ラヴァ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

クルーディア将軍。
フェリサス配下の一兵卒だったが、実力で将軍にまで出世する。他の将軍達と違って将軍名こそないが、実力はフェリサス配下の将軍の中では最強と噂されている。
ソフィードの戦いで、援軍を率いてグラスシードを援護、そこから彼らと親交がはじまる。

6892年、クルーディア帝国と共和国サムルトンが連合軍を組み、リアムス自治国家に遠征を開始、ランドヴァルク作戦が実施され、ルーニアの戦いドゥカースの戦いグラウスの戦いと連戦するが、サムルトンの裏切りにより、遠征は失敗、ラヴァは撤退する友軍のため殿軍を名乗り出て戦場に残る。部隊は壊滅するが、自身はグラスシード部隊に拾われてかろうじて生還、その後グラスシードと共にカシルスの都で篭城、撤退戦によりかろうじて帝都に帰還する。

6894年、サムルトン遠征に参戦、この戦い以後、フレイズカスターが論功によって独立部隊となるが、彼は引き続きフェリサスの直属として残った。

フェリサスによるクーデターが起きると、これに付き従い、神聖クルーディア帝国に名を連ねる。
カオスクラウンの戦いにおいて、かつてカシルスの撤退戦で苦労を共にしたグラスシードと敵対、帝都クルーディア攻略戦にて戦死する。

人物

  • 無口で無愛想だが任務には忠実。
  • 彼が将軍名を持たなかったのは、与えられなかったからではなく、自身で辞退したからとも言われている。

関連項目


最終更新:2013年04月16日 01:40