※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


雨乞いパーティ

雨乞いパーティ

雨乞いを使って、天候変化によって得られるアドバンテージを利用するパーティのことを雨乞いパーティという。通称雨パ。
ポケモンリーグ2007で国内準優勝、WCS2009では一応国内優勝を成し遂げた
実はその決勝では水技が一度も出なかったがw
WCS2010にてカイオーガが再び復活。今こそ04のリベンジの時

雨天候で主に利用されるのは、
  • 「すいすい」ポケモンの素早さが2倍になる
  • 水タイプの技のダメージが1.5倍になる
  • 炎タイプの技のダメージが0.5倍になる
  • 「かみなり」が必中になる
  • 「うるおいボディ」「あめうけざら」「かんそうはだ」などの回復効果を受ける

基本は炎半減以外の5つがメインになる
一応相手のソーラービーム・つきのひかり等の効果が下がるが、使用者が少ないため特に意味は無い

まず、すいすいポケの素早さが上がるというのはバトル(特に、このダブル)においては非常に大きなアドバンテージとなる
単純に、確実に先制攻撃が与えられるということもあり、相方も素早いポケである場合には、これに、集中攻撃のプレッシャーというものも加わる
さらに、すいすい持ちは水ポケモンであるため、凍える風が使えるのだが、
ただし伝説解禁環境以外ではターン制限があるため、こごえるかぜを使うことは稀

攻撃の主軸は2パターンで、ハイドロポンプとなみのりだったが、HGSS以降はだくりゅうが加わった

ハイドロポンプの威力はもともと高く、それが1.5倍
さらにハイドロポンプの使用者はボーマンダ、アメモース、ルギア以外全て水なのだからタイプ一致で威力270となり、その破壊力は大きい
命中率を無視すれば威力は10万ボルトの二倍近くにもなるために、特攻にそれほど振らなくても特殊攻撃力としては十分なものになる
また、すいすいと組み合わせると先制で相手に行動させずに倒すことも十分可能

もうひとつの主軸のなみのりは、味方を巻き込むものの威力70強とRS時代の1.5倍に強化され、一転して使える技となった
勿論味方を倒したのでは話にならないので、1/4のルンパッパ、キングドラ、パルキアが味方にいるとき
もしくはドクロッグかちょすい持ちがいるときに使うのがのぞましい。いざとなったらまもる
こちらはハイドロポンプと違い外れたり、集中砲火をまもられるといったことがなく安定しており、さらに合計火力も上回っているものの
味方を上手くそろえる必要性があり、分散するために相手を倒し切れなかったりすることもあるのが難点。

HGSS以降に追加されただくりゅうは命中率はハイドロポンプに毛が生えた程度だが
敵2体のみに当たり味方に当たらない分、コンボを用いないならばなみのりよりも強力なので
覚えるポケモンはこれに換装してしまってもよい

雷については命中率、PP以外は10万ボルトに劣るところがないため、これが必中になるのは大きな利点。
ただ、雨がきれたときのことも考えて10万ボルトのままであるということも考えられる。
逆に言えば、かみなりでなく10万ボルトを使用しているパーティは雨を使わずに戦うということも考えている。
ちなみに、水技と電気技というのは効果範囲の広い、つまり相方で比較的補完のしやすい技である。

ついでにメタグロスやヘラクロス等、炎弱点のポケモンが炎技を受けても1倍ダメージですむ
メタグロスがとても強いダブル環境ではどこからともなく炎技が飛んでくるので、
それを止められるのはメタグロスを使う上では大きな利点。ただしメタグロスを使わない場合は殆ど意味がない

ただ、天候パで最も天候に依存しているため、天気を変えられるととても弱い
特に晴れてしまうと雨に依存しないポケモン以外が使い物にならなくなってしまうため、なにがなんでも雨を維持しなくてはならない
日本晴れを持ったテッカニンorメガヤンマは永遠の天敵。04で雨パが優勝できなかった原因のひとつでもある。
ついでにポケモンリーグ07以降増えに増えたトリックルームパーティーとの相性もあまりよくない

