アプサラスIII

登場作品 機動戦士ガンダム第08MS小隊
形式番号 不明
所属 ジオン軍
主なパイロット アイナ・サハリン ギニアス・サハリン
主な装備 大型メガ粒子砲(拡散、収束の撃ち分けが可能)

【設定】

アプサラスIIの発展型。デンドロビウムと並ぶUCのオーパーツでありギニアスの夢。丸い形をしていたIIとは異なり横に長くなっている。
開発コンセプトとしては、防空網の存在しない高高度を弾道飛行し、敵拠点の頭上から降下しつつメガ粒子砲で砲撃するとされる。もちろん片道切符であり、事実上の特攻兵器である。
そのため武装はメガ粒子砲のみであり、他は自衛用のバルカンすらついていない。
メガ粒子砲は、拡散発射ではジムタイプを一瞬で融解させる威力のものを多数(小説版では256本)同時に撃つことができ、収束発射ならば山をも吹き飛ばすことができる。

アプサラスシリーズの機体デザインは「女性の子宮」であるとアイナが作中で示唆している。
アプサラスIの砲口を覆うシャッターは処女膜、IIIの降着装置と一体化したミノフスキークラフトは卵巣、ザクヘッドは陰核(※)、タンデム型コクピットのアイナとギニアスは卵子と精子に該当すると思われる。正に生殖学に則ったという意味では非常に真面目なMA。
(※陰核は女性にとって役に立たない男性原理の象徴であり、ギニアスが過去の事故で被曝した際に生殖能力を失っていることを示唆している)
また以上のことを踏まえると、ラストの展開は不妊や堕胎のメタファーとして解釈することもできる。

なお形式番号がないのは、ジオン公国の本営より製造中止指令が出たのを、ギニアスが無視して強引に開発を進めた機体のため本部から製造番号を与えられておらず、またギニアスを含めた開発スタッフが全員死亡し、開発資料と実機も基地ごと爆散して失われたため完全にロストテクノロジーと化しており、事実上MAの開発史から除外されていることによる。

さらに、機体スペックの設定もないみたいだが、かつてプラモデルに1/1200スケールで登場したことがあり、そのサイズから全長は推定144mかと思われる。

ちなみにアプサラスとはインド神話における水の女神(精霊とも言われている)のこと。


【原作での活躍】

原作最終話で登場。圧倒的な火力を発揮したが上記の通り本来の運用方法ではなく、またパイロット二人がコクピットで内輪もめをしている間に、大した戦果もなく撃破されてしまった。
ケルゲレンを破壊された怒りでアイナがぶっ放した一撃は文字通り山を吹き飛ばし、連邦を震え上がらせた。

ちなみにこの件は連邦とジオンの一時的な休戦協定(ケルゲレン脱出まで両軍の攻撃禁止)をギニアスが破ったことに端を発しているが、連邦側もジムスナイパーを狙撃地点に密かに移動させていたため、どちらが先に撃つかに過ぎなかったようである。ギニアスが連邦軍を砲撃した際には、まだアプサラスを狙撃する準備が完了していなかったため、半ば苦し紛れの形でケルゲレンを撃墜している。また報復措置とはいえ病院船を撃ち落としたのは問題だったことが作中の台詞で示唆されている。

Ez8に殴られ果てる際にギニアスが撃った一撃は、敵旗艦のビック・トレーを撃破している。
前述したように、シローのEz-8にコクピットを拳で潰された。歴代ガンダムを見ても、素手?で破壊されたというのは珍しい(Gガンのラスボスも素手ではない)。強いて言うならこの機体ぐらい。

終盤の展開が大幅に変更されている小説版では、本機に乗り込んだシローの機転によってケルゲレン脱出に大きく貢献している。


【パイロット説明】

アイナ・サハリン

アプサラスIIを参照。

ギニアス・サハリン

没落したジオン公国の名家サハリン家の当主にしてアイナの兄。病弱かつ、余命いくばくもない状況にある。
サハリン家再興のためにジャブローを高高度から強襲し、高出力のメガ粒子砲で地上を貫通させジャブロー内部を破壊するためのモビルアーマー開発計画「アプサラス計画」を立案。しかし、計画の成果を独占しようと計画賛同者を毒殺し、さらには計画の中止を継げたボーン・アブストをギレンの耳に入る前に抹殺するなど凶行が激しさを増し、さらには妹のアイナすらも抹殺しようとする(アイナは持っていた懐中時計が銃弾を受けとめたため奇跡的に助かったが)。
この異常なまでの凶行はさすがのシローも殺さなければならないと決心するほどであり、最終的にEz8の拳がコクピットを貫通した事で死亡した。


【ゲーム内の活躍】

NEXT

PSP版にボスMAとして登場。だが機体自体は無印ガンガンからの08小隊ステージで山に埋まっているのが初登場。(さりげにメガ粒子砲発射口が光っている)
メインパイロットはアイナだが、ギニアスも搭乗している。
前述のとおりメガ粒子砲に多彩な砲撃パターンがあるが機体自体には近距離兵器が無いため近づくと楽…と思いきやアシストであるグフ・フライトタイプが非常に優秀で格闘機にはかなりつらいものになっている。回数も無限にあるようで、羨ましいが非常にうっとおしい。

【その他の活躍】

『ガンダムビルドファイターズ』第7話において「灼熱のタツ」こと辰造が使用するガンプラとして登場。
オリジナルのアプサラスにはない、アッザム・リーダーとIフィールドを備えている。
アッザム・リーダーでレイジのビルドガンダムMk-IIとヤサカ・マオのガンダムX魔王を苦しめるものの、ガンダムX魔王にアッザム・リーダーを破られサテライトキャノンでダメージを受けた後、ビルドガンダムMk-IIに接近を許してしまい撃破された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。