クラース・F・レスター / Klarth F Lester

「クラースはひそかにくらーす」「誰がハゲだ!見たこともないくせに何を言うんだ!!」「貴様は、俺のぉー」
「孤独な戦いを続けたダオスへの・・・・・・」「せめてもの、たむけだ……」「ああ、それがどうしたんだ?」
「見よ!真の召喚というやつを! 自然を司る四大精霊よ、今こそ我が前に具現せよ!イフリート!ノーム!ウンディーネ!」
年齢:29歳(サモリネでは31歳) 性別:男性
身長:176cm 体重:62kg
声優:井上 和彦
職業:召喚士
称号:マッハ中年 しりにしかれマン トーティスブラウン 酔いどれオヤジ
出身地:ユークリッドの村
好物:甘さ控え目のチェリーパイ(ミラルドお手製)、お酒
『テイルズ オブ ファンタジア』に出演。
川`_ゝ´) 「髪がない?なに、気にすることは無い。ペイントで済ませるよ」
  • 残念ながらRM2では帽子のみの出演
    • おまけクエスト・GVで「PN.ペイント召喚士」でメールにて登場
      • ちなみにOVAではペイントが略されている。
    • RM2では精霊を呼べないことから使える術技が一つも無いためであろうか…
    • 外伝系に彼が登場した場合、職業に召喚士が増えるであると予想される。秘奥義はたぶんオリジン。
      • 使える術技はシルフ、ウンディーネ、イフリート、ノーム、マクスウェル、ルナ、ヴォルト、アスカ、シャドウ、オリジン、グレムリンレアー、プルートの各種召喚術。原作ではあくまで術扱いなのも問題?(後のシリーズでは実質秘奥義扱いなので)
      • なお、SFC/GBA版ではカメレオンも使えたが、使うとフリーズすることがしばしばあるため、当時からのプレイヤーの間では皮肉を込めて「別の意味で禁呪文」と言われることがある。
        • RM3ではX(クロス)版ファンタジアを踏まえてパワーアップして登場か!?
          • そんな中メルディの秘奥義がシャドウに決定。すなわちクラースの参戦は絶望的という事に・・・
            • キールの秘奥義までもがレムに決定とさらに不安が煽られる
            • 鳳凰天翔駆のような例もある以上まだ希望があるにはあるのだが。
          • 今日の一枚でクレスがイフリートを召喚したと話題に出すが、「その時の連れのある人が」とまるで前作、前々作での未参加キャラが話題に出されたような扱いをされる
            • きっとアドリビトムに参加してない時期だから名前で呼ばれないんだよ。
              • 確かに参加していない時期だから呼ばれていなかった。参加する時期もこなかったが
          • 確かにX(クロス)版ファンタジアを踏まえてパワーアップして登場だった。帽子が
            • この帽子、別途にP版の帽子も存在する。しかもX版より強い。
              • どうやら帽子ものんだくれて劣化したようだ。
              • 恩師が所持してた時はもっと強かったかもしれない。
  • 帽子の下にはハゲがあるとかないとかという疑惑がある。RM2では帽子をぶんどられているだけに心配である。
    • ドラマCDにて、この帽子は精霊召喚を研究していた恩師(マグナス教授)の形見である事が判明する。
      • 原作スキットでは帽子の話をしようとするとミントクレスが二人の世界に入ってしまう。またはアーチェに茶化される。
        • クラースの帽子の下だが、実はクラースは原作においてクレスたちと出会った当初は帽子を被っていなかった。その時はフツーに青色の髪(銀髪?)だったが、出発の時に帽子をかぶり、そのまま時の経過と共に忘れられていったようだ。
          • さらには、温泉イベントでもきちんと帽子を脱いでいるんだが……
  • 仲間に成り立ての彼のお荷物感は異常。せいぜいアイテム係。本で殴って戦う。
    • トレントの森深部はクラースのTP量でいられる時間が変化するためTP節約に「じゅもんをつかうな」にされて再現されたりする。
    • 「その際はピンナップマグ(SFC/GBA版ではスケベぼん)をお忘れなく」
    • 読んでいる本は様々で、真面目なものから禁書、エロ本まで様々。
      • エロ本を使って召喚する様をみれば同じ様に本で戦う天才魔導少女はどう思うことやら
