塔京ソウルウィザーズ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「塔京ソウルウィザーズ」は愛染猫太郎によるライトノベル。イラストは小幡怜央(スクエア・エニックス)。
電撃文庫アスキー・メディアワークス)より2013年2月刊行。
第19回電撃小説大賞銀賞受賞作品。担当編集は三木一馬副編集長。

アスキー・メディアワークスが荒らした作家スレによって話題となった作品。
電撃文庫HPの新刊情報は、同期の大賞受賞作「アリス・リローデッド」よりも充実していると言われている。

あらすじ

異変によって人類が魔法を使えるようになってから長い時がたった世界、その世界の一国である「塔京」に住む魔術師黒乃一将は、魔法の修練をしながらパートナーのブリュンヒルデとともに血の流れる仕事をしていた。あるとき年下のメイド見習い椎名真央を使い魔にしてしまい、また任務の途中で拾った少女型ホムンクルス「ソフィア04」にブリュンヒルデが乗り移り、一将はケモノ耳少女二人と同居することになった。

既刊情報

塔京ソウルウィザーズ    2013年2月10日初版発売    ISBN 978-4-04-891331-7


最終更新:2013年06月30日 12:26