よく使用されるポケモン

雨パにおいてよく使用される、使用される可能性のあるポケモン

水タイプ

 タイプ一致水技が更に1.5倍。すいすい、雨受け皿、貯水といった諸特性の恩恵も利用できるといいでしょう


カイオーガ
禁止級伝説だがWCS2010において解禁。特性あめふらしで常時雨状態にできる。スカーフしおふきで相手2体に大ダメージを与える
新技のだくりゅうも、なみのりよりダブル時の全体技の威力低下無効の仕様を引き起こしやすい上に味方に当たらない強技
とくこうが非常に高く、覚える技もだいたい雨で強化できるものばかりと、特性を利用した攻撃はかなり強力
だが同じく解禁されたポケモンが水耐性ばかりのため、単純にカイオーガ一強ではないようだ
型は水技雷冷凍守るor水技その2と、決まりきっているのですぐバレるのも弱点
しかも冷凍ビーム以外の技が(実際は冷凍ビームも)天候に依存しているため
天気が変わるととたんに戦闘力が2/3になる。特に晴れになると禁止伝説最弱クラスに成り果てる
使用する場合は常に雨になるように場をコントロールしないと案外活躍できない
とんでもなく重いため(450kg)、けたぐりと草結びは威力120になってしまいかなり痛い

非伝説天敵はルンパッパだったが、ユキノオーも仲間入りした
最近はラティオスもくさむすびで特大ダメージが飛んでくるため厳しい

ただし天候に依存しない非伝説に対しては圧倒的に強い(というか普通にやっていたらスカーフしおふきだけで試合が終わる)ので、
GSルールではないときには使用を控えよう

パルキア
HGSSにて念願のハイドロポンプを習得
禁止伝説でカイオーガの苦手な相手のドラゴンの弱点をつくことができる
勿論自分自身も相手のドラゴンから弱点をつかれてしまうのが難点
自身があまり雨の影響を受けないが、逆に言えば晴れにされた時にもまともに戦える数少ない水タイプである

マナフィ
うるおいボディ+ねむるで完全回復し放題で、さすがにここまで硬いと挑発やダブルの集中砲火があるとはいえ侮れない
とける+めいそう+ねむるで要塞化すると、レジスチル以上に手がつけられなくなる
アタッカーとしてはハイドロポンプを覚えないのが難点
攻撃技にはかなり困るが攻撃=特攻なので滝登りもあり
何気にスキルスワップを覚えるので相方が眠り放題になることもできるが、ネタに近い
また、WCSでは使用不可


ルンパッパ
特性「すいすい」から相手のねこだまし持ちにねこだましを打てる
水・氷技を半減する水タイプに強い一致の草技を持っている
弱点がマイナー(虫、毒、飛行)なので等倍の攻撃を2発耐えることはよくある
ハイドロポンプを持つ。また、キングドラと波乗りを打つことも


ハリーセン
雨パにおける爆発orアタッカー要因
こいつといえば大爆発。まずは大爆発。とりあえず大爆発、何かあってもすぐ大爆発
いいから大爆発しとけwそれ以外はどくづきで相手のルンパッパを狩れる、挑発を覚えるのが利点
こいつを使う利点=すいすい大爆発のため、相手のまもるを誘発しやすい
こっそり技マシンで覚えないくせに前作限定で使えてしまったりするつるぎのまいを使うのもいい

スターミー
素で高い素早さ(115)からハイドロポンプとかみなりを両方使うことができる
もともとさして高い決定力を持つわけではないが、雨が降っていればその分を補うことができる
サポートも優秀。重力でハイドロを必中、トリックルーム対策にトリックルームを持つことも