        • その天才魔導少女も猫辞典で魔術を唱えたり戦闘中に開いてみたりしてるが…エロ本よりはマシか?「ふ~ん…なるほどね~。」
    • 左手に本、右手に御札で戦う、魔法忍者の様な職に違いない
      • むしろそれはジャパニーズニンジャ!だが。
    • 初期装備は「ネクロノミコン」。ひょっとしたら魔将とか邪神とか邪神とか邪神とか召喚出来たかもしれない。
      • 初期装備どころか彼の武器になる書物の大半はかの邪神伝説内で名を連ねる禁書ばかり。正直瘴気…もとい正気度判定を行うまでもなく狂っているレベルである
  • SFC版のみ、一人称が「オレ」(かしこまった場では『私』)だった。
    • また、PS版以降に比べて喋り方もぶっきらぼうで、性格は人間嫌い(人間不信)で偏屈。まさしく「気難しい」。
  • 実は精霊達と仲良し。本編後に襲ってきたゲームマスターの使徒(ドラマCD参照)とやらに全精霊ぶつける鬼畜な面も。
    • 同じくドラマCDではチャージの精霊と契約し、仲間を回復しようとするが、全員に拒否される。
    • 一人勝手に時空を旅し、ミンツ大学にクイズ出題者として登場したこともある。
    • ついでにミンツ大学図書館から本を何冊か拝借しているようだ。そもそもミンツ大もミンツ大で図書館にスケベ本置くなよと。
      • なりダンXでは秘奥義が追加されるそうなので、クラースの秘奥義に(エステルで言うところの)「アルティメット・エレメンツ」が期待できる!?
        • なりダンXの体験版内の映像にてカットイン後「自然を司る4つの精霊よ…」と言っていた。
          • 秘奥義名は「テトラリーダー」。その名の通り完成形では4体の精霊で攻撃するが、イフリート以外を再契約しなおしていないとイフリートしか召喚できないのですごくショボイ。しかも再契約はけっこう面倒。その代わり、完成形は物凄い威力を誇る。
          • 中の人ネタで秘奥義に「木よ、火よ……土よ、金よ……そして水よ!世を司るすべての事象よ、我に味方せよ!」とか言ったらカッコよかった?
            • ↑いや、そこは「木は火を生み、火は土を生む、土は金を生みそして金は水を生む!森羅万象!」だろ
        • PXでは生誕30周年を記念して丸くて黄色くてすごいヤツが隠し召喚術として採用。条件が称号『サモンマスター』を取得(精霊12体と契約)し、なおかつセットする
          ・戦闘中①HPが満タンになったことがある/②現HPが最大HPの1/4以下である
          →これらの条件を満たすと戦闘画面下のクラースの顔に「POWER」という表記が出る。このときに□+×+○で発動。
          一度発動すると①→②の手順を踏むまで再度発動ができない。TP100消費で効果は全体を765回復と、あまり割に合わない。おまけ秘奥義と考えたほうがいいかも。
  • 授業料はぼったくり。「……ニートのくせに」byクレス
    • SFC版では10万ガルド、PS版以降では2万ガルドを受講料(前金)に請求してくる。ちなみにチートを使って所持金を最大にするか、所持ガルドMAXでガルド引継ぎしておくと10000万=一億ガルドの授業料を請求される。つまり結局払えない。
      • しかし、よくよく考えてみると特に因縁が無いのにダオス討伐に最後まで協力してくれたいい奴である。
  • そういえば精霊はルナばかり使っているという噂も…実際にファンダム2ではルナしか使わない。「ネオンと綺麗なおねーちゃん」の組み合わせに心惹かれているのかもしれない。
    • 他にも「働かせすぎ、休みをよこせ」「ルナばかり贔屓すんな」「こっそりスケベ本読んでニヤニヤするな」と他の精霊からは不評の様子。
    • 実際原作をプレイすると使用する(させる)のはシルフばかりだったりする。(詠唱速度的な問題で)
      • お気に入りが「綺麗なおねーちゃん」で実際使われるのが「幼女」とは…流石である。
    • ファンダムVol2 で精霊と契約しようとしたアーチェに「精霊と契約するということは精霊と戦うということ」と言っていたが、そもそも贔屓するなと言われているルナとは本編中戦って契約したわけではないし(アスカやシャドウも同様)、シルフも契約のために戦ったわけではない。忘れていたのだろうか?
