スレイヴ・レイス

登場作品 機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
形式番号 RX-79[G]SW
英名 SLAVE WRAITH
全高 18m
重量 53t
所属 地球連邦軍第20機械化混成部隊「スレイヴ・レイス」→無所属の放浪
搭乗者 トラヴィス・カークランド
武装 ビーム・ライフル
100mmマシンガン
ロケット・ランチャー
胸部バルカン砲
胸部マルチランチャー
ショート・シールド
ビーム・サーベル
追加武装
特殊武装

【設定】

陸戦型ガンダムをベースに私兵部隊「スレイヴ・レイス」用に強化改造された陸戦用MS。
ジム・スナイパーIIの頭部センサーや通信機器が最新のものになっている他、開発段階の試作装備を積極的に取り入れられている。


【原作内での活躍】



【パイロット説明】

トラヴィス・カークランド

CV.藤原啓治/小松史法(GUNDAM VERSUS)
表向きは地球連邦軍第20機械化混成部隊、実態は連邦軍レビル派の高官グレイヴにとって邪魔な存在やジオンとの内通者を消す暗殺部隊「スレイヴ・レイス」の隊長で、コードネームは「フィクサー」。
かつてサイド3にて一人の女性と恋に落ちて結婚し、息子(後のヴィンセント)を設けるが、一年戦争によって妻と息子とは離れ離れになってしまう。その消息を追っていろいろと調べようとしたが、その行為がジオンとの内通者だとして逮捕され極刑の判決を下されてしまうものの、グレイヴの罪状消滅の取引に応じてスレイヴ・レイスに所属する。
指揮官として優秀な一方金に執着がなく、報酬を味方に分配したことがある。

【原作名台詞】



【ゲーム内での活躍】

GVS

コスト300で参戦。豊富な射撃武装を持つ射撃寄り万能機であり、ビーム・ライフルとマシンガンを両立しているのが特徴的。
原作ゲームの担当声優である藤原啓治が本作の収録時点では休養中であった為、代役として小松史法が担当している。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常時:ビーム・ライフルを上向きに構える。
格闘中:振り返りながらサーベルを振り払う。

敗北ポーズ

サーベルが刺さった状態で漏電している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。