オムスター
水タイプの中でもトップクラスの特攻を持つ
その攻撃力は、玉持ち雨ハイドロで特化カビゴン確定2・HP252エンペルトを確定2
こだわれば特化トリトドン確定1・特化ディフェンスデオキシスのHPを9割削り、特化ハピナスの体力も半分より少し少ないくらい持っていくという化け物性能
反面サブウェポンには恵まれず、小回りが利かない上弱点も多かったが
プラチナにて大地の力・HGSSで濁流を習得し、ハイドロポンプオンリーではなくなった

カブトプス
雨パには珍しい物理アタッカー
たきのぼり、そしてダブル化したいわなだれで最速の怯みクソゲーが狙える
HGSSでけたぐりを習得し、カビゴンに特大ダメージを与えることが可能になった

キングドラ
すいすい。勿論ハイドロポンプを撃てる。HGSS以降は濁流もメイン技に
タイプの組み合わせがよく、水タイプを持っていながら電気が弱点でない。ドラゴンが弱点なのはきついが、弱点はそれしかない
ルンパッパと違い、猫だましを持っておらず、且つ弱点が一つしかないために自身が雨乞いを持つことはよくある
技はまもる 水技 ドラゴン技 雨乞いor水技その2の場合が殆ど
物理耐久はルンパッパを上回るため、二匹のうち物理に努力値を振るなら、キングドラが優先される
特殊耐久もほぼルンパッパと同レベルである
これはルンパッパも同じだが、強化アイテムをもてばカビゴンすら雨ハイドロ二発で倒すことができる
素早さはカムラやスカーフ持ちポケ、風かけられても抜かれたくないポケに対して調整されていたが、元のこいつの使用率もあり
いたちごっこと関係のない素早さ252が殆どになっている

使われる技:ハイドロポンプ りゅうせいぐん りゅうのはどう れいとうビーム めざめるパワー(電気) こごえるかぜ あまごい まもる
持ち物:ラムのみ いのちのたま しんぴのしずく ハバンのみ





電気タイプ

 何がありがたいって必中雷。その性質上、エレキブルみたいな物理系の電気タイプは恩恵を受けにくいのでご用心。

サンダース
他のポケとの組み合わせがつくりにくく、耐久の低さから電磁波も使いにくいために素早さを生かして雷の破壊力を生かすのが主と思われる
そのために命の珠を持っていることが多く、また、性格が控えめであることも考えられる
控えめ命の珠雷であれば、特殊耐久に振っていないカビゴンを確定2にできる火力が得られる
WCS2009の全国チャンプが決勝でサンダースを使用。実はうそなき持ちだが使わなかったようだ
HGSSで見切りを習得したため、封印爆破に対して耐性がある

使われる技:かみなり シャドーボール めざめるパワー でんじは あまごい みがわり みきり うそなき
持ち物:いのちのたま シュカのみ ヤタピのみ きあいのタスキ

ライコウ
サンダースと同様に使うことができるが、ダブルではめいそうが積みづらい上に素早さも極端に高いわけではない
ただ耐久力はサンダースよりかなり高いので生き残れる可能性は高いので、でんじはのつかいやすさはサンダースより上
わずかながらサンダースより特攻が高い
アホみたいに高い厳選難易度だったが、HGSSで多少は改善された

マルマイン
雨始動要員。とにかく速いが、マルマイン抜きスカーフ持ちに注意してきあいのタスキを持つことを勧める
補助技はでんじはやちょうはつなど優秀で、役目を終えたら大爆発で敵を巻き込みつつ退場してすいすい持ちを出そう

サンダー
プラチナ以降はねっぷうが有名だが、雨パで覚えさせてもなんの意味も無い
必中になる雷を利用して使用されることがある。耐久があるために雨乞いを持つことも多々
地面ポケに対してはルンパッパやキングドラで十分であるためにめざめるパワーを持つことは少なく、
相手の雨パに強くなりやすいほうでん、でんじは、ヌケニンキラーのどくどくが入っている可能性が通常より高い
また、雨パに使用されるポケの中でも、メタグロスやカビゴン等との相性がいいために、雷ではなく10万ボルトを用いて、雨がなくても動けるようにした型も多いと考えられる。その場合、めざパは入っている可能性がある

