k2d
k2d
 
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

木綿判


■性別
無性

■学年
学年外

■所持武器
療養中の少女(http://www45.atwiki.jp/debutvselder/pages/98.html

■ステータス
攻撃:0 防御:2 体力:6 精神力:4 FS(所持武器への愛):18

目的の達成  発動率:102% 成功率:精神攻撃


スタイル:アクティブ
タイプ:瞬間型
効果:精神攻撃による即死
範囲+対象:隣接1マス1マス全員
時間:一瞬(単発)
制約:精神攻撃

能力原理


とつぜん座布団の所持武器である少女がハイになって笑点のテーマを歌いだす。
誘われてきた敵と笑点の大喜利ごっこをする。
少女が「面白い!」と思うと。座布団を一枚与える。少女はハイなので、くだらない答えでも座布団を与える。というか、「座布団一枚!」と言いたいだけかも。
その座布団は『社』であるため、能力『蓬莱の歓待』によって無限に増やすことができる。
尻に敷いた状態で無限に増やすとどうなるか。
まず、天井に頭がぶつかる。常人なら即死だが、相手は魔人である。生きてるかもしれない。
次に、マッハ10で高高度空域まで押し上げられる。圧死・窒息死は確実か。
それでも耐えたとしても、地上→天井→天上→昇天である。宇宙域に達し、フリーザー細胞のないものは死ぬ。
とどめに、ブラックホールですりつぶされ、おしまいである。死体はホワイトホールから出てきて元の場所にに戻る。
そんなことをしているにもかかわらず、夢追は「10枚集めたら、ハワイ旅行ー!」などとノリノリである。罪の意識ぜろ。

「テーレッテレー♪」
「……」
「タラララッタラー♪」
「……」
「テンケケケンケン テンケケンテケン ケンケケケンケンケン♪」
「さっきから、ナニうたってるつもり?」
「笑点のテーマ」
「笑点!?」
「いい反応!座布団一枚!」
「そんなルールだっけ!?」
「『テーマソングを歌いながら防御側にタッチする』っていうルールじゃなかった?」
「それ、別のスポーツのような……」
「豆知識!実は笑点って沖縄じゃ放送されてないんだよ」
「へぇ」
「そこは『へぇ』じゃなくて、『ぱふっ♪』でしょ!!」
「絶対違う。……というか、やっぱりわざとメロディ間違えてたんだ」
「ぎゃふん」

キャラクタ説明


所持武器である夢追中が夢追が「大喜利ごっこ」するときに使う座布団が、木綿判である。
普段は他の家具と同様に居間でお留守番しているのだが、夢追が「ある演芸番組」にハマったことにより、夢追の懐中に常備されるに至った。
日曜の17:20~18:00まではみんなが茶の間に集まるならわしができた。

夢追中は、現在、奇病のため両足が動かせないので、座布団を無限軌道代わりに。


■座布団について
  • 作為的なまでに便利な存在である付喪神・社の一部分。
  • 夢追中、オウワシ、さがみ専用の座布団がひとつずつある。
  • しみやほつれが多いが、夢追中が何度も修繕している。
  • 味噌汁をこぼすこと八回。よだれがしみ込むこと十四回。
  • 木綿判は社であるため、自律機動できるし、10km/hくらいで座ったまま移動もできる。
  • 当然、擦れるため、裏面は鉄板加工。高座返しなんてしたら、ぎょっとする。
  • 飛ぶことができるが、座布団っぽくないという理由で否決。
  • 51cm×54cm。座布団の中ではMサイズくらい。「笑点」ではバランスをとるために、もっと大きい座布団を使っている。しかし、木綿判は社の一部なので大樹のように不動で波のようにうねる。
  • 『蓬莱の歓待』によって増やすことができるので、山田君は不要。松崎さんも不要。
  • 中綴は+である。
  • こだわりの100%ウール。スポンジなどもってのほか。
  • 洗濯バサミで両端をとめて干すため、徐々に伸びている。ふわふわさは失われかけている。
  • だが愛着は増すばかりである。

■社について
元は五つの付喪神が合わさって出来た付喪神であり、夢追のよき友。
(あまりにも便利な)五つの能力を備えている。

  • 袖中の箱庭:塀。
社全体の大きさを自在に縮める能力。
どんな簡易キャンプよりも簡易であり、頑丈である。

  • 蓬莱の歓待:土地
社の中にあるものを(つまり社自体を)無限に増やすことができる能力。
自然の恵みが尽きず、水は常に湛えられ、土蔵に眠るがらくたもいつの間にか増えているとか。
日常的になりすぎて忘れがちになってしまうが、これもまた大切な恵みだと、持ち主の少女は時折感謝している。

  • 夢の寄辺:民家
危険な時に、民家にある物を持っていると、持ち主の身代わりとなってくれる能力である。
持ち主は社の家屋の布団の中にワープする。
身代わりとなったものが壊れていなければ、またワープして戻ることが可能。
持ち主の少女にとっては大切なお守りであり、時間節約能力である。

  • サの便:土蔵
有形無形を問わずに収めることができる能力。
そのため、土蔵の中のがらくたの中に、喜びや悲しみ、妄想を注入することも可能である。
少女はこの能力を用いて、魔人能力のコレクションを趣味としている。

  • 忘失:神社
主観を失わせる能力。
この能力を受けた場合、呆っとするしかない。
最終更新:2013年02月15日 17:04