とある魔術の禁書目録 Index SSまとめ

SSスレまとめ/佐天「こ、こっから先は一方通行だァ!?」美琴「えぇー!?」

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
放課後、学校帰り
佐天「はぁ、来週は身体検査(システムスキャン)かぁ……」

佐天「どうせまたレベル0って判定されちゃうんだと思うと気が重いなぁ」トボトボ

黄泉川「んー? 憂鬱そうな学生が居ると思えばいつだかの講習生じゃん」

佐天「え?」

カクカクシカジカ
黄泉川「なるほど、事情は大体分かったじゃん」

黄泉川「何をクヨクヨしてるかと思えば……あの講習で少しはマシになったかと思ってたじゃんよ」

佐天「いや、別にまた後ろ向きになってるとかじゃないんですよ?」

佐天「ただ、こう、ハッキリと0って数字を見せられるとどうにもへこむというかなんというか」

黄泉川「まあ、一理有るのは認めるじゃんよ」

黄泉川(小萌先生ならこう言う時何か上手いアドバイスでも出来るんじゃんよ……)

黄泉川(けど生憎私は能力開発はそれほど詳しく無いじゃん)

佐天「え、えーと、だからその大丈夫なんで! そりゃ確かにちょっとテンション下がってましたけどほんと平気なんで……」

黄泉川(何か元気付けてやれるようなことがあれば……そうじゃん!)

佐天「……あの、聞いてますか?」

黄泉川「お前、佐天だったか? 明日暇じゃんよ?」

佐天「……はい?」


翌日、黄泉川のマンション前
佐天(で、何で私はここに居るんだろう……)

佐天(いや、あの後強引に明日うちに来いって押し切られたんだけどさぁ)

回想~
黄泉川「うちに能力開発に詳しい居候がいるじゃんよ」

黄泉川「口も目付きも悪い奴だけど、あれでなかなか面倒見のいい所があったりするじゃんよ」

黄泉川「だから明日うちに来て相談してみるといいじゃんよ?」
~回想終わり

佐天(まあ、ダメ元で相談するくらいなら、ね……?)


黄泉川の部屋
一方通行「で? 誰だオマエ」ギロ

佐天「ひぃ!?」ビクビク

黄泉川「一方通行、初対面の相手にそれは可哀想じゃんよ」

一方通行「あァ!? そもそも何で俺がこんなガキの相談相手なンざしなきゃならねェンだ」

黄泉川「だってお前霧ヶ丘付属に在籍してたぐらいの能力開発のスペシャリストじゃん?」

佐天(霧ヶ丘付属って常盤台とか長点上機とかと張り合えるぐらいのエリート校じゃ!?)

一方通行「オマエなァ……本人のレベルの高さと能力開発カリキュラムへの詳しさなンつゥもンは別もンだろうがよォ」

黄泉川「もうすぐ身体検査じゃん? この子、なかなかレベルが上がらなくて自信が無いんじゃんよ」

一方通行「人の話聞いてますかねェえ!?」

一方通行「チッ、おい」

佐天「は、はは、はい! 何ですか!?」オドオド

一方通行「オマエのレベルは? それと何の能力だ?」

佐天「う……その、」

一方通行「あン?」ギロ

佐天「ひっ、ぜ、0です! 私、無能力者(レベル0)ですぅ!」

一方通行「……はン、話にならねェな」

佐天「うぅ……やっぱり才能が無いんじゃどうしようもないですよね……」ショボーン

一方通行「ったく、0に何掛けても0だろうが。こんなンあのクソガキでも分かる簡単な計算だろうがよォ」

一方通行「黄泉川、一体何考えてこんな雑魚連れてきてンですかァ?」

佐天(ざ、雑魚って……何もそこまで言わなくても)ウルッ

黄泉川(いくらなんでも言い過ぎじゃんよ!?)ヒソヒソ

一方通行(何でこの俺がそこまで気をつかわなきゃならねェンだよ!?)ヒソヒソ

一方通行「……別に能力なンてあったからどうなるってもンでもねェだろ」

佐天「……ふぇ?」グス

一方通行「無能力者ってこたァ変なしがらみも責任も何も無ェって話だよ」

一方通行「下手なレベルの能力者よりよっぽど気楽だぜェ?」

佐天(……もしかして、フォローしようとしてしてくれてる?)