使われる技:かみなり ほうでん 10まんボルト めざめるパワー でんじは あまごい みがわり みきり どくどく
持ち物:オボンのみ ヤタピのみ カムラのみ じしゃく

ジバコイル
弱点の一つとなる炎は実質消え、一致雷の威力も凄まじくHP振りトゲキッスくらいなら確定1発
ダブルでは地震の威力も低いため、メタグロスのじしんクラスでも耐えることが可能
ただしHGSS以降はだいちのちからが飛んでくるため、これが当たるとシュカでもない限りまず助からない
ラティオスの珠めざ地もシュカがないと即死してしまうのだが、
すいすいパーティーなら、味方のすいすい持ちがこれらを縛ってくれることも多いため、相性は悪くない

使われる技:かみなり ほうでん めざめるパワー(水など) ラスターカノン でんじふゆう あまごい でんじは だいばくはつ まもる
持ち物:ヨプのみ シュカのみ

鋼タイプ

 炎が消えて、数少ない弱点が更に減ります。もっとも、等倍の水技の威力が上がる点にもご用心を。

ジバコイル
上記参照

ドータクン
雨が降っていて特性が浮遊なら弱点がなくなる
雨乞い持ちで爆発に強く自身も爆発できる優秀なサポート要因

メタグロス
説明ほぼ不要。
弱点の炎が消えるのでより扱いやすくなる。数少ない雨パ物理アタッカー。

ジラーチ
てんのめぐみ+かみなりorみずのはどうが強力
All100のため決定力、耐久力、すばやさは高いというわけではないが低いわけでもない
雨で弱点の炎は消える。じしんは弱体化しているため普通のポケモンなら一撃で倒すのは困難だろう
ただ一応禁止級ではあるため、極端に決定力が高いやつがそろっている禁止級においては弱点を突かれなくても倒される危険性はある
ほぼバトレボのランダム専用

その他のタイプ

 地味にゴウカザルが潰れてくれるので、ゴウカザルが天敵の子は雨の恩恵を直接受けられなくてもありがたかったりします。
ドクロッグ
WCS2009で一躍有名になったポケモン
雨なみのり主軸の場合は、味方のなみのりを受けるのに最適
ねこだまし&ちょうはつのサポートからけたぐりでのカビゴン潰し
どくづきでのルンパッパ、ユキノオー潰しまでそつなくこなす
アンチ雨パの筆頭でもある

ハピナス
雨状態ならばかみなりが必中であることを利用して、特性てんのめぐみと絡めてまひとダメージをばら撒く。
とくぼう及びHPの高さゆえ相手の特殊アタッカーは決定打を与えられないので相手の行動をある程度束縛できる。
てんのめぐみだと毒を回復できないのがつらいか。

カビゴン
天敵の一つであるゴウカザルが出にくくなるため、使いやすくなる。
雨パの天敵であるトリパやハピナス対策にもなる。

クロバット
雨状態であることによるメリットはまったくないが、特性せいしんりょくを利用して雨を降らせるのが目的
ブレイブバードで相手のルンパッパ、ユキノオーを潰すことも可能
バトレボではさいみんじゅつがインチキ臭い強さだが、
HGSS発売以降もさいみんじゅつとブレイブバードは同時遺伝ができない
使う場合はついばむ、もしくはエアスラッシュになる

