BCJS30042_00001 SYS-DATA")
FILEOPEN(0)

■相対パスも可(パス指定は pfdtool.exe が基準)
EXEXE("C:\BruteforceSaveData\pfdtool.exe","-g BCJS30042 -d .\savedata\BCJS30042_00001 SYS-DATA")
FILEOPEN(0)


pfdtoolのコマンド一覧

USAGE: pfdtool [options] command

COMMANDS       Parameters              Explanation
 -h, --help                            Print this help
 -l, --list    dir                     List entries
 -c, --check   dir                     Verify a database
 -u, --update  dir                     Update an existing database
 -e, --encrypt dir files...            Encrypt specified files and update a database
 -d, --decrypt dir files...            Decrypt specified files and update a database
 -b, --brute   dir elf offset files... Bruteforce a secure file IDs for specified files

OPTIONS        Parameters              Explanation
 -g, --game    product-code            Use a specified game setting set
 -p, --partial                         Don't update/verify all hashes
 -a, --advance                         The offset to advance each time while bruteforcing


最終更新:2013年01月21日 19:05