「GBのゲーム制覇しましょ」のまとめ

パチスロキッズ3(ココナッツジャパン)

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
クリア条件:「ストーリーであそぶよー」でEDを見る
開始時間:2010/05/06(木) 20:13:52
終了時間:2010/05/07(金) 03:37:54
参加人数:2


パチスロキッズ最終作。
FCの「パチスロアドベンチャー」の流れを汲むパチスロ+ADVゲーム。無茶。
ストーリーはもはや作者以外の常人には理解不能であるが考えるな、感じろ!

ストーリー

ここはビタオシティー・・・。毎年小学生以下の男の子が集まってパチスロ大会が行われる。
今年で26回を数えるこの大会の6日間には謎の事件がつきものらしい。
大会中は各地からさまざまな人間が集まってくる。
警察のない小さな街で何が起こり誰が防ぐのか毎年わからない・・・。
そんなビタオシティーを目指してやってくる子供がここにいる・・・。
その子の名はショコラ・・・おそらく大会に参加するつもりなのでしょう・・。
帽子からのぞく目にはなにやら強い決心が燃えている・・・。
これからの6日間この子の身に何が起こるのか・・。
この子の運命は神様ではなくあなたしだい・・・。

1主
いきなり初日が突破出来ず、2主がクリアしたパスワードを使用して2日目へ。
連勝しないとパスが貰えない仕様のため、やり直しが厳しかったです。
3日目くらいまでは必死にパチスロしていた気がしたのですが、気が付いたら技コマンド入力マクロマンとなっていました。

パチスロのゲーム性自体はBIGが入ると(チェリーバーやソレックス、トロピのようなフラッシュではないが)告知されるヌルゲーだったのですが、リールの回転が遅すぎて目押しのタイミングが難しかったです。
あと、シナリオテキスト書いた人はおくすりをちゃんと飲んでいるか心配です。


■1日目
大会は1戦ごとにコイン500枚、宿代が1晩コイン300枚
まずぱちすろやさんで800枚コインを貯めます

会場で勇者ココと対決。 機種は「ブレイブマン」

■2日目
ぬめぬめ沼でキチガi ミルフィーユと対決。 機種は「ストレイチャイルド」

会場でミルフィーの兄タルトと対決。 機種は「ブラックボックス」

■3日目
何故か会場が閉鎖され大会は一時中断、市長の家へ行くと謎の集団に襲われている

地下道で、犯人のビニョーブル博士と対決。 機種は「サイエンス」
ガチ勝負する最後の相手であり、実質ラスボス

■4日目
この日は会場へ行っても相手が現れず、なんと不戦勝
成り行きでぴよぴよ山へ行き鬼ごっこをする羽目になる

ミルフィーとタルト、どちらを捕まえたかで展開が違う(後への影響はなし)

■5日目
謎の老人に依頼され、おろろん川源流のバンバ・ババンバ寺院に眠る"バンザーイ・サンショー"という石を取ってくることになる
寺院地下の勝負では500枚貯めても0枚になってもクリア。 機種は「ブラックボックス」

老人から2つの技を伝授される

会場でマフィンと対決。 機種は「ニューエンジェル」
だがエナジードレイン打法を身に付けたショコラの前に、最早敵は存在しない

■6日目
いよいよ最終日、会場へ行くと……参加料5,000枚!
フザけんなっつーことで元凶の妖怪を退治することに

古いお寺できなこと対決。 機種は「妖怪変化」

会場でモンブランと決勝戦。 機種は「スペースポート」

優勝したと思いきや、トロフィーと主催者のゼニヘーがさらわれる
そしてまさかの7日目へ……

■7日目
捜索をタルミル兄妹に任せパチスロで遊んでいると、500枚増えたところでタレコミが

全ての事件を陰で操っていた真の黒幕が登場!
パチスロ塔でアラモードと最終決戦。 機種はこの対決限定特注機「ラストバトル」

もちろん必殺技の前には必要枚数が多いだけの雑魚

-エンディング-
ショコラの正体を知っている割に怪しい手つきのタルト

ゼニヘー27年目の春

スタッフとキャラを交互に紹介するスタッフロールは7分にも及びます
特にイベントの無い、ホールの女の子の顔グラまで用意されている力の入れよう

記念撮影でエンド