一方通行「そ、そォ、だからその……アレだ」

佐天(見た目は凄い怖い感じだけど……実は結構イイ人?)

一方通行「自分のペースでやるのがイインじゃねェの? ……多分」

佐天(そういえば黄泉川先生も実は面倒見のいい人だとか言ってたような……)

一方通行「あァー、なんだ、その……」

一方通行(なンだ? なンでこンなことになってンですかァ?)

佐天「そ、そうですよね、変に焦ったりするのはやっぱり良くないですよね」フフッ

一方通行「お、おォ」

佐天「あーあ、やっぱりダメだなぁ私。前にも色んな人に迷惑掛けて、心配掛けて……」

佐天「私、前に幻想御手(レベルアッパー)を使ったことがあるんです」

一方通行「……あン?」

佐天「能力が使えるようになったってことに舞い上がっちゃって」

佐天「初春……あ、その子は私の親友なんですけど、他にも御坂さんとか白井さんとかにまで迷惑掛けちゃって……っていきなりこんなこと言っても誰だか分からないか」

一方通行「おい、今なンつった?」

佐天「へ?」

一方通行「なンつったって聞いてンだろうがよォ!」

佐天(えぇー!? なんでいきなり怒ってんのー!?)

佐天「ごご、ごめんさない! すみませんすみません、本当に反省してるんです!」

一方通行「あァ? 何いきなり謝ってんだオマエ?」

佐天「……あれ? お、怒ってない……?」

一方通行「何に怒れってンだ? それとも単に怒られたいっていう変態さんですかァ?」

一方通行「いいからとっとと自分が言ったことをもう一度繰り返しやがれ」

佐天「え、えーと……御坂さんとか白井さんにまで迷惑を、」

一方通行「超電磁砲なンざどうでもいい、もっと前だ」

佐天「私の親友の初春?」

一方通行「もっとだ」

佐天「の、能力が使えるようになって舞い上がっちゃって?」

一方通行「それだ」

佐天(……ど、どれ?)

一方通行「ったく、それを早く言えってンだよ」

佐天「あ、あの? 話がよく……」

一方通行「さっき言ったばかりだろうが」

一方通行「0には何掛けても0なンだよ。才能が皆無だったら幻想御手でも能力は発現しねェ」

佐天「え、えーと?」

一方通行「0.5だか0.1だかしらねェが、オマエにはもうちゃンと能力があるっつゥことだ」


佐天「……え、えぇぇええーー!?」


一方通行「こォいう大事なことは先に言っとけ、黄泉川」

黄泉川「一方通行が勝手に話を進めたんじゃんよー」

佐天「わ、私にも能力がある……」

佐天「え、うそ、ほんとに……?」

一方通行「だからそォ言ってンだろうがよォ」

一方通行「おい、幻想御手で能力使ってた時のことは覚えてンのか?」

佐天「あ、た、多少は……」

一方通行(……自信さえ持てれば少しはマシになりそォだな、このガキ)

一方通行(問題はどォやって自信を付けさせるか。切欠なンざ何でもいいンだが……)

一方通行「黄泉川、あのパンまだあったよな?」

黄泉川「あのパンって、どのパンじゃん?」

一方通行「このあいだ打ち止めが面白半分で買ってきたあのパンだ」

黄泉川「あー、あのサプリがいろいろ入ったやつじゃん?」

黄泉川「何、お腹でも空いたじゃん?」

一方通行「なンで俺が食べンだよ。こいつが食うに決まってンじゃねェか」

佐天「はい?」

黄泉川「つうわけだから、はいこれ」

佐天「……脳を活性化させる十二の栄養素が入った能力上昇パン……?」

佐天(ええー……これ、効果あるの??)

黄泉川(つかあのパン効果あったんじゃん?)ヒソヒソ

一方通行(あァ? あるわけねェだろォがボケ。まあ見てろ)ヒソヒソ

佐天「あの、こんなパンで本当に効果が……?」

一方通行「ハッ、これだから無能力者は……」ヤレヤレ

佐天(そんなに大げさに呆れるほどなのー!?)

