ご主人さん&メイドさま

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ご主人さん&メイドさま」は、榎木津無代によるライトノベル。イラストは双龍。
電撃文庫アスキー・メディアワークス)より2010年2月から刊行。既刊2巻。
第16回電撃小説大賞銀賞受賞作品。担当編集は荒木人美
著者の榎木津無代は、アミューズメントメディア総合学院の出身でもある。
続刊情報は未だ無い。

あらすじ

高校生の五秋陣が帰宅すると、メイド服を着た少女が待ち構えていた。メイドさまと公言したその少女は、10年前に五秋にメイドとして仕えるという約束をしており、それを果たすために五秋の家に現れた。五秋は喜ぶが、彼女はメイドの職務である家事全般を遂行せず、好物であるUMAI棒を食べながらテレビを見ており、五秋の命令には、態度が大きいと回し蹴りを浴びせる最悪メイドだった。しかし彼女は、真のメイドのみ使う事を許される『命努力』の使い手であった。

既刊情報

タイトル 初版発売日 ISBN
1 ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります 2010年2月10日 ISBN 978-4-04-868325-8
2 ご主人さん&メイドさま(2) 父さん母さん、ロボットメイドはしまぱんです 2010年8月10日 ISBN 978-4-04-868777-5


最終更新:2013年06月29日 22:50