使われる技:ブレイブバード ついばむ エアスラッシュ さいみんじゅつ いばる ちょうはつ みがわり まもる
持ち物:しめったいわ ソクノのみ ヤチェのみ

ヘラクロス
一応雨乞い使える。
味方でスカーフムクホや炎・ドラゴン縛れるし、雨パの敵であるユキノオーやヌケニン、エンペルトやレジアイスが潰せる。
雨パの場合は恐らくスカーフより小回りを利かすヘラの方が良い
自身がルンパが入ったミラー対決やハピクレセといった耐久への相手が得意。
ルンパグドラの穴を良い感じに埋めれる。
雨パのメタグロスの安定感と先制技を無くして、通常雨パが苦手とする相手への突破力を選んだのが雨パのヘラクロスといえるだろう。
使いやすい飛行を味方が縛ってくれるのが何より良い。

ラティオス
実はあまごいを覚える。こいつに向かって挑発する奴はまずいない上に素早いのであまごいを持たせるのも手
不一致とはいえこの特攻からのかみなりやなみのりは強力

トゲキッス
エアスラッシュでヌケニンやドクロッグに抜群取れるのは大きいが、何よりもこの指だろう。
ドータとかの遅い雨乞いポケの横において安全に雨降らせたり、ドロポン打たせたり出来る。一応雨乞いも覚える。
同じ飛行にはクロバットやサンダーもいるから、自由に選択すべし。

雨パ対策

雨パに強いポケ、及び技、戦術。当然だが、これらに強いポケモンも「よく使用されるポケモン」一覧に入っているため、全てのポケに有効であるわけではない。

有効なポケモン

ヌケニン
雨パの天敵と言っても過言ではないであろうポケモン
意識せずに組むとヌケニンに手も足もでない構成になっている可能性がある。

テッカニンメガヤンマ
片割れが天敵ならこっちも天敵
加速からのにほんばれを食らおうものならそれだけで雨パは壊滅してしまう。

ユキノオー
登場時に天候変化、ハイドロポンプと雷を半減するので対雨パ性能はなかなか
但しもう一度雨乞いされることも十分に有り得るので倒されないように注意

ランターン
雷無効、ハイドロポンプ半減、草結びのダメージも軽い
ランターンはハイドロポンプ、雷を両方使えるので相手の雨を利用することも出来る

ギャラドス
雨パ対策の一つである電磁波を最も有効に使えると思われるポケモン。
雨パのポケモンは電気ポケを除けばギャラドスに有効なダメージを与えがたいので麻痺を撒きやすい上、すいすいポケが苦手とするカビゴンの爆破を威嚇で押さえ込むことができる。
キングドラのめざパ(電気)も命の珠がない限りは一発耐えるので対雨パ性能はかなり高い。
唯一の難点は、主力技が水技であるために雨補正も受けられるが、キングドラ及びルンパッパへの直接ダメージはまったく期待できないこと。
使われる技:たきのぼり ストーンエッジ でんじは ちょうはつ みがわり まもる
持ち物:ソクノのみ カムラのみ たべのこし

クロバット
猫だましでひるまない上、ブレイブバードでルンパッパを倒せるために初手グドラルンパに対する数少ない対応策となる。さらに相手の雨を降らす手段がクロバットかマルマイン、サンダースでない限りは挑発でそれを防ぐことができる。
その他、ブレイブバードは草に抜群であるために対晴れパ機能もかなり高い。
日本晴れで天候を変えることも可能。

ハピナス
相手の特殊アタッカーに安全に麻痺を撒けるポケモン。
相手にカブトプスなどの物理アタッカーがいた場合は厳しいが、特殊中心になりやすい雨パにとってはかなりの強敵。

カビゴン
雨ハイドロなら集中で落ちるのだが、だくりゅうやなみのりの場合は集中すら耐えて自爆してくる。

ドクロッグ
WCS2009の世界チャンプのドクロッグパーティーは雨パではなくアンチ雨パである
水技が全く効かない上にルンパッパなどは一方的に弱点をつかれるなど最悪
しかもなみのり主軸の場合、いやでも使うたびに敵のドクロッグも回復させるハメになる

