悪魔城ドラキュラSLOT2 / CASTLEVANIA SLOT 2

【あくまじょうドラキュラスロット2】

スロット界からまたまた参戦!怪しく光る月は、今宵も新たなる血を求めている…

ポップンミュージック19 TUNE STREETで登場した楽曲。担当キャラクターはラルフ=ベルモンド?
初出がパチスロ版「悪魔城ドラキュラ」のBIG BONUS曲として流れるコナミゲーム曲である。
タウンモード隠し曲として登場した。

緋月の狂想曲 / 倉持武志
BPM:135
5b-15
N-17
H-【19】34 ⇒ 【20】35
EX-40
BTL:【19】⇒【20】でNとHのLv入れ替え
新難易度
5Buttons NORMAL HYPER EXTRA
× 23 41 46
 前作に引き続いてパチスロ版「悪魔城ドラキュラ」のIIから、ボーナス時に流れる「緋月の狂想曲」が登場。ちなみにナンバリングの付いたジャンル名としては、2作品連続で登場するのはAC初出曲ではスウェディッシュ以来。今回は服部知香と津田俊輔による歌唱によるもので、フルサイズ版では「真実の嘆き」のフレーズが入っていたりする。緋色=血というイメージからか、アンセムの入った荘厳さのあるクラシカルな雰囲気で、後半にはギターソロが入る。
 ハイパーは階段と交互連打が頻発。特に序盤の乱打は片手処理をせざるを得ない配置など、Lv34にしては厳しい構成で上位のスキルが求められる。交互連打地帯にも単発オブジェが混じっていて処理しづらく、片手力がないとゲージを伸ばすことさえ辛いと思われる。EXはH同様に階段メインで主に裏打ちが加わっているが、特に終了間際の2小節間にあるの24分スライド+赤の裏打ちの複合が最大の難所。忠実に押すよりも押せる部分を的確に押してゲージを残しつつ、その後の部分で回復がいいだろう。

  • バトル譜面は登場時のみN(Lv14)よりもH(Lv12)の方が表記レベルが低いという、不具合かと思われるが初の難易度逆転現象になっている。
    ポップン20で入れ替わった点から考えて、設定ミスの可能性が高い。

収録作品

AC版
ポップンミュージック19 TUNE STREET

  • バトル譜面の難易度表記が、Nの方がHよりも高いという逆転現象が発生していた。

ポップンミュージック20 fantasia

  • バトル譜面の難易度表記を入れ替え、本来の難易度表記になった。

CS版

関連リンク

悪魔城ドラキュラSLOT(シリーズ)
コナミゲーム曲

楽曲一覧/ポップンミュージック19 TUNE STREET