正義の味方の味方の味方

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「正義の味方の味方の味方」は哀川譲によるライトノベル。イラストはさくやついたち。
電撃文庫アスキー・メディアワークス)より2013年1月から刊行。既刊3巻。

書評サイト「読書メーター」や2ちゃんねるではそれなりに好評だったがセールスは芳しくなかった。

あらすじ

炊事、洗濯が目下の任務となっている怪人、鳥坂橙也は、かわいらしい少女で総帥を務める一ノ院凛奈との総勢二名の弱小秘密結社ゼロウ・ファミリーの構成員だったが、ある日凛奈からファミリーの解体を言い渡される。
その後、凛奈と共に正義の味方養成機関である白陽花学園に転入することになり、様々な騒動に巻き込まれていく。

登場人物

鳥坂橙也(とさか とうや)
悪の秘密結社の怪人。真名はジャックランタン。正義の味方を毛嫌いしており、基本的な言動はチンピラそのもの。ただ周囲に彼以上の変人が多いため、いつも突っ込み役に回っている。現在は怪人の力を大半封印している。

一ノ院凛奈(いちのいん りな)
悪の秘密結社の総帥。驚くほどお人好しで「悪の秘密結社は正義の味方の味方」という独自の美学を持っている。好きな相手についついちょっかいを出してしまう。橙也を理由もなく弄っていることが多い。しかし橙也が構わなくなると子供のようにむくれる。運動音痴。

冬咲姫紗希(ふゆさき きさき)
DH学科の優等生。喋る時ですら口を動かさないほどの無表情だが、悪ふざけには大いに乗ってくる。氷系の魔術を好んで使う。母親からもらったグローブ型の魔術アイテムを大切にしている。

立花カノン(たちばな かのん)
自称魔法少女。外見は黒い三角帽、マント、箒を常備で魔女にしか見えない。橙也達のムードメーカーであり、いつも不自然なくらいニコニコしている。飛行魔術を扱える。明るく脳天気だからか意味不明な言動が目立つ。

大狼真弦(おおがみ しんげん)
陰陽師を名乗っているが、外見はサングラスをかけた狼。狼の鼻と陰陽道を併用した追跡術が十八番。元は人間だったという噂。しかしDH学科の「正体を探らない」という決まりのため、橙也は真相を聞き出せていない。

用語

白陽花学園
白陽花学園は一般教養も学べる正義の味方の専門学校で、いわば「ヒーロー養成機関」。「正義の味方育成学校」という呼び名が定着している。
最大の特徴としては一般九科目の他に「人助け」という実習がある。白陽花の卒業資格を得ると、国家の正義を名乗っていい資格の準二級国家資格を得られるといわれている。上位に二級国家資格、純国家資格がある。

DH学科
白陽花学園のダークヒーローを養成する学科。DHはダークヒーローの略。癖の強い生徒が集まっている。橙也たちが所属している。

既刊情報

タイトル 初版発売日 ISBN
1 正義の味方の味方の味方 2013年1月10日 ISBN 978-4-04-891267-9
2 正義の味方の味方の味方2 2013年4月10日 ISBN 978-4-04-891556-4
3 正義の味方の味方の味方3 2013年7月10日 ISBN 978-4-04-891821-3


最終更新:2013年07月11日 20:55