有効な技


トリックルーム
トリックルームを発動させるとほぼ確実に相手から先手を取れるので当然有利。おまけにすいすいが逆効果。

日本晴れ
晴れにすればすいすい無効化、ハイドロポンプの威力が激減。

自爆&大爆発
相手のアタッカーをまとめて倒せるのは魅力だが、爆発前に倒されないように注意。
また、雨パには身代わり持ちが多いので気をつけること。

ちょうはつ
雨乞い役に挑発できれば良いが、雨乞いはマルマインやクロバット、サンダースなどが持っていることも多く、先制しての挑発というのは難しい。
身代わり持ちに挑発して安全に爆発を決めるなどもアリ。

でんじは&こごえるかぜ
電磁波さえ当てれば相手のアタッカーが使い物にならなくなることもあるのでかなり有効な手段だと思われる
凍える風は1回当てても最速のキングドラなどから先手を取るのは難しいので注意。

ターンを稼ぐ

基本は雨が降っているのは5ターンなため、かなり有効な作戦だが、湿った岩を持っていた場合はターン稼ぎで雨が切れるまで待つのは難しい。
身代わりにも注意すること。
また、カイオーガはさすがに無理

一番いいのはこちらもカイオーガを入れておくこと??



参考パーティ

見せあい6→4で即席で考えてみた
悪いとこがあれば編集してくれ

サンダース
  • 性格:臆病
  • 努力値:素早さ252 特攻196 HP4 特防52
  • もちもの:ヤタピのみ
  • 技:かみなり めざめるパワー(氷) あまごい みがわり

アグノム
  • 性格:無邪気
  • 努力値:素早さ252 特攻252
  • もちもの:きあいのタスキ
  • 技:サイコキネシス だいばくはつ あまごい みきり

キングドラ
  • 性格:臆病
  • 努力値:素早さ252 特攻252
  • もちもの:いのちのたま
  • 技:ハイドロポンプ りゅうのはどう まもる どくどく

ルンパッパ
  • 性格:臆病
  • 特性:すいすい
  • 努力値:素早さ180 特攻252 残りHP
  • もちもの:ラムのみ
  • 技:ハイドロポンプ エナジーボール ねこだまし まもる

メタグロス
  • 性格:意地っ張り
  • 努力値:HP252 特防180 残り攻撃
  • もちもの:こうてつプレート
  • 技:コメットパンチ バレットパンチ かみなりパンチ まもる

カビゴン
  • 性格:勇敢
  • 努力値:防御188 攻撃252 残りHP
  • もちもの:オボンのみ
  • 技:おんがえし かみくだく じばく まもる

  • 補足
サンダースは守るを持たないため道具無しラティの流星群耐え調整、グドラは同族意識の最速、ルンパは雨時最速ヘラ抜き調整。
グロスは同族を抜く意味が薄いため、特防振りのみ(グドラのハイドロ耐え)。
そのままだとトリパ耐性が皆無なのでカビゴンを勇敢・最遅に。

基本はダースかアグノムに雨を降らせてもらってすいすいアタッカーが暴れる。雨サポートはルンパという形になるため、状態異常回復のラム。
カビの噛み砕くやグドラの毒はヌケニン対策。心配ならグロスに雪崩辺りをいれてもいいかも
因みにこのPTはスカーフヘラに壊滅させられかねないので、グロスをクロバとかに変えてもいいかもしれない


(wikiの非公式大会の優勝者が使用していたPT)
デンリュウ ♂ せいでんき あまごい かみなり リフレクター まもる しめったいわ
アグノム - ふゆう サイコキネシス だいもんじ スキルスワップ みきり きあいのタスキ
キングドラ ♀ すいすい ハイドロポンプ りゅうのはどう れいとうビーム まもる いのちのたま
カブトプス ♂ すいすい ストーンエッジ たきのぼり シザークロス つばめがえし こだわりハチマキ
マルマイン - せいでんき あまごい かみなり だいばくはつ まもる シュカのみ
クロバット ♂ せいしんりょく あまごい さいみんじゅつ とんぼがえり まもる こうかくレンズ