      • Pでは戦うのはイフリート、ウンディーネ、ノーム、マクスウェル、ヴォルト、オリジン、そして(精霊ではないが)プルート。契約する時に必ず戦うのはS。
      • この前にアーチェが精霊三体呼び出していたことに驚いていたが、このことがなりダンXでテトラリーダー編み出したきっかけだったのか?
  • 余談ではあるが、29歳であるため「まだ30代じゃない」など年齢を気にしている様子。
    • 某SFアニメでも井上が演じたキャラも29歳だが、周りから「30、30」とからかわれている場面がある。おそらく、クラースの三十路ネタはここから来たかもしれない。
    • PSP版Pの特典ディスクではジェイド(35歳)に三十路仲間と言われたりすずに加齢臭を指摘されたりとさんざんな扱い。しかしまだ20代。
  • アーチェの「汚名挽回してやる~!」に「汚名は返上するものだぞ…」と突っ込む。しばしば突っ込み役。
    • 「汚名挽回=汚名を取り戻す」という事になってしまうので要注意だ。
      • これはパロディネタとされている(詳しくはアーチェのネタ項を参照のこと)
  • ゴキブリごときにイフリートを召喚する男。
    • 他には「心頭滅却すれば(ry」でイフリートを呼び出したり水浴びしようとウンディーネを呼び出したり明るくしようとアスカを呼び出したりetc...
      • その結果が前述の「働かせすぎ、休みをよこせ」である。ただ、まったく召喚しないとただの壁役・アイテム係なのは知っての通り。
  • 料理やアシスタント、さらには稼ぎまでミラルドに頼っている「しりにしかれマン」。甘さ控え目のチェリーパイ(ミラルドお手製)が大好物。
    • なりダンXでは自分の召喚術を学会に真っ向から否定されヤケ酒を煽る生活で酒浸りになり、「酔いどれオヤジ」の汚名を得る、という設定が追加される。
      • そんな彼を励ますためにミラルドがイフリートの契約に行って大怪我したり、双子が頑張らないとそのまま体を壊して死んでしまう(双子がいなかったらミラルドは熱砂の洞窟で死亡するため愛する人もいなくなる)、という設定まで追加。欝設定過ぎる……。
        • 原作にあったミラルドへの「流石は、私の研究パートナー・・・いや、人生のパートナーと言うべきかな?」のプロポーズは削除。でも村人に事実婚扱いされてる。
      • かつて契約していた精霊にはクラースを尊敬しているものも、クラースを恨んでいるものもいる。やはり前述の精霊遣いが荒かったからなのか…?
