※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いくつかのページにマイクロソフト社のオフィス製品(Word、Excel)で作成したファイルを添付しています。

マイクロソフト社のオフィス製品をお持ちでない方は、高い互換性のある以下の無料オフィスソフト"Libre Office"をお試し下さい。
"Libre Office"は、マイクロソフト社オフィス製品に対する高い互換性を保つOpenOfficeから発展した 無料のオフィスソフト です。
受信報告書作成等の作業であれば、文書作成・表計算・図表作成等の各種ドキュメントを何の問題もなく作成することができます。

マイクロソフト社のオフィスソフトで作成されたファイルを読み込むためにマイクロソフト社のオフィスを購入することは不要です。
(ただし、マイクロソフト社製品との100%の互換性が保証されているわけではありませんので、作成者の意図しないレイアウトの崩れ等が発生する可能性があります。)
とは言うものの、それを自分の好みのスタイルに修正するのは、さほどの手間ではありませんし、自分の好みの様式に修正するのも楽しみの一つなのかとも思います。
このように無料で使えるマイクロソフト社オフィス製品互換のフリーソフト"Libre Office"に興味をお持ちの方は、下記を参照下さい。

Libreofficeに関する書物については、下記を参照下さい。
http://www.amazon.co.jp/libreoffice/s?ie=UTF8&keywords=libreoffice&page=1&rh=i%3Aaps%2Ck%3Alibreoffice

インストールについては各位の責任において実施願います。 インストールによって何らかの不具合が発生したとしても、当wikiは一切の責を負いません。


コメントをどうぞ

名前:
コメント:
最終更新:2013年04月27日 08:15