【種別】
超能力

【元ネタ】
Mental Out =「心の暴露」

【初出】
「常盤台の精神系能力者」としては一巻
名称・詳細の初出は十六巻
本格登場は超電磁砲第四十一話

【解説】
学園都市第五位の超能力者(レベル5)食蜂操祈が有する、学園都市最強の精神系能力。

記憶操作・読心・人格の洗脳・念話・想いの消去・意志の増幅・思考の再現・感情の移植・人物の誤認などなど、
精神に関する事ならなんでもできる十徳ナイフのような能力。

動作原理は『ミクロレベルの水分操作』で、
主として脳内物質の分泌、血液・髄液などの配分の制御などによって精神に干渉している。

一度に操作可能な人数は洗脳の度合いで変わるが、
身体の全てを掌握する精密操作なら14人、
単純命令でオートで動かすだけなら軽く三桁の人間を同時に操作することができる。
能力者を使役すればその有する能力を使わせることもできるが、操った人間の脳を介して更に心理掌握を行使することはできない。

副次的な効果として食蜂に精神干渉に対する強力な耐性を与えるが、
望むなら自分自身に対して能力を使用することも出来る。

能力使用時にリモコンを操作しているが、これは能力の応用範囲が広すぎて、安定制御するために自分で『区切り』を設けているため。
結標の軍用懐中電灯のようなもの)
このように自分ルールで細かく区切らなければ、本人ですら能力の全容が把握しきれなくなってしまうのである。

リモコン無しでも使用はできるが、制御が色々とキツく実用は難しいらしい。

食蜂の鞄の中には多数のリモコンが入っており、それぞれのリモコンのボタンを能力の「カテゴリ」に振り分けている。

一巻にて「触れるだけで記憶を抜き取る」との記述があり、能力をかけるには対象に触れる必要があると考えられていたが、
実際には触れることなく、リモコンのボタンを押すだけで対象への能力使用が可能。

効果があるのは人間だけであり、機械や動物に対しては無力。
ただし新約11巻ではガードレールに触れながら、自分にリモコンを向けて「右手で触れた物質から1年以内の記憶を抽出」という読心能力を使用している。

能力の原理上、身体の水分バランスが著しく乱れている人物
(例としては大出血を起こしている怪我人)に使用すると予期せぬ副作用や悪影響をもたらす恐れがある。

生体電流にも影響を与えているが、これは電気を通す媒体である液体を操作して伝導効率を変更することによる間接的な干渉らしい。
そのため生体電気を直接操れる電気系の能力者には相性が悪く、
美琴に対しては能力が無効化される。(食蜂曰く「電磁バリア」)
ただしレベル4以下の電気系能力者は普通に能力をかけることができるため、実質能力が通じないのは美琴のみ。
勿論美琴の方が受け入れている場合は効果がある。

過去の回想にて彼女に関わる研究者が頭部を覆うヘルメット状の装置を被っており、ある程度は機械的に無効化することも可能であるらしい。
なおこの回想では
「そんなこと言われてもぉ今の私の能力じゃぁ
 友達とやらの記憶を完全に消すことも書き換えることも難しいわよぉ」
と食蜂自身が言っているので、最初から現在のように強力な能力ではなかったと思われる。

能力である以上、幻想殺しで無効化されるが、
脳に直接情報を書き込む場合は、その最中に頭に触れなければ効果は発揮される。

この能力によって操られた人間には、食蜂本人と同様に目に星のような光が浮かぶ描写がある。
これは単なる漫画的表現ではないらしく、新約七巻でも食蜂が他人の体を操った際に目に星のようなものが現れる描写が地の文でなされている。

また、『心理掌握』をモデルとしたファイブオーバーの試作機も存在している。

以下、判明している「カテゴリ」と効果
  • カテゴリ005「読心潜行」:該当人物の精神的な状態を把握する
  • カテゴリ011「自白強要」:該当人物は指示された質問に正確に答えなければならない
  • カテゴリ030「気絶昏倒」:該当人物を指定した時間昏倒させる
  • カテゴリ044「物的読心」:食蜂が触った物体の過去の記憶を抽出する
  • カテゴリ061「感覚誤認」:該当人物の感覚を誤認させる
  • カテゴリ081「標的誤認」:該当人物を別の人物に誤認させる
  • カテゴリ109「印象操作」:該当人物が抱く印象を操作する
  • カテゴリ220「好悪付加」:該当人物に指定した対象に対して好悪感情を抱かせる
  • カテゴリ330「呆然自失」:該当人物は指定された時間、時間の経過を認識できなくなる
  • カテゴリ401「幼児退行」:該当人物の精神状態を指定した時間に巻き戻す
  • カテゴリ433「痛覚遮断」:該当人物の痛覚を麻痺させる