ガンダムレオパルド

ガンダムレオパルド
GUNDAM LEOPARD
登場作品 機動新世紀ガンダムX
型式番号 GT-9600
全高 16.8m
重量 8.5t
所属 フリーデン
武装 ヘッドバルカン
ヘッドキャノン
グレネードランチャー
ショルダーミサイル
ビームナイフ
ブレストガトリング
ホーネットミサイル
インナーアームガトリング
特殊装備 S-1ユニット
搭乗者 ロアビィ・ロイ


【設定】

旧地球連邦軍が開発したニュータイプ専用モビルスーツ。
重装甲に大量の火器を搭載した「全身武器庫」とも言える機体で、大火力で敵部隊を殲滅する事をコンセプトとしている。
足裏にローラーキャタピラを装備する事によって重装備でありながら、地上戦における高い機動性を確保している。

尚、レオパルドはロアビィが本命の女性との賭けで勝ち譲り受けた物で、その女性はロアビィが帰郷した際には故人になっていた。


【武装】

ヘッドバルカン

頭部に2門を内蔵している機関砲。

ヘッドキャノン

頭部横に1門ずつ、計2門を内蔵している機関砲。

グレネードランチャー

右腕部に6門の発射口を備えた擲弾発射機。

ショルダーミサイル

右肩アーマーに11基の中型ミサイルを搭載したミサイルポッド。

ビームナイフ

右脛側面にマウントされている近接戦闘用ビーム兵器。
ビーム刃が短い分、エネルギー消費が少なく長時間の使用が可能。

ブレストガトリング

左右の胸部に2基を内蔵したガトリング砲。
使用時は胸部装甲を上に跳ね上げて展開する。

ホーネットミサイル

両脛に格納される赤外線追尾ミサイル。

インナーアームガトリング

バックパックの左側に懸架される大型ビーム兵器。
使用時は左腕を丸ごと格納して装着する。
左腕の動力をそのまま転用する事で、高出力と速射性能を併せ持つ。

S-1ユニット

キッド・サルサミルがシーバルチャーから入手した装備を元に製作したレオパルド用の水中戦装備。
小型潜水艇を改造した水中用推進ユニットを背部に装着する。
ユニットにはさらに音響センサー、曳航ソナー、多連装魚雷発射管が備わっている。
また、水中では運用できないビーム兵器のインナーアームガトリングも小型の魚雷発射管に換装されている。


【原作の活躍】

ロアビィ・ロイの乗機としてフリーデンの主力を担っている。
新地球連邦軍の重MSガブルとの戦闘で捨て身の攻撃により中破し、ガンダムレオパルドデストロイに改修される。


【搭乗者】

ロアビィ・ロイ

CV:山崎たくみ

フリーデンのモビルスーツ乗り。
若くしてガンダムタイプを駆る凄腕の傭兵で、自由気ままだが気配りも利くプレイボーイの青年。

【原作名台詞】

  • 「ハッ…まいったね、どうも」(第1話)
    • GXに立ち塞がった際の台詞。
  • 「身の程知らず、か。ガキの頃はみんなそうだろ。自分に『できること』と、『やりたいこと』の区別がない。」
    「自分一人で世界だって変えられる気もすれば、ちっぽけな自分に苛立つこともある。それがガキの頃ってやつさ」
    • ガロードを「身の程知らず」と評したウィッツに対して。


【VS.シリーズの活躍】

EXVS.2 OB

ガンダムXのサブ射撃でガンダムエアマスターと共に呼び出される。


【その他の活躍】

機動新世紀ガンダムX 〜UNDER THE MOONLIGHT〜

本編の9年後を描いた外伝作品。
第一話で名無しのチンピラの搭乗機としてS-1装備型が登場。
ガンダムXやエアマスターは主要機体として引き続き活躍するのに対し、レオパルドはガンダムXのサテライトキャノンに消し飛ばされて早々に退場というとんでもない冷遇を受けてしまった。

ガンダムビルドファイターズトライ

第16話の第13回全日本ガンプラバトル選手権全国大会の1回戦2日目でダークグレー基調に塗装され右腕を左腕と同じ仕様にしてインナーアームガトリングを2門にした機体が登場。使用者は埼玉県代表恵鈍中学校。
SD-Rの数々のトラップを利用した戦術で僚機のジムIIIとファントンを次々に撃破され、最後は自身も爆破トラップに足を取られて建物の壁面に叩きつけられた所を、スナイバルガンダムらしきS×D×Gガンダムのスパイクで胸部を建物ごと貫かれて撃破された。

また、最終話ではスガ・アキラが本機をベースに制作した「ガンダムレオパルド・ダ・ヴィンチ」が登場。
ちなみにネーミングは探究心と独創性の人物として名高い「レオナルド・ダ・ヴィンチ」を意識したとされているが実際はダジャレらしい。
デザイナーの石垣純哉氏曰く当初は「レオパルド・ディカプリオ」と名付けるつもりだったが、元ネタが実在するハリウッド俳優「レオナルド・ディカプリオ」なので肖像権絡みで没になり、たまたま携帯に映ったダ・ヴィンチを見て決めたらしい。


【余談】

上記のレオパルド・ダ・ヴィンチはガンプラとして販売されたが、レオパルドとは外装がかなり異なっていた事と関節パーツも別機体への流用を想定したランナーだった*1ため、残念ながらHGAWレオパルドの発売は叶わなかった。


タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年07月09日 18:43
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

*1 実際に同シリーズのGM/GMやGBN-ガードフレーム、GBN-ベースガンダムに使用された