ワールドアップ(テストビルド)手順

テストビルド手順

作成したブースは提出前にVRChat上で必ず確認しましょう。


ビルド前準備

  1. Planeなどで床を用意する。
  1. Project内の、VRCSDK/Prefabs/WorldフォルダからVRCWorld.PrefabをSceneに配置する。 VRCWorldオブジェクトの位置がプレイヤーの開始地点になるため、床の上に来るように位置を調整する。

fig

fig

  1. 空オブジェクトを作って、AddComponentでVRC_PlayerModsコンポーネントを追加する。

  2. isRoomPlayerModsにチェックを入れてAdd Modsをクリック。 ウィンドウが開くので、Mods項目にJumpを選択してAdd Modをクリックする。

fig


ビルド手順

  1. “VRChat SDK”タブを開いて”Settings”項目を選択

  2. VRChatのユーザー名とパスワードを入れてSign In

fig

  1. サインインできたら再度”VRChat SDK”タブを開き “Show Build Control Panel”項目を選択

  2. 初回時は下記の画面が表示されるため、Setup Layers for VRChatをクリック。 ダイアログが出るのでDo it!をクリックする。

fig

fig

  1. 続けてSetup Collision Layer Matrixをクリックして、表示されるダイアログで再度Do it!をクリックする。

fig

fig

  1. Apply 3D spatialization…(以下略)項目のチェックを外す。

  2. Testの方のNew BuildをクリックしてSceneをビルドする。

fig

  1. VRChatが起動するのでテストする(この際VR機器をPCに繋いでいると強制的にVRモードで起動するので注意)

Tips:VR機器を繋いでいる場合は、下記ツールを使用すれば、テストビルド時にデスクトップ/VRどちらで起動するか選べるため便利です。
https://booth.pm/ja/items/1337219


テストビルド時に主に確認する内容

  • ペデスタルが問題なく使用できるか

  • オブジェクトの位置が高すぎ・低すぎないか
    (来場者の身長は様々なため複数のアバターで試す)

  • Pickupオブジェクトが仕様通り動いているか

  • 余計なコライダが存在していないか


最終更新:2019年07月06日 21:08