佐天(効果が無いことで有名なこのパンにまさかのレベルアップの秘密が……!?)

一方通行「能力の土台になるのは自分だけの現実(パーソナルリアリティ)だっつうことくらいは分かってンだよな?」

佐天「ど、どうにか……」コクコク

一方通行「じゃあ聞くがよォ、自分だけの現実てな一体何だ?」

佐天「……うぐ、や、その辺あんまりよくは……」

一方通行「チッ、まあそンなこったろォとは思ってたが……」

佐天(う、うぅ、何このプレッシャー)

一方通行「いいか、簡単に言うと信じることだ」

佐天「信じること……」

一方通行「思い込みなンて言い換えてもいい」

佐天(あ、なんか初春もそんなようなこと言ってたような……)

一方通行「自分は能力が使える、能力が使えて当たり前、そォいうのが最初の一歩なわけだ」

佐天「ふむふむ……」

一方通行「自分の能力を信じられねェ奴に能力は使えねェ」

一方通行「っつうわけでこのパンだ」

佐天(いや、だからどんなわけでこのパン!?)

一方通行「サービスだ、先に言っておいてやる。このパン、効果あンぞ」

佐天「マジですか!?」

一方通行「なァオイ、そこの黄泉川のこと、どの程度知ってンだ?」

佐天「えぇ? あー、いや、特別講習の時に少しお世話になったくらいで……」

一方通行「じゃあこいつは人を騙すような人間だと思うか?」

佐天「い、いえ。そんなことは無いんじゃないかなぁって」

一方通行「なら俺は?」

佐天「はいぃ? や、えーと、黄泉川先生が紹介してくれた人だし、その……」

佐天(え、何、何でいきなりこんな会話? さっきまでこのパンの話だったよね!?)

一方通行「十分だ」ニィ

一方通行「てめェが自分を信じられない、自信が持てないってンなら……」

一方通行「……この俺を信じろ」

佐天「あ……は、はい……」

一方通行「じゃあ食え」

佐天「へ? あ、ああはい、えと、いただきます……」モグモグ

一方通行「ついでに脳波計るからちょっと頭こっち貸せ」カチ

佐天「ふぁ、ふぁい」モグモグ

佐天(手をかざすだけで脳波が計れるなんてどういう能力なんだろ……)モグモグ

一方通行(さて、これで準備はいいな……)キィーン

佐天(……あ、でもなんか落ち着いてきたかも……このパン、実はすごかったりして)

