アプサラスII

登場作品 機動戦士ガンダム第08MS小隊
形式番号 不明
所属 ジオン軍
主なパイロット アイナ・サハリン
主な装備 大型メガ粒子砲

【設定】

ギニアス・サハリンによる「アプサラス計画」で開発、製作されたジャブロー強襲を目的としたジオン公国軍の試作モビルアーマー。
ジャブロー強襲とは「連邦軍が攻撃不可能な成層圏までミノフスキークラフトを利用して飛行、その後にジャブロー上空に移動しメガ粒子砲で奇襲をかける」といったものである。
IとIIの外観はほとんど同じであるがIはミノフスキークラフトの稼働実験機なので機体中央部のメガ粒子砲発射口部分が閉じたままである。
IIはメガ粒子砲を装備した状態であり、かなりの高火力を持ち合わせている。それ以外の武装は存在せず、本当に「空を飛んでジャブローを焼き払う」というコンセプト通りの機体である。
IとIIの区別がされるようになったのはゲームからで、原作ではIIに当たる機体が「アプサラス」と呼ばれていた。
ちなみにアプサラスIIIは原作でも「アプラサスIII」である。

なお形式番号が不明となっているのは試作機でなお且つ本国での登録が済まされていないからだと思われる。

【劇中での活躍】

砂漠地帯の射撃場に現れたところを、周到に待ち伏せていた8小隊と遭遇し、圧倒的な力を見せつけ、ミケルにとどめをささんとばかりのところをシローに邪魔され、紆余曲折ありジェネレータかミノフスキークラフトが暴走、損傷を負いながら不時着をした。最期は情報隠蔽のため自爆したが、連邦軍に当機を回収された。

その接収されたアプサラスのデータで連邦軍がシミュレートしたところ、本機が実際に実戦投入された場合、「連邦軍は宇宙でも地球でもアプサラスを止めることはできず、多大なる被害が出る」という結果がでた。

余談だが、ガンダムバトルシリーズではⅡだけが割と早い段階から参戦していたが、ユニバースにてとうとうⅠ、Ⅲも登場、と同時に使用可能機体でもある。こんなはちゃめちゃなやつでさえ使えてしまうのがこのゲームの売りで、Ⅲはなんと機体両側にぶら下がっているドムのジェネレータでぶん殴るという荒業までこなす。

【パイロット説明】

アイナ・サハリン


【シリーズ内での活躍】

ガンダムVSガンダム

「08」のクロスオーバーとして登場。
戦闘エリア外からメガ粒子砲を発射し、敵周辺を焼き払う。
性能は微妙。Gクロスオーバーのなかでも下から数えたほうが早いくらいの性能である。
本機の後継機である「アプサラスIII」も08ステージに登場している。

NEXTにおいてはGクロスオーバーの撤廃に伴い降板。
ボスMAとして登場を願っていたプレイヤーも少なからずいたと思われるが残念ながら未登場である。
代わりに後継機のアプサラスIIIがボスMAとして参戦。

EXVSシリーズ

EXVSのPS3版より中ボスとして再登場。
機動力が高くあちこちを飛び回りながらメガ粒子砲からゲロビや散弾を撃ったり地上を焼き払ったりする。
体当たりや急降下による衝撃波も繰り出すので中々に厄介である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。