ヴォルガ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

傭兵として生活を営む男。
ソフィードの戦いにおいて、クルーディア帝国軍を撤退させるために横槍を入れたパレス国軍は、目的を果たしたため撤退を開始する。
その際、追撃に迫るグラスシード隊を足止めするためにヴォルガはホワンに雇われた。
牙谷の戦いにおいてもホワンの傭兵として戦うが、最終決戦直前に姿を消す。
これは、ホワンが彼に依頼したことであり、「自分が亡き後、信徒が狂信者となって暴走したら、止めてほしい、その際は自分が見込んだグラスシードに仕事料を貰え」と言われていた。
後に、その依頼を守り、カオスクラウンの戦いグラスシード軍として参戦する。

戦いが終わった後は、再びフリーの傭兵として活動するが、6898年、傭兵として戦場に散った。

人物

  • 稼いだ金を密かに戦災孤児の施設へと渡していた。自身もその施設出身だからと言われているがその真相は不明。

関連項目


最終更新:2013年04月16日 02:02