猛虎豪破斬(もうこごうはざん)

+目次

概要

猛虎豪破斬とは、上下の二段斬りを連続で繰り出してダウンさせる技のこと。
初出はSのロイド。
北米版表記は「Twin Tiger Blade」。

登場作品

シンフォニア

斬り上げと斬り下ろしを連続で行い
敵を叩きつける奥義
分類 奥義
Sタイプ
属性 武器
HIT数 4 消費TP 35
威力 400(80×3+160) 詠唱時間 -
習得条件 Lv54以上、虎牙烈斬を50回以上使用
ダウン効果
虎牙烈斬から派生する奥義。
上下の二段斬りを二回連続で繰り出し、最後の1Hitでダウンさせる。
虎牙破斬→虎牙烈斬と説明すると分かりやすいか。
ロイド版の猛虎連撃破だがあっちは8hitするのに対しこちらは4hit。
ロイドの数あるダウン技の中では、獅子戦吼系に比べて高い位置で敵をダウンさせるため、
受け身を行う敵にはその猶予を与えてしまい、ダウンを奪いにくい。
しかし逆にその特性と縦に広い攻撃範囲を利用し、高い位置で受け身を取った敵を追いかけ、
着地前に再び猛虎豪破斬を叩き込み、受け身を取らせ、また追いかけて猛虎豪破斬・・・という
ヒットは続かないが敵を一方的に攻撃する戦法が存在する。
また、EXスキルを調整し、画面端で猛虎豪破斬を撃ってダウンさせ、魔神剣で起こし
猛虎豪破斬に連携、また魔神剣で拾う、という無限コンボも可能。
一方的に攻撃する様々な戦法を可能にする性能を持つことから、
通常プレイよりは「ロイド単独撃破」のような制限やりこみプレイで力を発揮する技だといえる。


関連リンク

派生技

関連技

ネタ