VketToolsの使い方

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VKetToolsの使い方

入稿用の「VKetTools」は、バーチャルマーケット公式サイトの出展者様マイページよりダウンロードが可能です。



VketTools導入動画


導入編

  1. Unity 2017.4.28f1で入稿用の新規プロジェクトを作成します。

  2. 最新のVRCSDKをダウンロードしてインポートします。

  3. .PostProsessingStackV2を用意してインポートします。

  4. その他、公式プレハブ、配布シェーダーやDynamicBoneなど入稿に必要なアセットを事前にインポートしてください。

  5. マイページにログインしてVketToolsをダウンロードします。

fig

  1. プロジェクトにVketToolsをインポートします。ツールバーにVketToolsが表示されていることを確認してください。

fig

  1. ControlPanelを開きマイページからコピーしたログインキーを入力します。

fig

  1. (初回のみ)ブラウザが起動します。入稿アップロード操作に使用する為、GoogleDriveの操作許可を「バーチャルマーケット」に付与して下さい。(オプションで指定された許可が両方必要です)

fig

fig

  1. ControlPanelにサークル情報が表示されれば導入完了です。

注意事項

  • [制限]:GoogleDriveとの連携時に未完了でブラウザを閉じるとUnityが操作できなくなる場合があります。開いたブラウザで連携を完了するようにしてください。
  • PCの設定によってはファイアウォールがUnityの通信を遮断している場合があり、ブラウザでのGoogle認証に失敗する可能性があります。この場合はファイアウォールの設定を見直してください。
  • 万一に備え、入稿作業時には必ずUnityプロジェクトのバックアップを取ってください。
  • 入稿時、アップロードした入稿パッケージ分のGoogleDriveの容量を使用しますので残り容量にご注意ください。

合同ブースの入稿について

  • 合同ブースを入稿される場合、 合同サークル内のどなたかのサークルが代表として、入稿ツールを用いて入稿をおこなってください。
  • 合同サークル内の複数サークルがそれぞれに入稿されると、別出展者IDによる別ブースの入稿扱いになってしまうため、ご遠慮ください。

アップデート編

VketToolsのバージョンアップ方法です。

  1. Unityメニュー内の[VitDeck]→[Info]、Info画面で[Update]ボタンを押します。
  2. 最新パッケージのインポート画面で[Import]を押します。
  3. アップデート後にブースを入稿する場合、アップデート後のテンプレートシーンへブースオブジェクトを移動してください(参照:VketToolsアップデート時のブースシーン更新方法)

fig

fig

fig


ブースチェック編