UTAUの音源に歌わせたい!



UTAUは使いたいけど、そもそもDTMって何?


UTAUでカバーがやりたい。でもやり方がサッパリ...

  • 具体的なやりかたは、次の4つの方法があります。
  1. 公式から配布されてる原曲のカラオケ音源を使用する。
  2. 利用許諾契約が結ばれている配信サービス内で配布されているカラオケ音源を利用する
  3. 楽譜を読む
    1. 最初は簡単な童謡等から。わらべうた― 日本の伝承童謡 ―とか日本童謡集などから始めてみてはいかが?
  4. 耳コピする
    1. 支援ツールとしてはzplaneのdeCoda、AckieSoundのWaveTone(無料)、Meta ResearchのDemucs(無料)、Masaki OnoのMelissa(無料)、CelemonyのMelodyneEditor、カワイのバンドプロデューサーをよく耳にする。



UTAわせたいけどカバーはちょっと...


オリジナル曲に挑戦したい!

  • すぐに作曲!>>
    • FIMMIGRM(3曲無料)やAIVA(無料プランでは月3曲無料だが著作権は持てないしクレジット表記必須)などのAI作曲支援のサービスから初めるのはいかがでしょうか?ただ、利用する前に規約を確かめた方がいいかもしれません。
    • メロディいけるならMAGIXのProducerPlanetでセールのときに自分のやりたい曲のイメージに近いSoundPool(※編曲のリファレンスとして使うのならMAGIXのサブスクLOOPS UNLIMITEDは多分安いのかも。)を商用ライセンスで購入したりしてもいいかもしれません。(まあ別にそれ以外でも、最近のサンプルパックってデモ曲単位にサンプルが分かれてて、すぐに作編曲に取り掛かれますよなコンストラクションキット形式のものが結構あったりするので、そういうのでも)
    • 人に頼んで作編曲してもらう場合。ほとんどの方は一曲25〜50万円以上くらいで作ってくださるはず(著作権買い取り等のオプションは別。ワンコーラスの場合はもっと安い。2023年初め時点では今書いた料金から電気料金と連動して値上げをされても仕方無いかもしれない。)。5万円以上くらいで半分くらいの作曲家がやってくれるかもとかnoteで言ってる方もいた。

最終更新:2022年12月09日 18:48