石田雅彦

いしだ まさひこ

アイレムに所属していたゲーム音楽作曲家。「OH!G.I.」や「GEO」という名義を使用していた。
イメージファイト』や『R-TYPE II』などのアーケード作品を中心に担当。アイレムでは初のサウンド専用のスタッフとして採用されたらしい。
その中でも『最後の忍道』の最終ステージ曲である「DARK BLUE」の人気は現在も高く、代表曲の1つと言っても良い。
なおこの当時のアイレムらしく、石田氏が担当した作品は一部を除いてどれも高難易度として有名なものばかりである。

80年代後半から90年代に入る頃までの期間中活動しており、その後はアイレムを退社していたようである。
2014年刊行の『シューティングゲームサイド Vol.09』にて、R-TYPE特集として初代石崎正人氏と共にインタビュー記事が載っている。
現在は音楽制作会社ハイトラックスを設立し、音楽業務に携わっている。

作曲作品の一例

最終更新:2021年08月01日 12:46