一方通行「よし、それじゃ幻想御手使ってた時のことをよく思いだせ」

佐天「はい」

佐天「…………むむむ……」


フワッ


佐天「あ!?」

一方通行「やりゃァできンじゃねェか」ニヤ

佐天「うわ、うわ! え、うそ!? 本当に!?」

ソヨソヨ

一方通行「ま、その辺の扇風機のがなンぼかマシそうだけどなァ」

佐天「うぅ……た、確かに……パンの包装を吹き飛ばすので精一杯かも」

黄泉川「団扇にも負けるレベルじゃんな」

黄泉川「でも、使えてるじゃん? これならレベル1認定は確実じゃんよ」

佐天「はい! ありがとうございます!」

佐天「全然弱いけど、ちゃんと風が吹いてる……幻想御手も使ってないのに、能力が使えてる……!」ウルッ

佐天「本当になんてお礼を言ったらいいか……」グス

一方通行「ハッ、泣いてる暇があったらとっとと帰りやがれ」

一方通行「……でもって感触を忘れないうちに練習しておくンだな」

佐天「はい! 身体検査までに完璧に使えるようにしてみせます!」

※佐天帰った
黄泉川「で、一体どうやったんじゃん?」

一方通行「あン? 何の話だ?」

黄泉川「さっきあの子に能力を使ってたじゃんよ」

一方通行「別に、何もしちゃいねェよ」

一方通行「ちょいと脳内の分泌物の流れを操作して集中力を高めてやっただけだ」

黄泉川「うん? それだけじゃん?」

一方通行「幻想御手で能力が出たっつってたろォが」

一方通行「後は演算力を底上げすりゃ勝手に発現すンに決まってる」

黄泉川「でもそれじゃあすぐに元通りじゃん?」

一方通行「この俺を誰だと思ってやがる? だからあのパンなンだろうが」

黄泉川「でもあのパン、ただのパンなんじゃん?」

一方通行「俺らにとってはな」

黄泉川「?」

一方通行「プラセボ……プラシーボ効果っつったほォが通りがいいか?」

黄泉川「ああ、あのただの錠剤を風邪薬って言って飲ませると本当に風邪が治るってやつじゃん?」

一方通行「要はそれと同じことだ。あのガキが信じてる限りあのパンは集中力を高める効果を発揮するってわけだ」

一方通行「そのうち脳が能力の使い方を覚えちまえば、パンが無かろォがいつでも自由に能力が使えるようになってるってわけだ」

黄泉川「へぇ~、さっすが学園都市の第一位じゃん? 十分能力開発に詳しいじゃんよ」

一方通行「おだてたってもう二度とやンねェからなこンなこと」


後日
佐天「うっい春~~!」ブワサッ

初春「ひゃあぁああ!?」

初春「だからスカートを捲らないでっていつも言ってるじゃないですか!」

佐天「そんなことよりこれ見てよこれ!」

初春「そ、そんなこと!? ……って、これ身体検査の結果じゃないですか」

佐天「じゃじゃーーん!」

初春「あ、ああぁぁーー!」


更に後日、ファミレス
美琴「佐天さんが能力者(レベル1)になったって本当なの!?」

佐天「ぬふふー、とうとう私も能力者の仲間入りですよ」

初春「団扇にも負けるくらいの微風を起す程度の能力ですけどねー」

佐天「こら初春、そんなこと言っちゃう子は……こうだぁ!」ブワサッ

初春「だから捲らないで下さいー//////」

黒子「なるほど……捲り上げる時に風を起すことでより勢いよく、かつふんわりとスカートを、というわけですのね」

佐天「まさに私と初春のためにあるような能力だよね!」

初春「何言っちゃってるんですか!?」

美琴「でも良かったじゃない」

初春「良くないですよ!」

美琴「あ、いやそうじゃなくてさ、佐天さんの努力がやっと実ったってことでしょ?」

初春「あー、まあそれに関しては……」

佐天「えへへ、なんか御坂さんにそう言われると照れちゃいますね///」テレテレ

黒子「誰が何と言おうと、佐天さん自身の能力なのですから、もっと胸を張りなさいませ」

美琴「や、別に胸は張らなくてもいいんじゃないかな」

初春「ほんと、身体検査の日からずっと浮かれっぱなしなんですから……」

初春「これで後は素敵な誰かさんに振り向いて貰えれば言うこと無しですかねー?」

佐天「ちょ、初春それは内緒って約束でしょ!?」

黒子「ほほう? これは何やら恋バナの予感ですの」

美琴「へぇー? 急な能力の成長の裏にそんな話がねぇ?」

佐天「や、だからそんなんじゃないですってば!///」

佐天(うぅ、『これ以上ガキの世話なンて御免だからな』って口止めされてるんだよね……)

美琴「ねえねえ、どんな人なの?」

佐天「ほ、ほんとにダメですって、内緒なんです」

初春「この調子で、肝心なところははぐらかすんですよー?」

黒子「あらあら、それは是非聞き出さないといけませんわねぇ?」

佐天(ま、まずい流れに……ど、どど、どうしよう……!?)

佐天「こ、こっから先は一方通行だァ!?」※テンパってます

美琴「えぇー!?」


黄泉川「ジャッジメントとかもいいけどカウンセラーとかも向いてるじゃん?」

一方通行「寝言は寝てから言うンだな。俺ァもう寝るぞ」

黄泉川「ところで、『俺を信じろ』のところでちょっと言い淀んでたじゃん?」

一方通行「……別に、何でもねェよ」

一方通行(思わず三下の言ってたようなことを口走りそうになったなンて言えるか!)

                                           おしまい