      • そんな彼にもバジルという親友(100年に一度生まれる魔術の使えないエルフという設定)ができるが…。
      • とまあこんな駄目男っぷり全開な彼だが無事に子孫を残せた模様。問題はその子孫の登場作品(サモナーズリネージ)が黒歴史な事だが…
        • ミラルド死んでたらフレイン存在しなくなるしな
    • ちなみになりダンのドラマCDでは、学界の重鎮に「召喚術をこの場で見せてみろ。じゃないとクラースの学校をつぶすぞ」と挑発され、キレたクラースはマクスウェルを召喚。いろいろぶっ壊しまくって大量の弁償を請求され、ミラルドに怒られていた。
    • ちなみに料理は上手。料理の熟練度度はすずに次いで二番目に上がりやすい。
      • だがそんな料理上手の彼が料理の話題に出る事はまず無い。
        • やはりミラルドに頼っていた事が関係しているのか?
        • 強いて言えば、TOP本編のCHAT196番にてピクニック用のお弁当を作りたがる一面を見せるくらいか。
        • レイズでは、オーダースキル「サポートシェフ(料理のオーダーを行った際の取得経験値20%アップ)」やプロフィールでのミリーナの一言でミラルドのチェリーパイを再現しようとしていた話で再現・言及されている。
  • ちなみにPの後日談を描いた某小説版によると、死後はなんと「精霊王」の異名を持つチート性能高位精霊として活躍しているらしい。
  • 時系列的には前の時代とされるSの世界観では「精霊は僅かにでもエルフの血を引いてないと使役できない」という設定がある…
    • …が、クラースは契約の指輪の魔力を使っていること、身体に障壁の紋様(ペイント)を書いて精霊との干渉をしやすくする等、別の方法を編み出している。
      • さらには召喚士でも禁忌とされている「魔族(グレムリンレアー)や魔王(プルート)と契約」をやってのけている。しかしさすがに「サモンデーモン」は使えなかった
        • なりダンXではグレムリンレアーとプルートが削除されてクラース涙目
  • ちなみにリメDでは彼をもじったジェントルマンが登場、「自負ニート(元ネタはイフリート)」を使用する。
  • 漫画版では意外と逞しい。後ろから襲いかかって来たモンスターの眼にひじ打ちをくらわせます
    • なりダンXでの通常攻撃のボイスの気合の入りっぷりは異常
  • 昔バンドをやっていたらしい(ファンダム1より)
    • その影響なのか、ペイントは自分で描いているらしい。ちなみにミラルドのお化粧もやってあげることもあるとか。
  • ミドルネームの「F」が未だに不明。
    • 「フリードリヒ」という説と「フレイン」という説がある。ただし公式では明言されていない。(PSP版でも「F」としかボイスで言われていない)
  • 父親は植物学者だった。
    • 小さい頃まったく自分をかまってくれなかった&母親を放ったらかしていたことで父親が嫌いだったが、知らず知らずのうちに自分が父親に似て召喚術の研究者になった&ミラルドを母のようにしそうにしていたのを自嘲していたことも…。
  • なりダンXでは掛け合いでクルールの鳴きまねをする 州´_ゞ`ノル「くる~るぅ~」
  • レイズでは2017年10月のプロデューサーレターにおいて、ミントとアーチェが加入するイベントの予告の最後の一文に「今回はそんな、精霊にまつわるお話です。と、言うことはあの人も…。」と書かれている事から、登場が期待されていた。
    • そしてそのイベント「FIGHTING OF THE SPIRIT ~火の章~」で久々のお祭りゲー登場となった。
      • チャット絵は新規描き下ろしで、3Dポリゴンも新たに作られた。
      • しかし、初登場が2017/10/13~10/25なのに今のところ参戦予定なし。シナリオにもあまり登場しない。まだ水の章、地の章、風の章がありそうな感じがするので、戦闘に参加するのは当分先のはず。
        • その前に氷の章が開催。セルシウスと本作で初めて契約を果たす。
        • 契約に必要なルーンリングはサファイア。このリングはセルシウスが渡したサファイアをミリーナ鏡士の力で作り変えたもの。
        • 2018年7月の水の章で契約した精霊が3体目となった。公式twitterにて「精霊との契約が4体位まで増えたら戦える予感がします」とコメントされているが、果たして4体目はいつになるのか。
        • 2018年9月の風の章で4体の精霊(イフリート、セルシウス、ウンディーネ、シルフ)と契約を果たしたが、加入は四大精霊が揃ってからとの事で、地の章(ノーム)開催が待たれる。
        • 11月、温泉イベントが地の章となる事に伴い、参戦が確定した。ちなみに既存の術エフェクト使い回しとかではなくちゃんと全ての術技を精霊召喚にする予定とのこと。
        • 地の章で、四大精霊全てと契約を交わし、アイフリードの枷の一部が解除されたが、当初はクラース自身のアニマチャネルの活性度が低かった為に召喚術を行使できなかった。それでも自身の体を使った「ミラルドがいたら止められる」レベルの危険な実験と、キールとセルシウスの協力による即席のアニマチャネル活性化装置、ミラの激励で召喚術の行使に成功、戦闘に参加できるようになった。
          • 通常攻撃は本で殴るのではなく、自身の周囲に魔法陣のバリアを張り、近付いたり直接攻撃してきた敵にカウンターを加え、発動したバリアは割れる仕様に変更(運営曰く「原作と同じく本で殴ろうか迷ったが、ザレイズの仕様上、後衛キャラが殴りに行ってもあまり使いやすいとは言いにくい」との事)。通常攻撃の連続可能数は2回。
          • 飛び道具に対しては発動せず、バックステップするとそれまで張っていたバリアは無効になってしまうが、この通常攻撃のおかげで詠唱妨害されにくく、バリア範囲内にいる他の戦闘メンバーの詠唱も妨害されにくくなるので、術師としては大きな武器。


+AA


      _ ... -‐'′¨¨ '''' ‐‐‐ --- ... ___   弋,ィ′
... - ‐ ''' ¨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ¨ '' ‐- L
_____: :.............. ____: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ¨ヽ、
------ ......___/  /¨7 ''i ‐ ‐i‐ -__-、... __: : : : : : : : : : :`ー
       , '  / /  i   iト、 辷リヾヽ i ¨ ''ヽ‐ - ... _: :
      , '    i、 ハ  .l   ll、::ー-_=   i  ハ  iヽ... _ニ
     , ′   i ヽ ハ l i   ll ¨¨     .l i  i  l i
    , ′ ,ィ i  ヽ ゝl l  l l       i l  .l  l l
    /  ./.i l   /'y l li  i l.     , ,l i  ト i ll l
    /  ./ l i  /`y  i li  l l  `ー- ' ,イ i li. l il ll l <  TOW新シリーズでは今度こそ私が参戦だ!
   /  / i l ./  /\ l l.i .l、l    /i l ll i l l ll l
  ,'  /  l .l //ヽ、 .\l i l l ` 、_, '  l il ll l l l l ll
  i  / _.. ノ' ´ : : : : 丶、 .l l l l /    .l ll l  ll ll l
 l , -' ¨: : : : : : : : : : : : :ヽ llヽi i ,ヘ、    l l   l l
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ ヾハヘ\  l
  • 宣言通りTOWダイスアドベンチャーに無事参戦できた。声なしだけど…。
    • しかし、マイソロシリーズには参戦できず、ユナイティアにも参戦できず。どうにもその精霊を使役するスタイルがネックになっていると考えられる。
    • レイズでは「FIGHTING OF THE SPIRIT ~火の章~」にて存在について言及され、その期待通り、具現化されて登場したが果たして参戦できるやら…。
      • 精霊との契約が進み、アイフリードが精霊に施した封印による力の枷が解除されれば参戦の可能性あり。
        • Pレターによれば4体精霊と契約したら加入できる予定らしい。
          • その後、四大精霊が揃ったらの加入とされ、地の章で加入予定となる事が発表された。そして上記の通り11月に参戦が確定。なりダンXから数えて実に8年弱、原作発売から実に22年11ヶ月、ようやく初の3D戦闘参加である。


添付ファイル